グラディーヴァ マラケシュの裸婦の作品情報・感想・評価

「グラディーヴァ マラケシュの裸婦」に投稿された感想・評価

o

oの感想・評価

2.8
モロッコ滞在中の絵画史家の男が街で見掛けた美しい女の虜になる話。

その女は美術商の絵、芝居の舞台、夢の中にも現れる。男のいる場所はいつの間にか切り替わって、男はやがて自分のいる場所が分からなくなる。

「何を馬鹿げたことを。私がいま夢を見ているわけがない」
タニー

タニーの感想・評価

2.0
私には合わなかったようで、あんまり記憶なし。
観たという記録のみ。
tanztod

tanztodの感想・評価

3.5
アラン・ロブ=グリエの通算10作目で遺作。
初期モノクロ時代の凝りまくった編集は無くなり、後期の梶原一騎の黒歴史を思わせるおっぱい・拷問の嵐です。

相変わらず死の世界や夢がごっちゃだが一番物語性が強く泣かせます。
メイドの子が可愛く、グリエ作品の女性で初めて感情移入できたかも。

何を聞いてもわかりませんってsiri並みにかわいい^^
Punch

Punchの感想・評価

4.0
ロブ=グリエの中では1番面白く感じたかも、すごいとは思わないけど、
マチダ

マチダの感想・評価

4.9
集大成。ここ数日観てたロブ=グリエの映画がミックスされていた。 とくに『エデン、その後』からショットがちょくちょく挿入される。ロブ=グリエ見始めたら最後に観た方がいい。こういうのも広い意味でフラクタルだと思う。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.7
夢と現実を行ったりきたり、どこか泉鏡花の陽炎座にも似ている。ドラクロワの線描に準拠する映像も猟奇を知る者のみが目指す悍ましい聖殿のイメージも、ロブ=グリエが思い描いていたものならばなんだか肯ける。問う要素の一つが不死性ならば去年マリエンバートとも似通う、のかも。
夢と現実を行ったり来たりしながら、その狭間で裸の少女たちが拷問されたりSM(主従関係)で悶えたり。ロブ・グリエの遺作だが60年代からヤっていることはほとんど一緒。好き勝手にフェティシズム垂れ流して遊び倒した最後の「映画」(表現)が自殺した彼女を抱きかかえながら悲劇的に幕を閉じるってのはロマンチストすぎる気もするが、ふざけて逃げ切るより全然良いでしょ。もうこれからの時代こういった文学的な香りで誤魔化しながら女性=性の奴隷的なエロス映画は誰も撮れないと思う。スクリーンに向けて銃を放ち、スクリーンに映る女性の顔に穴が開くくだりに+0.5。
Risa

Risaの感想・評価

4.7
こりゃまた 変な映画にあたった。
この映画 間違っても 誰かと観たくないです。このエロティシズムは夢見がちで男性目線すぎな気がします。
スレンダー女性しか起用してないし、行為を描いてるシーンは無いから芸術って訳では無いなと。。
もう少し俯瞰した撮り方であれば かなり良かったかと。

だからと言って、これまた 終わってみれば 案外良かったです。

現実と幻想?夢?の境目が最初から最後まで 曖昧にさせるタイプですね。
曖昧さはおとぎ話レベル。
話の構成としては なかなか珍しいもので、面白いです。

主人公の男は、自称盲目の男に騙されて犯罪の犯人にされてしまうのですが、男は 何に振り回されて居るのか、他人に騙されているのか、自分の妄想に溺れておかしくなったのか もう 判断が出来ない状況のまま終わります。

美しい女性を縛りつけ斬りつけたり、拷問器具やら、なかなかハードで、、これらを美しく撮りたかったというのは観て取れます。。。
ですが、まぁ、痛々しいし、
あまりにも 女が男の思うがままで、直視出来ないところもありました。
あれは、悪党に飲まされた薬による幻覚なのか、現実なのか、、主人公は判断力を失っていきます。

謎の金髪美女が、白いシフォンのワンピースに白いシフォンのスカーフ?をなびかせながら 踊るように 男を追わせるのですが、わざとらしい シフォンのなびかせっぷりが、まぁ、うざったい、、
この女性 お美しいのですが、最初にこの女性のデッサンが画面に出てくるのですが、画風が苦手で、まるでディズニープリンセスのデッサンみたいです。

男の使用人であり、愛人の様な存在の黒人女性がいるのですが、可愛らしいです。
パッケージの女性ですね。
体がまず美しいですし、『わかりません。ムッシュー』って、このくらいの反抗が(また、まぁ、男性目線過ぎるんですが、、)可愛いのもよく分かります。。

そして、男の事を愛していながら、愛に飢え、男が謎の金髪美女やらにうつつをぬかしている間に 憎しみが産まれます。
その憎しみで彼女はオペラを大音量で流して自殺。

こういう終わり方良いですよね〜。

男性目線の私利私欲夢見がちな部分がもっと客観的なら 女の私から見ても良かったです。
でも、こう、突っ走ってしまってる感じも大事よね。
安らぎと静けさと同時に、残虐で不道理。ドラクロワに身を委ね、カットアップに夢の中、マラケシュの光も砂も気だるく艶やか。裸婦達の乳房が、どれも“自由の女神”の様。
いまいち。編集の激しさが失われている。モロッコの女の子が可愛い
>|

あなたにおすすめの記事