リカウントの作品情報・感想・評価

「リカウント」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.6
9回裏2アウト2ストライク

共和党ブッシュと民主党ゴア
2000年に行われた大統領選挙の集計過程と違反疑惑の裏側を描く実録政治ドラマ

フロリダ

スゴいですね
正当性が問われる

こんなことがあったとは
勉強になります

時間の経過とともに
緊迫感あり

当時の映像も

集計作業大変そう〜
sy

syの感想・評価

3.6
事実を知るためにも最適の材料

ケヴィン・スペイシーはどうしてこの手の役が似合うのだろう。そして、スペイシーの他にも複数の「ハウス・オブ・カード」の出演者と共演している点も興味深い。後にNetflixがスペイシーと共演者を誰にするか詰めていく段階で、本作に出演するメンツが「ハウス・オブ・カード」のキャスティングにも影響したのではないか、と個人的には思う
諒馬伝

諒馬伝の感想・評価

3.5
みんなの意思が政治を作るのか、それとも作られた制度が政治を作るのか

政治として優れているとは

投票とは

たくさん学んだ気がする。
chika

chikaの感想・評価

3.3
規定に基づいた集計を行うのか、国民の意思を数えるべきなのか。
これだけ大勢の気持ちが1つになって戦っていただけに、最後はなんとも切なかった。
maipop

maipopの感想・評価

3.5
選挙の穴による、再集計の実話!
ブッシュがどうやって勝ったのか、みものですね。
2018.3.30
「リカウント」まさしく「数え直し」の映画でした。

大統領選での再集計を巡る陣営の裏側を題材にした映画。あー…そんなことあったなーぐらいの出来事だっただけに、楽しめるか楽しめないかはそれぞれかなと思います。
こんなことあったんだねと、外野の人間だからこそ新鮮でした
実話だからこそ物語としては若干物足りない
いざこざの原因になってる時点でそういったシステムの穴は積極的に埋めるべきですよね
ブッシュ対ゴアの大統領選。
実話を基に作られた、票の再集計を巡る攻防を描いた社会派ドラマ。

ちょっと難しい部分もあったけど、こんなことがあったんだなぁと勉強になりました。

映画としては…。
ブッシュが勝つことが分かってるからなぁ…。
フィクションならその問題のある選挙システムと戦った末に大逆転勝利を掴みました!という分かりやすく盛り上がる展開にできるけど…。
茶色

茶色の感想・評価

-
今まで見たジャケットの中で1番好きだったのでジャケ借りしたものの予想通り内容が難しくて途中寝てしまった。

2000年の大統領選挙がこんなことになっとったことも知らない私には荷が重い作品だったけど、大統領選挙の仕組みについて少し知ろうとするきっかけにはなりました。
あんだけブッシュ色に染まった地図を見て、フロリダに力入れて何してるの?とか思ったのが恥ずかしい。

こういう作品にも興味を持てたら最高ですが、私にはしょうもない下ネタと軽快なアクションが何よりもごちそうだと思い知らされました。ジャケットはもちろん5.0
EizyLazy

EizyLazyの感想・評価

3.7
テーマがアメリカ大統領選(ブッシュ対ゴア)のフロリダ州の票の再集計の攻防という、個人的にあまり興味が無いながらも惰性で見始めたが、だんだん引き込まれなかなか面白かった(モヤモヤは残るが)。
法律の解釈の仕方による論争って世界中で起こってるんだな〜。
>|