つぶれかかった右眼のためにの作品情報・感想・評価

つぶれかかった右眼のために1968年製作の映画)

製作国:

上映時間:13分

3.9

「つぶれかかった右眼のために」に投稿された感想・評価

新しい朝
希望の朝はやってはこず、黒くぬれ。
色んな思想や表現があっていいと思うけど
脳みその中にバチバチやってくる
サイケデリックなカッコいい空間に
うまい具合に詰め込んでくる思想的なもの
それが浅ましく感じてしまい、これは好きじゃない。
サイケデリック。頭のネジが飛んでる人がMADを作ったらこんな感じなんだろうなあ。カッコイイ。
エクスパンテッドシネマ再考の展示で鑑賞。マルチモニターでみたい。
もじか

もじかの感想・評価

4.9
ひたすらかっこいい。スピード感にやられた。

3つのスクリーンとステレオ音声を使ったバッキバキでドラッギーな映像のカットアップ/コラージュの嵐。1968年の作品というだけあって、サイケデリック・アートなタイトルロゴ、逆再生される"I Am the Walrus"など当時らしい趣きが随所に。
げん

げんの感想・評価

-

うん、大好きだ。

この時代のあらゆる吐息をベストミックスしてある。
《特集上映》追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで

Bプログラム 視想の錬金術 97分

つぶれかかった右眼のために(1968年/デジタル/13分)
エクスタシス〈恍惚〉(1969年/16mm/10分)
メタシタシス〈新陳代謝〉(1971年/16mm/8分)
エクスパンション〈拡張〉(1972年/16mm/14分)
モナ・リザ(1973年/16mm/3分)
ファントム〈幻妄〉(1975年/16mm/10分)
アートマン(1975年/16mm/11分)
ホワイトホール(1979年/16mm/7分)
スウェイ〈揺らぎ〉(1985年/16mm/8分)
エングラム〈記憶痕跡〉(1987年/16mm/13分)
osakana

osakanaの感想・評価

-
写真美術館での壁へ当てたデジタル上映は、3つそれぞれが寸分の狂いもなく最大限の色と光を発揮して重なっていたが
《追悼・松本俊夫》での3面マルチ上映では、厚みの無い3つの映像が3つの映写機から1つのスクリーンに映写されて、一緒くたの光になった

音も映像もバキバキとした前者はかっこよかった
一方、今ここでスクリーンの表面において重なり合いもう一つの映像をつくり出す光を、映写機と観客が同じ時間を経験しながら見守る後者は最高だった
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
これは好き。本来繋がらないはずの安保、ダンス、バイク、ナチの演説などが三面マルチで強引に映される。
「世界をそのままに記録する」みたいなことを言ってたけど、松本俊夫の即物的な映像は、確かな肌触りがある。
Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

3.8
内容よくわかんなかったけど、実験的ですな。
左右に二つがメインで上にかぶさるようにもう一つ映写されてるっぽい。左右交互に目がいっているようで映像的な動きに吊られてみていると感じた。イマージュが強い。


映像集、他の記録できないからここに三つ書いとこ。
・エクスタシス
よくわかんない映像が流れ続ける。何だろう、もう少し、みたいなところで何回も流れる男のカットがくる笑 その連続、対象に近づこうとしながら常に一定以上の距離を置かれてしまう現象は不思議と外界が消失する感覚でもあった。
・メタスタシス 新陳代謝
史上最高にアーティスティックでサイケデリックな便座。人間の身体の中のよう。
・モナ・リザ
地味に顔が崩れるですな。色と背景の変化だけでものすごい異質感を放つ。音もあるけど。モナ・リザがモナ・リザとして機能せず単純にマチエールになっている。
mingo

mingoの感想・評価

3.9
都写美でやってたエクスパンデッドシネマ展、今年の展示ベスト10にはいるやろ。その代表的一本が本作。ヒッピー、学生運動、金嬉老事件など、当時のさまざまな風俗や出来事が3台のプロジェクターから投影され、ドキュメンタリーとアヴァンギャルドを横断するマルチプロジェクション。
それに真鍋博の「マリーンスノウ」なんて次いつどこで観られるかわからんし、何よりシュウゾウ・アヅチ・ガリバーの、スライド写真が18台のプロジェクターによって360度のスクリーンへ投影される50年ぶりに再現された「シネマティック・イリュミネーション」はちょっと圧巻すぎた…また似た展示やってくんないかな、
>|