新宿泥棒日記の作品情報・感想・評価

「新宿泥棒日記」に投稿された感想・評価

千葉市美術館の特集にて。


大島渚による実験映画。それも大失敗。

1968年、新宿紀伊國屋書店。岡ノ上鳥男 と名のる青年(横尾忠則)は書店員鈴木ウメ子 と呼ばれる女(横山リエ)に万引きを捕らえられる。社長の田辺茂一(本人!)に注意され見逃される鳥男。鳥男はウメ子につきまとい始める。



かろうじて粗筋書けるのはここまで。後は完全に筋がない。新宿駅前で繰り広げられる唐十郎と状況劇場のパフォーマンス。佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏が多分本当に酔っ払って語る「性の解放」論議、性科学者高橋鉄による講釈、合間に入る唐十郎の「こーこはアリバーバー謎の街ー」という本当に謎なチムチムチェリーの替え歌。そしてそれら全てをぶっ壊す紀伊國屋書店社長田辺茂一の棒演技!アフレコであれか!ここまで棒かというかスティックというか。

面白いのはその背景にある当時の新宿の姿。面影は残ってはいるが、ここまで違ってみえるものかと。背景のアングラの香りと新宿騒乱の欠片が見えたりと。

とはいえ、筋がないので眠くなるし、つまらない。救いは横山リエの美しさ。破綻した失敗作ではあるが横山リエを美しく撮っているのだけは素晴らしい。クライマックスで語られる横山リエの胸の傷の話がほぼ実体験と聞いてびびる。最初から最後まで虚実乱れた映画。


本作に限らずATG映画全般に言えるが、難解なテーマやアートという言い訳で女優を脱がしてる。いわばインテリ向けのポルノ映画。事実、本作なんて全編横山リエへのセクハラで成立してる。


これと真逆なのは社会問題を労働者階級向けのポルノに忍び込ませた鈴木則文(こっちは東映)。私は鈴木則文の方が好き。
3回目。
上映情報を入手し2時間かけて千葉まで行った、やっと大きい画面で鑑賞できて満足ありがとうございます。

マイベスト佐藤慶。
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.0
これはもはや映画か…。
ストーリーらしきものはない
ドキュメントなのかフィクションなのか
演じているのは素人か役者か?

アングラか。サブカルか。
新宿は聖地か?ナンセンスの坩堝か。

ATG的実験か。メジャーへの対抗
商業主義への抵抗。不満の解消…。

知りたいもの。考えたいものは考える。
知りたくないものは排除する。
赤テントは。唐十郎は?何者。

だから紀伊国屋か。だから新宿なのか?
考えてみよか。
これも見た記憶はあるが、もう忘れていた。…かもしれない。
この時、大島渚は37歳。
大阪万博の前年。1969年。
[NF_D]
堊

堊の感想・評価

3.6
・思ったよりしんずくがそのまんま残っていてビビる。ふたりが走り回る東京の夜道の撮影がとんでもなくキマってる。
・処女童貞、ゲリラ撮影云々よりラストのしつこさとかゴダールまんまなところとか気になった。俺もギャルとネイル塗りながら適当に見たい。
・ほんまもんのナンセーンス!が聞ける。
・「地獄めぐりをしようや」、気合入った唐十郎はそのままパッケージングされてる。
T

Tの感想・評価

3.6
グリニッジ標準時から世界をぐるっと、日本時間12時に起った泥棒騒ぎ。時計を叩き割るシーンで始まるアバンタイトルのキレ味よ。アリババ、謎の街。本屋の雑踏の中のゲリラ的な動きをするカメラから、室内のブレ無しカメラワークへの切り替わりがたまらない。カラーとモノクロが混在し、突如切り替わる演出もまた独特。性的なテーマもありつつも、やはりどことなく若松孝二っぽさが映画全体に滲み出ている気がして、調べたところ若松作品常連の助監督、秋山道男による演技指導があったそう。渡辺文雄、戸浦六宏、佐藤慶、山崎唯らがセックスとは何かを真剣にディベートするシーンが長々あるのがとんでもないし、面白い。「セックスとは複数形だ。男と女。マスターベーションではあり得ない。」。フィクションながらドキュメンタリー映画のインタビューのような台詞回しがとても印象的だった。後半は抽象的で理解が難しいもの、熱だけは分かった。
やじま

やじまの感想・評価

3.3
所々のシーンがめちゃくちゃかっこいい。当時マネして新宿の紀伊國屋書店で泥棒日記を万引きした人いそう
naomeme

naomemeの感想・評価

4.0
横山リエ目当てで観たのだけど 若い横尾忠則と唐十郎とてもかわいかった…
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
松竹ヌーヴェルバーグの衝撃はホーリー・マウンテン級だった。
内容は全然わかんないんだけど、自分にとって憧れの時代であり象徴なのだろうか「状況劇場」の新宿東口や紅テントでのパフォーマンスやらでアングラ劇団を感じれて感涙。この時代に生きてみたかったなんて思う。腰を据えてハマりたい所存。
8/8/18
no.237

初大島渚作品!
難しい
難しいのが面白い
明け方に観たからさすがに夢かと思った

♪ここは~アリババ~謎の街~
>|