ドアーズ/まぼろしの世界の作品情報・感想・評価

『ドアーズ/まぼろしの世界』に投稿された感想・評価

akebi

akebiの感想・評価

5.0
元々ドアーズが大好きなので、動いている姿を観ることが出来るだけで星をつけてしまう・・・

トム・ディチロ監督作品


ドアーズを題材にしたバンド公認長編ドキュメンタリー
ナレーションはジョニー・デップ


ジム・モリソン(Vo)🎤
レイ・マンザレク(p,org)🎹
ロビー・クレイガー(g…

>>続きを読む
brian

brianの感想・評価

4.0

60年代のアメリカは混沌としていた時代といえるだろう。
人種差別からの公民権運動、JFKやキング牧師の暗殺、ベトナム戦争の激化。
迷える若者たちがカウンターカルチャーに影響を受けていた時代。
そのよ…

>>続きを読む

わざわざ休日にシネマ・ロサまで🎪『フリークス・アウト』観に行ったのはスクリーンの大きさが主だけど、2階のTSUTAYAでこの📀借りるためだった。

The Doors ってアメリカLAのバンドなのに…

>>続きを読む
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

3.8
バンドが何処で演奏しようと、ジム・モリソンがどんなに問題児であろうと、すべてをねじ伏せる圧倒的なパフォーマンス。まさにロック・スター。


60年代を象徴するアメリカのロックバンド、ドアーズを題材にしたドキュメンタリー。

1967年にロック・シーンに登場するや次々と傑作アルバムを発表し音楽の世界に止まらない幅広い分野に影響を与える存…

>>続きを読む
konaka

konakaの感想・評価

-
観ていて改めて思ったけど、1965年から1971年の間に起きている重要な出来事が多すぎる。比べるものでもないと思うけど、社会における音楽の必然性が今とは全然違う。
Sari

Sariの感想・評価

3.8

「すべては滅びても、詩と歌は残る...」
1965年のデビューから40年以上経過したドアーズ初のバンド公認ドキュメンタリー。
ジョニー・デップのナレーションとリアルタイムの映像のみで、アメリカのロッ…

>>続きを読む

60年代後半のあのぴりぴりした空気と熱気をジム・モリソンの声とドアーズの音楽がそのまま体現していたと村上春樹が表現していたが、もしこれを生で体感していたら自分もあっち側にトリップしてただろうなと想像…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

1960年以降(1965-1971)のこのバンドが好きだったかというと、『まあまあね』と 当時なら答えただろう。 今も、『まあまあね。』だねと答えるだろう。ジムモリソンが他界したのをよく覚えているが…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品