燃え上がる生物の作品情報・感想・評価

燃え上がる生物1963年製作の映画)

Flaming Creatures

製作国:

上映時間:46分

3.4

「燃え上がる生物」に投稿された感想・評価

No.405[小学生レベルの下ネタ→女装の男がキャストを復活させる話、生物は燃えない] 30点

先程の「ブロンド・コブラ」主演ジャック・スミスの監督作。倉庫の在庫フィルムで撮ったせいで画質は最悪。まぁリマスターとかされても困るけど。

前半はちんちんとおっぱいという小学生の下ネタをそのまま映画にした感じ。60年代実験映画ってすぐに"実験"と"セックス"を結びつける印象がある。後半になると死に絶えたキャストを蘇った女装の男が復活させる話に変わる。そしてダンス。全くもって理解の範疇に収まらない。

まぁ「Hold Me While I'm Naked」より見られるシーンが多かったから許せる範疇にはあるが、人生の45分を無駄にしたという感情になるのは否めない。
寺山修司が後に撮る性的実験映画を更に下品に汚くしたような作品。

実験映画は嫌いじゃないけど、さすがにこれは性器や恥部の映し方が下品すぎたし全体的にも謎すぎた。

途中で流れる支那の夜も謎。
spacegomi

spacegomiの感想・評価

3.0
ジョナスメカスが愛したキワモノ映画。前後半でかなり毛色が変わる。