マジック・マイクXXLの作品情報・感想・評価・動画配信

マジック・マイクXXL2015年製作の映画)

Magic Mike XXL

上映日:2015年10月17日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

「マジック・マイクXXL」に投稿された感想・評価

yukko846

yukko846の感想・評価

3.3
思ったより、悪くなかったなぁ。チャニングテイタムのダンスをもっと見たかった。あと、ジェイダピンケットスミスがかっちょいー。
Hi

Hiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

高揚感の塊。

選曲もエンディングも最高。

前作と比べると
ストーリーよりパフォーマンスに
重きを置いていて、
ダンスを観るために鑑賞した
わたし的には大満足。

大会の結果よりも、
最後のステージを成し遂げたという
振り切った終わり方がすき。

登場人物みんないい人なんだよな。 

伝説の「Pony」、

「バックストリートボーイズ」と
「ジャスティン・ティンバーレイク」の
話がお気に入り。
Anteater

Anteaterの感想・評価

3.7
昨夜に引き続いて「マジック・マイクナイト」2日目!!

ストリッパーを引退して3年。
自分の会社を持ったもののうまく行かず、彼女にもフラれてしまったマイクは冴えない日々を過ごしていた。
そんな時、昔一緒に踊っていたターザンから「ダラスが“旅立った”」と連絡が入る。
葬式かと思って指定されたモーテルに行ったマイクだったが…

正直に言うと、前作よりも今作のほうが見やすかった!
(ショーよりもドラマを見せる構成だからか、ただ単に私が“見る”のに慣れたからなのか…(笑))
今までは仕事として自分に向いているものを踊ってきた彼らが、自分の好きなものを表現するために踊るという展開が良かった。
とはいえ相変わらずチャニング・テイタムのダンスは圧巻。
特にラストは最高!!
筋肉フェチの方、必見です!
なほ

なほの感想・評価

-

まさに女子会で騒ぎながら観たい。
タオルとか振り回して。


前作よりも、仲間一人一人の見せ場があって、それぞれが可愛かった。
店員さんを笑わせると、ガラスの靴のくだりがおもしろくて、一気にジョー・マンガニエロに夢中になった!前作では、名前もイマイチ覚えられなかったのに、、監督変わったの?!ってくらい、ノリが違ったと思ったら、本当に変わってた。
前よりもコメディタッチにはなったけれど、何も考えず笑えた。
マット・ボマーのディズニープリンスのような顔立ちの活かし方も上手かったです。
ラストの30分は各自の見せ場があって良かった。けど脚本がいまいち。
話の軸がどこになるのかいまいちわからなくて、1作目からいないキャストもいるし仕方ないのかもだけど。個人的には話の軸がぼんやりとしていてステージやダンスは面白いんだけどただそれだけっていうか。絶対大会で優勝するんだとかそういうのでもないし。
最後は退院してきた彼(すっかり忘れてたよ!)も加わってみんなで笑顔で終了してたけど、なんだか私はスッキリしない。
無愛想な女性店員さんを遂に笑わせることができたあのシーンは面白かった!
usme

usmeの感想・評価

3.0
男性ストリッパー達がストリッパー大会に出るまでのお話

その大会を実際に見たい

[所持管理番号]
D43
背信のアダムとダラスは退場🙄ダラスの葬儀を理由にマイクを呼び出すのには草🤣推しメンのデカ○○リッチーをフューチャーしてくれてそれだけで満足😊コンビニのダンスシーンには爆笑🤣店散らかしてるだけなんですけど!イケメンだから許される技。も〜アホだなぁ。それをガラス越しに全力で応援する仲間たちに胸熱。リッチーはナインインチネイルズが好きだったんだ。唯一の妻帯者ケンもバツイチ?あんな仕事してたら上手く行かないよなぁ。ダンサーやりながらオーディション受け続ける言ってたけどチャニングのかつての姿なのかな?スピリチュアル入ってるけど人当たり良いイケメンなんて人たらしだな👀ターザンも前作だとダメおっさんって感じだったけど、芸術家だし思慮深いしで印象変わった☺️むしろ思慮深キャラだと思ってたリッチーがバカキャラだったとは😭マイクはブルックと復縁しないのかな??アンバーとか唐突に登場してたけど要らなかったかもー😫
チャニングの作業室のダンスが大好きで、
海外の口パクで歌うショーで当時、チャニングの奥さんがこの映画のまさに作業室のシーンを真似て踊ってたの見て、爆笑しました。

日本で生きてて多分めったにお目にかかれないあの分厚い筋肉たちが目に焼き付けられちゃいました。
potatma

potatmaの感想・評価

2.8
コメディだったんだ!笑

後半、
お腹いっぱいに。
でも元気なるな!

このレビューはネタバレを含みます

筋肉美を楽しむ映画です。
ストリップダンサー達のロードムービー。
マット・ボマーが好きで観ました。

個人的に好きなシーンは、
ストリップダンサーの1人がカッコよくてモテるのですが、ナニがでかくて女の子に最後までしようとして断られて出来ないって言っていて笑ってしまうといえば、笑うのですが大きい悩みで、最後まで出来る人が現れたのが、よかったなと。

ノリを楽しむ映画だと思います。
>|