百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

登場人物は基本的に問題有り。ただほんの少しの平和な日常的な時間経過シーンでもこの映画の中ではハッピーな雰囲気になる瞬間である。
現実社会の生活で暮らしている事が如何に幸せで平和な時間を生きている事に気付けるような気がする。
おちか

おちかの感想・評価

4.5
生きるのに恥なんてとっくに捨てたような人っちがたくさんでてきた。人間扱いされない人間たち。いやぁすごかった。
安藤サクラの身体が、毎回思うけどすげえいいなぁって思ってしまう。笑
クリープハイプ……
りお

りおの感想・評価

3.8
良い映画だった。安藤サクラが素晴らしい。なのにエンディングでオカマみたいな声のミュージシャンの曲が流れてきて全て台無しになった。
らん

らんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラ主演
だらしない生活を送っていた主人公が家を出て、コンビニ店員をし、ボクシングに目覚め、独り立ちをする。
いずみ

いずみの感想・評価

3.0
安藤サクラさんの演技のかっこよさ。
最後のクリープハイプの歌がいい!
終盤の一子の動きとか完全に素人のそれじゃない。役作りがスゴイ
もうわかりきっている安藤サクラがスゴイ を再確認する あっという間にバキバキになってゾッとした
ふね

ふねの感想・評価

3.8
あぁ痛いなぁ
あんなに熱中できるものは自分にあるのだろうか。試合のシーンは前のめりになって見ていました。
安藤サクラさん好きです。
i

iの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

社会の底辺の人達がたくさんでてきて、こんな人みたいにはなりたくないと思った。そんな自堕落な生活を送っていた一子が、ひとりの男性と出会って、やりたい事を見つけて、どんどん綺麗になっていく姿は美しかった。最初の、キャスト紹介のテロップデザインがお菓子のロゴと上わせていてとても素敵。エンディングのクリープハイプの入り方もいい。タイトルの出し方もデザインも全部好き。安藤サクラの演技が素晴らしい。太ったり痩せたりするのも大変だろうし、なによりこの役をやることでマイナスイメージもつくだろうに。役者魂に感動。
ぺぇ

ぺぇの感想・評価

4.0
安藤サクラかっけぇ、、、後半まじ熱い。廃棄ばばあがスマートに強盗してきた時はまじ笑った。
>|