世界の果てまでヒャッハー!の作品情報・感想・評価・動画配信

「世界の果てまでヒャッハー!」に投稿された感想・評価

あゆは

あゆはの感想・評価

3.5
ヒャッハーシリーズ第2作。
フランク達は恋人ソニアの父が経営する、ブラジルのリゾートへ。秘境ツアーへ参加しようとしたところ、祖母のシッターを押し付けてられてしまい…遭難!?またもや真相はビデオの中に…

嫌な予感は回収回収!次々と起こる出来事に思わずアッと声が漏れてしまうこと多々…飲むよね、落ちるよね〜。今回もマズい事体になると我先に責任転嫁してくる親友達にうんざり、ダメ男だけどのび太的な善人のフランクにほっこり。めんどくさいイトコもしつこいくらい出てくるよ!

爆走シルバーカーは駄目だ、大好き!!暴走ジジイもよいけど、暴走ババアも良いですね〜!
neige

neigeの感想・評価

3.7
1も面白かったけどこっちの方が好き😹
ヨランドがいいキャラしてた
前作のが印象に残ってるなぁ〜という感じ。
前作よりも規模は大きくなってます。
あー!コレがコレなの!?っていう伏線回収もあり、気楽に楽しめるので、なんか軽くみたいなーってときにおすすめ。
昔の作品に今のPCを当てはめるのは良く無いことだよなと思いながらも、2015年時点ですらあの集落描写はちょっと大丈夫でしたっけ…と思ってしまいました…。

が、その後の飛行機シーンが、POVの良さを最大限に活かしたバカらしさで最高過ぎてどうでも良くなりました。好き。ナマケモかわいい。

ちゃんと伏線回収出来てる構成っぽさはあるけど、前作以上に全然丸く収まって無い。けどラストショットの美しさとエンドロールのゴキゲンさで何か凄いハッピーエンドかのように思えてしまう力技。そこも好き。
s

sの感想・評価

2.0
おばあちゃん最高!だけ。期待して見たけどみんながいうほど面白いとも思えず…長かった…
ドタバタコメディに終始大爆笑。
たくさん笑わせてもらって寿命がヨーダのようにのびたき気がします。
POV方式なので、愛すべきちゃらんぽらん達のインスタのストーリーを見ているかのようでした。先駆的インスタ萎えの真骨頂を見れて光栄です(笑)
バカバカしい笑いの連発!

とにかく笑わせることにすべてをかけていて、1シーン1シーン必ず笑いを入れてくる
どのキャラもアホばっかり!
滑ろうが受けようがお構いなしの怒涛の展開に目が離せない笑
終始笑顔になる作品だ!

手振れ映像もいい味出してます
わさ

わさの感想・評価

3.0
真夜中のパリよりこっちのほうが
あっさり?さっぱりしてて良かった〜
スカイダイビングするナマケモノは笑った
てかスカイダイビングシーンは本物…?だったらすごいな〜!!!🪂🪂
♪ 君に胸キュンキュン
  浮気な夏が 僕の肩に手をかけて

いやぁ。これは面白い。
久々に脇腹が痛くなるくらいに笑いました。
フランス産のコメディは毒を含んでいることが多いので“相性が問われる”んですが、本作はドンピシャでしたね。

で、何が良かったのかな、と思い返すと。

● 主人公たちが基本的にリア充
ブラジルのリゾート地に遊びに行ける…という時点で恵まれていますからね。そんな彼らが酷い目に遭っても気兼ねなく笑うことが出来るのです。

● 主人公たちは他者を見下さない
基本的に主人公のおバカ三人組(+α)は“上から目線”で語ることをしません。ひたすらに“抜けている”だけなので、ネタに毒々しさがあってもイヤミじゃないんです。

● ネタを披露するタイミングが良い
原住民に毒を抜いてもらうときに誤解されるとか、ロープ代わりに集めた服を活かせないとか、ベタベタなお約束ばかりですが、テンポが良いので心の隙間にスッと入ってきます。特にナマケモノは最高にグレートでした。

但し、難点もありますよ。
ビデオカメラによるPOVで進行するので「そのタイミングで撮るか?」的なツッコミは発生しますし、基本的にネタは下品極まりないですからね。ノレなかったら、ひたすらに寒い気持ちになることでしょう。

でも、コメディは相性次第。
どんだけ面白い漫才でも場が温まっていなければ笑えないように、ネタのセンス、テンポ、タイミング、演技、演出、音楽…様々な要素が観ている側にピタリと合うか。それは誰にも分からないのです。

まあ、そんなわけで。
フランス産のコメディですが『シティーハンター』実写版で愛を感じたフィリップ・ラショー監督の作品。“風刺的な毒素が薄い”ので肩の力を抜いて臨むが吉です。

最後に余談として。
鑑賞後に本作が“続編”だと知りました。
いやぁ。僕も主人公たちと同じくらいに抜けていますね…彼らとレベルが同じだから、大いに笑えたのかな。ぐげがほぐは。
RENREN

RENRENの感想・評価

4.5
1作目よりも規模が大きくなり、おバカ度もパワーアップ!最高に楽しい作品で元気を貰えました。
アクティブなおばあちゃんに、謎の文化がある原住民とキャラクターインパクトがあるので、おバカのバリエーションがあって楽しめます。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品