少女は夜明けに夢をみる/ 夜明けの夢の作品情報・感想・評価

少女は夜明けに夢をみる/ 夜明けの夢2016年製作の映画)

Starless Dreams

上映日:2019年11月02日

製作国:

上映時間:76分

3.9

あらすじ

「少女は夜明けに夢をみる/ 夜明けの夢」に投稿された感想・評価

私

私の感想・評価

4.2
これは公開していたときに鑑賞しました。

以下は当時のメモです↓

印象的だったのは”名無し"の「罰は生きること、罪状は生まれたこと」と、"651"の名前の由来「所持していた薬物のグラム数」という言葉。男女で量刑も変わる、その社会に抗うことが出来ない難しさが繊細にとらえられてた。少女たちの明るさ(雰囲気)がとても悲しかった。

世界の中にはこういう状況に陥ってしまう若い人が一定数いて、その事実を知らずに生きられることはとても幸せかもしれない。しかしとても残酷なことだなあと思います。

今後もこういう社会問題をうつした映画は見ていきたいです。
花椒

花椒の感想・評価

3.8
イランの更生施設に入る少女たちを撮ったドキュメンタリー。

彼女たちは皆、犯罪者。盗み、ドラッグの密売、殺人…
だけど貧困、親や夫、親戚からの暴力や性的虐待等から逃れられるここは駆け込み寺みたいなもので、安心して日々を暮らせる。

いつかここを出る時が来るのだが、その時希望を持てるのか?

彼女たちの目がとても綺麗で、まだあどけない笑顔が悲しくも印象的

コロナ禍で休館したユジク阿佐ヶ谷にて観賞。私が知る限りでは少なくとも受付や館内での応対は全て女性スタッフ。閉館後にパワハラやモラハラが日常的に行われていたことが判明。誰がどんな思いでこの作品を上映することを決めたんだろう?
そして今月、閉館が発表されました
町娘

町娘の感想・評価

4.5
罪を犯さずにはいられなかった少女たち。
むしろ刑務所の中の方が彼女たちにとっては楽園だったのかもしれない。

衝撃のドキュメンタリー。
寄り添うことは、できない。
これも遠い国の話ではないと実感する。彼女たちの気持ちは、そのまま否応なしに犯罪に巻き込まれてしまう日本の少女にも重なるんじゃないかと。
人権教育の徹底を望む。

このレビューはネタバレを含みます

高い堀に囲まれたイランの少女更生施設。強盗、殺人、薬物、売春といった罪で捕らえられた少女たち。貧困や虐待を生き抜く同志として共に笑い、泣く少女たちの心の嗚咽が問いかける祈りのようなドキュメンタリー。

ということで、どんな作品かとUPLINKへ観に行ったのだが、どうもドキュメンタリーはあまり性に合わないらしく前半気づいたらちょっと寝てしまっていた。更生施設には、罪の重さ関係なく一緒の場所で同じ時間を過ごすことになる。不思議といじめは起きないらしい。不思議な絆で彼女たちは結ばれているのかもしれない。

最初更生施設にきた少女は、夢は何かと聞かれたときに「死ぬこと」と答えていたのに、更生施設出るときには「生きること」といっていたのが衝撃的だった。日本はよほど平和な国で、彼女たちのように必死に生きている人たちはどれだけいるのだろうか。人の命の価値の重さみたいなものを考えさせられた。それと、男尊女卑の問題もなかなか根深い。
momo

momoの感想・評価

4.0
イランのドキュメンタリーだけど、イランに限った話じゃない、日本も含め世界中の子どもたちが直面してる問題だと思った。
犯した犯罪の背景はどの子もやむを得ない選択であったり、家庭環境が生んでしまった習慣であったりして、虚しかった。現実の厳しさ、解決の難しさをただただ思い知らされた。
イランのドキュメンタリー。。
イランで…こんなドキュメンタリー撮ることできるんだね。イラン刑務所での死刑執行は夜明けに行われるらしい。だから…収監されている彼女たちが 心落ち着いて眠ることができるのは「朝」らしい。。(彼女たちは死刑囚ではないけれど)
知らない世界を知ること…ドキュメンタリーのすべて。。
kinalien

kinalienの感想・評価

3.0
イラン 映画じゃなくても描けるでしょうと思った。
イランの検閲を掻い潜って写した作品として世界的な舞台で取り上げられるものは結局世界中至る所に共通するテーマのものばかりだよなー。
作り込まれたドキュメンタリー“風”な感じもそんなに好きじゃないかな。
KENT

KENTの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー2作品目
ほとんど同じタイミングで見た作品とは対称的に、静かな作品だった。
ま

まの感想・評価

-
2020/3/8 10:10〜
ユジク阿佐ヶ谷

生まれてくる赤ちゃんが、女だったら殺す。男なら殺す。って当たり前のように言っていた。
>|