イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男の作品情報・感想・評価

「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」に投稿された感想・評価

オープニングビンビン。「イライラ歩きより運動をなさって下さい」「運動が好きな奴は全員死んだ」
誉め言葉として何がしたいのか分からない。実在の政治家の醜聞騒動の諷刺画をスタイリッシュ且つユーモラスに描くのだが、明瞭なではない、この作家独特の天然ユーモアで語る。それも、事件を肯定も否定もせず、客と同じ立場ですらない独特さ。面白い
birichina

birichinaの感想・評価

3.5
内容を理解することは最初からあきらめトニ セルヴィッロの演技を見ることを目的に観たので、わりと堪能できた。
おどろおどろしいシーンより哀愁を感じるシーンがよかった。アンドレオッティという人物の心の孤独感と臆病な一面が とても伝わってきた。

気に入ったシーン
*まず、いつも肩をすくめているアンドレオッティの姿勢

*首相に再選されて(?) 執務室へ向かう途中、ペルシャ猫が通路をふさいでいて、猫を退かせようとするシーン

*秘書の年配女性に「背筋を伸ばして」と注意されるシーン(前半と後半にある)

*秘書とファニー アルダンの会話
ファニー: 危険な方と聞いていますが…
秘書: アンドレオッティは危険な人物じゃないわ あの人は危険を顧みない人です

*選挙に破れたのち、妻とテレビで見ている歌手のコンサートの歌詞

*秘書が退職前に、アンドレオッティ宛のラブレターの山(本人には見せていない)を処分するというエピソード (この年配秘書はアンドレオッティのマンマのような存在として描かれていると思う)

*検事(?)の男性が裁判とかで公の場に出る前にフサフサした白髪にスプレーをかけるエピソード
これを見てると日本の悪い政治家が極小小粒に見える。

ジュリオ・アンドレオッティ元イタリア大統領の
汚職にまみれた政治家人生を描いたもの。

この人についてほとんど知らずにみたのだけど…まあーーーーーーーーースゴイ、犯罪・汚職の数々。

映画にしたくなるのすごくわかる。ネタには事欠かない。

なので面白い素材だったけど、事実の羅列という印象。どうも、抑揚に欠け、盛り上がりに欠け、淡々としてた。

当時の情勢や背景、たとえば、キリスト教民主党同士の派閥争い、米国との関係、
冷戦、諜報活動などそのあたりを少しくらい頭に入れとくといいかもしれない。

独自の語り口でカメラ目線で語りかけたり、ずっしりとした表情の中に腹黒さをかもし出したり、トニさんの演技はさすがでした。

この人物に興味が沸くね。
魔王の転落。

しかし、その魔王にも静かな感情が見え隠れしていた。
れこ

れこの感想・評価

4.0
魔王の魔王たるところはベールに包まれながらも、普通じゃない風貌、話し方、皮肉のセンスが凄すぎてどんなに頭の切れる人か冷たく伝わってくるのでゾクゾクしてました
誰も本当のことをいってないんじゃないかと思いながら手に汗握るセリフ合戦が観る価値あると思いました
内容は政治、マフィア、宗教などはっきり言ってよくわからないのに、
落ち着いた照明と音楽に魅入ってしまっていました
借りて損は絶対ないと思います
イタリア萬歳Ⅱ
2015/06/06 ~ 2015/06/26
イタリアの首相を7期、約40年間、権力を利用して数々の犯罪に手を染め、マフィアとの関係も疑われながらも、いくつもの裁判で無罪になって終身議員として君臨したジュリオ・アンドレオッティの伝記映画。


冒頭のテロップから難しい。何度も戻しながら見たので、ここ最近では一番鑑賞に時間が掛かった映画です。
1990年代初めで、首相7期目との事ですが、全く知らない人物でした。そして無表情の顔が怖い…。

政治家の映画のはずなのに、『ゴッドファーザー』とかのマフィア映画に近い雰囲気。

でも、イタリア社会とマフィアの長い歴史(マフィアの影響力が何だかんだで強い。警察も対マフィアで鍛えられている)ゆえに、現代テロがイタリアでは起きづらい環境があるという一説も、この映画を見ながら、なんとなく分かる気がしました。
アンドレオッティ首相の独裁権力、40年間のマフィアとの蜜月で確立された社会構造…。想像するだけで恐ろしいです。

『グレート・ビューティ追憶のローマ』『グランドフィナーレ』の監督です。どれも私には難しかったです。
政治家、企業家、銀行家、聖職者、マフィア、欲望や暗黒全てを引き受け煮詰めたかのような憂鬱なアンドレオッティの中国鍼を打った顔面に戦慄っ。じゃんじゃん殺されてくリズムと音楽にやられる。

重厚さと現代美術と仄暗い美しさに酔いしれました。スィーッてスケボーにも痺れた〜。人は何に人生の意味を見出すのか。何を支えに明日を生きようと決めるのか。

「彼ら」への期待も高まり震えちゃうっ。
Seba

Sebaの感想・評価

-
ソレンティーノは最初の一時間がいい。あとは間延びする。
音楽が不均衡さを醸し出してる

色々やりすぎだとは、思わない
>|