百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

バ

バの感想・評価

-
一子がデカい肉を食べながら泣くシーンで自分も自然と涙が出た。勝手にふるえてろに次ぐ、観ていて苦しくなる映画
痩せます

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラさん扮する主人公(一子)は最低だった。
引きこもりで日々親の脛をかじりながら惰眠を貪る毎日。
妹と喧嘩をして飛び出したものの、なんとか入った百円ショップでは、同僚にはレイプされ、好きになった男性にはポイ捨てされてしまう。
このやろーとばかりにボクシングを始めてからが本番である。

引きこもりから1年未満でプロデビューして試合なんてできるの?とは思うけれど、
前半のぐだついた流れから後半の変化には有無を言わさぬ爽快感がある。

あとなんだかんだコーチ、いい奴。
狩野はダメ男だからやめた方がいい。
franc

francの感想・評価

-
汗を流す姿は美しい。ずっと気になってたけど観て良かった。取り敢えずスポーツジムに、ちゃんと通おう。
m

mの感想・評価

4.5
なにかを始めるのにちゃんとした理由なんて要らないしきっかけはなんだっていい。
あと人はそんなに簡単には変われないし、誰かの心を動かすのは並大抵じゃないってこと。
一子が好きな人の前だけではめちゃくちゃ女の子になってたけどあいつでは絶対に幸せになれないからやめたほうがいいよと伝えたい。
なかなか愛おしいキャラだった面白い映画
ゆ

ゆの感想・評価

4.3
日常のBGMが耳に入らなくなった時は何かに熱中してる時なんだ。
changye

changyeの感想・評価

3.7
めちゃめちゃかっこいい!
人生に勝つことよりも、負けたって必死に生きていることのほうが絶対かっこいい!
30すぎても、キラキラ汗流す姿は美しいなー。歳は関係ない!
この世には妬み恨みによるひどい事件が毎日発生してるけど、一子みたいにそれを生きるバネに出来るのなら、最高なのにね。
自分を変えられるのは自分だけ!


100円の恋。
100円均一でも、1万円するブランド名だけのつまらない商品より、優れてるのいっぱいあるし!
値段で価値は決まらない。
価値観は人によって違うもの。

一子には幸せになって欲しいから、あのダメ男とよりを戻していないことを願いたい。
r

rの感想・評価

4.5
安藤サクラの演技に圧倒された。主人公が今もどこかで生きているようなそんな感覚にしてくれる映画でした。最後のクリープが最高の一言。
amam2

amam2の感想・評価

3.5
悔しくて悔しくて、ずっと悔しくて、それが刺さる。
とにかく安藤サクラさんが圧巻。
うえの

うえのの感想・評価

4.3
実家にて引きこもりを続ける32歳のフリーターの一子。実家の弁当屋も手伝わず、タバコとゲームに人生を費やす日々の中で半ばやけくそに始めた一人暮らしと深夜の100均バイト。
そして出会った1人の男とボクシング。
どん底の人生の中に見えた一筋の光に全力を注ぐ一子を描いた中年手前の全ての人に送るファイトムービー。

薄汚れた部屋着、ボサボサの髪にたるんだ横腹と、冒頭から一切女性らしさを感じさせない不快な姿をまざまざと見せつける一子が、一人暮らしの中で始めた100円均一でのバイト生活と半ば勢いで始めたボクシングに夢中になり、外見も中身もまるで別人のようなパワフルな女性に生まれ変わる様を描いた作品。
その一子を名脇役とも言える女優、安藤サクラが見事に熱演。たるみきった体が引き締まるまでの過程を撮影期間たったの10日で仕上げ、目を見張るスピードのシャドーボクシングとダッシュで予想の斜め上を行く熱量をみせる。

序盤のだらりとした幸せに浸る一子からの後半の自分の存在証明のために戦うような険しい表情の一子が本当に同一人物なのかと疑ってしまうほど彼女の存在感が溢れた作品だった。
クリープハイプの「百円の恋」も非常に刺さる切ないながらも暖かいエンディングの良作。
さなえ

さなえの感想・評価

4.0
万引き家族の安藤サクラに惹かれて鑑賞したけどやっぱ凄い女優だって思った。

全体的に、映画だからといって綺麗にされていないところが良い。
>|