狼は暗闇の天使の作品情報・感想・評価

「狼は暗闇の天使」に投稿された感想・評価

KH

KHの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

wowowカンヌ映画祭特集積み録画消化9日目
THE☆硬派(人それを退屈とも言う)

殺し屋の男があるターゲットの妹の盲目の少女に特別な思いを感じ、ひそかに逃がし匿う。しかし、それが自身のボスにばれてしまい。。

台詞がかなり少ない。殺し屋の物語であるが銃撃戦は最初に少しあるだけで物語的にはほとんど起伏がない。時には画面が暗すぎて何が行われているかわからない場面が多々。
よく言えば硬派。悪く言えば退屈。

台詞が少ないし、主人公が硬派なので感情が読み取れずなぜに少女を助けたのかもよくわからなかったし、組織を裏切るほどの暴挙に出る理由もさっぱりでした。顔が可愛かったから?
ラストシーンはこれぞ硬派でしょ!感がドヤ顔すぎて個人的にはマイナス点でしたね。。
螺

螺の感想・評価

2.7
嫌いではないけど渋い。
最初、寄り目が怖かった。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.0
仕事の途中に思いがけず盲目の女性と鉢合わせしてしまった殺し屋がたどる運命を描いたイタリア製のサスペンスアクション。

抑制の効いたタッチで全てが淡々とし過ぎるくらいに描かれていてよく分からない。感情面も読み取りづらく、また台詞での説明や映像面での説明も省かれているので感受性豊かな人じゃないと何が何だかで置いてけぼりをくらいます。

イタリアののどかな港町の景色とその裏で起きている主人公を起点にした殺伐とした事件…そのドライな表現の仕方は北野映画(特にソナチネ)に雰囲気が似てるなぁと思いました。淡泊な映像面の雰囲気は結構好みですが個人的にはそれだけしか褒める所が見つかりません…。

監督の想いだけが一人歩きしてしまった印象ですが…イタリア映画らしいと言えばそうなのかも知れませんのでイタリア映画が好きな方にはおすすめかも知れません。他の方のレビューで知りましたがこの映画はメルヴィル監督の「サムライ」にリスペクトを捧げた映画との事。

ラストの演出などそれで納得がいきました。「サムライ」に影響を受けたとされる「ソナチネ」にも似る訳ですね。メルヴィル監督作が苦手な私はこの映画はも苦手でした…理由がハッキリしてそれだけは良かったかなと思います(´・ω・`)
 前半30分はすごい。メルヴィル「サムライ」を手本にした作劇が緊迫感を盛り上げる。それ以降はマジメ過ぎてついて行けなくなった。
なんじゃこりゃ。セリフが少ない。無表情。何の意味があるのかわからないシーン。私が理解できないだけでしょうか?まったくおもしろくなかった。誰かこの映画のおもしろさを教えてください!!
NY

NYの感想・評価

2.2
観客突き放し、おいてきぼり系。
最後まで意味不明。
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
WOWOWで。
邦題はフレンチノワールのそれっぽいが舞台は真夏のパレルモ。
原題は主人公(ヒットマン)の名前。アラン・ドロンの「サムライ」にオマージュを捧げた作品とのこと、サムライ未見なので分からず。
イタリア版レオンって感じ。あんなにエンタメ感ないけど。
パッケージのコピーが赤面モノ。
冒頭の銃撃戦、脳筋チェイスにテンション上がったのにその後は…良くいえば贅沢な間の使い方デス(^_^;)
静かなラストシーンは良かったです。エンディングの波の音も、島感。

イタリア人といえば陽気でお喋り女好きというイメージなのに、主人公のサルヴォは真逆の男。周りも扱いにくそうにしてるんでやっぱり普通じゃないのかな。お気に入りはラコステのポロシャツw
ショックで目が見えるようになるヒロインって設定に目がテン…あ、そうですか心因性視覚障害てあるんですか、失礼しました。
それにしても南欧の少女って小花柄のワンピースがよく似合う♪
WOWOWにて。

鑑賞後に映画『サムライ』へのオマージュだと知り、
だからエンドロールが鳥の鳴き声だったのね~と納得。
じえり

じえりの感想・評価

2.0
原題の意味を調べてしまいましたよ〜〜
結局何?って感じです
mary

maryの感想・評価

1.0
テンポが悪くて疲れた。得に切ない気持ちにもならずに終わった。
>|