バルド、偽りの記録と一握りの真実の作品情報・感想・評価・動画配信

『バルド、偽りの記録と一握りの真実』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

映像めちゃくちゃ良くて観てられるけど難しそうだなぁとか思いながら観てたらわりとちゃんと全部説明してくれてて良かった、ただ自分が不勉強なのでちゃんと理解してるかどうか疑わしい所がメインテーマらへんに集…

>>続きを読む

Bardo (or False Chronicle of a Handful of Truths):アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、脚本、製作、音楽、ニコラス・ジャコボーネ脚本、ダニエル…

>>続きを読む

ブルジョワでアメリカに住む自分がメキシコ人として映画を撮ることなど混乱した頭の中をそのまま映画にし、それがイニャリトゥ監督自身とも重なる『8 1/2』的な作品で、想像上の批評や頭の中の妄想をなどを何…

>>続きを読む
Masato

Masatoの感想・評価

2.9


イニャリトゥ監督の内省的なヒューマン・コメディ。

まず見終えて一言目は「やっと終わった」。イニャリトゥ版「8 2/1」と聞いて、苦手だと察知して見る気が地を貫いてマイナスになったが、アカデミー賞…

>>続きを読む
3310

3310の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

“エルナン・コルテスはアステカ帝国を征服したスペインのコンキスタドール”らしい

映像がとにかく美しい、というのか、映像表現として美味しいカットがめちゃ多くてウットリした。幻想や頭の中の想像をシー…

>>続きを読む
Anma

Anmaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

流動的で立体的なカメラワークが魅力的な映画。
終盤で主人公が過去から現在の寝たきりになるまでの過程を辿り、視聴者と同じタイミングで現実に合流する。その場面によって現実か非現実なのかよく分からなかった…

>>続きを読む
Tutti

Tuttiの感想・評価

3.6
これは初見だと色々理解するのに時間がかかって見落としてる部分もあると思うのでもう一度見ないと駄目かも…。

他の方の考察見てなるほどと言う感じ。

映像はやはり引き込まれる。
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.0

メキシコに生まれ、アメリカで活躍するジャーナリストのシルベリオ・ガマ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)は、ジャーナリスト協会による表彰を機に母国に帰る。そこで彼は歓迎してくれる旧友たちの本音、家族の複雑…

>>続きを読む
あろは

あろはの感想・評価

3.5

出たり入ったりする赤子の命は、亡き息子の生きた証。

これは完璧に練り上げられたシナリオのある物語ではなく、断片的に投げ込まれたイニャリトゥ監督の記憶や幻想。それは私事のみならず、母国メキシコと20…

>>続きを読む
産まれたばかりの赤ちゃんが子宮に戻される冒頭から170分。全然入り込めなかった。
>|

あなたにおすすめの記事