エヴェレスト 神々の山嶺の作品情報・感想・評価・動画配信

「エヴェレスト 神々の山嶺」に投稿された感想・評価

mi

miの感想・評価

3.1
登山家たちの精神に触れて「ほえ〜、、」とただただ圧倒されながら見ました。主要キャストの安定感。胸にグッと入ってくるような密度のある作品でした。
まちだ

まちだの感想・評価

3.5
岡田准一が来てたセーターがお洒落で欲しい。

阿部寛はいつもどおり最高!
Mao

Maoの感想・評価

3.8
再鑑賞しました😊


1度目に観た時よりも、今回の方が面白く感じました。面白い、というか、色々なことを感じました。


何故、命をかけてまで山に登ろうと思うのか。しかも死の山と言っていいほどの残酷で容赦ない環境下で、酸素も持たずに、どうかしてる、と思いました。
文字通り本当に"どうかしてしまう"精神状況になるんでしょうね😅💦💦


登頂したという達成感も味わうでしょうし、高揚感も、優越感も。
今作では、使命感や、罪悪感もあったのかもしれません。

でも、そんな刺激的な世界で生き延びてしまうと、絶対元の普通の世界には戻れなくなる気がします😅💦
だからまた、アタックして、しかも人が挑戦したことないルートを選択したくなる。

私はもちろん死にたくないし、元の生活に戻れなくなる精神状況に陥ってしまう気がするので、登りたくないですね😭笑笑

余談ですが、イッテQ登山部のイモトさんの凄さをまじまじと感じました。



神を信じない人でもきっと自然の脅威を体感すると、そのエネルギーの強さと自分というちっぽけな存在に神をも信じたくなる気がします😃


人は何故、山に登ろうとするのか。
色々、考えさせられました😊

強い精神力で挑戦し続ける阿部寛さんのキャラクター(役名を忘れてしまいました💦)に勇気をもらいました!🥺💕

深い映画でした!
部長

部長の感想・評価

3.0
原作が上下巻なので物語としてはダイジェスト版にならざるをえないだろう、という予想の上で鑑賞

映画で描かれない部分は原作で補完しながら映像を楽しむ、という斜め方向からは十分楽しかった

映画館でリバイバル上映してくれたら、観に行きたい
はってでも登る。体が動かなくなったら、歯で登る。それもダメなら、目で登る。目も動かせなくなったら、心で登る。
ume0214

ume0214の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

有料BSで「エベレスト3D」見てた頃に上映されてた作品で気にはなっていた。
ようやくNetflixで視聴。

前半の一時間近くは阿部寛の人物紹介。ところどころ退屈。
岡田准一と合流してエヴェレストに登った20分間ぐらいが一番見応えあった。しかし、岡田准一が軽装で一緒に付いて行くって完全に山をなめきってるだろw
前人未到の冬季無酸素南西壁なのにアホなの?
案の定足を引っ張って間接的に阿部寛殺したことになるし。
しかし後半にルートは違えど単独無酸素で登頂してるしスゴ(阿部寛の霊界からのテレパシーサポート付きで)w

終盤の尾野真千子の独白やリアクションがうざいし下手くそ。
マロリーのカメラにしても当時から有名なアイテムで何十年も経ってるのに店の骨董屋で売っているかね?
んでこの物語の一番の肝であったはずのフィルムは?
何で持ち帰らなかったのも謎すぎる。

※この小説が書かれたのは94~97年
マロリーの遺体が確認されたのは99年
カメラは未発見
まりを

まりをの感想・評価

3.5
山登り、最近は行ってないけど夢中になっていた時期があった。
阿部寛も定期的に見たくなる俳優。
気分にドンピシャだったので鑑賞。
景色が最高!広大な雪山の景色、過酷な変わりゆく空や気候、そしてカトマンドゥの喧騒の風景。
山にかける男たちの表情もいい。阿部寛の目つきにゾクゾクするものがあった。
しかし、映画の作りとしてはかなりB級感が否めない。準備もなしにエベレストに行けないよねーとか、カメラマンも涼子さんもなんでいきなりネパール語ができるのとか、お金ないって言ってたのにお金どうしたのだとかストーリーに無理がありすぎ。
後で明かされるのかと楽しみに待っていたことも、一体あれどうなったのさ?のまま終わってしまったし、モヤモヤは残る。
でもま、いっか。景色と山男のロマンは十分楽しみました。
buusuka

buusukaの感想・評価

3.6
栗城史多がこの原作本に神髄していたと、
河野啓が著書デス・ゾーンで記していた。
両書籍に感銘してからの鑑賞でした。
さすがに原作の長編を、本ならでは分かる寡黙な主人公達の心情を映画の2時間で描き切るには奥深さに物足りなさを感じましたが、配役は良く雰囲気は感じられました。またエヴェレストの眺望は良かったです。
こん

こんの感想・評価

3.1
エベレストの実景はため息モノだけど、この作品の魅力の肝となるエピがカットされてて残念。マロリーが残した謎に対する筆者の描き方や、羽生の単独行への執念の描写がサクッと落ちてて、物語の深みが欠落。あとこれは漫画版だけかもだが、岸よぉ〜のシーンと、深町が公園で泣きながらゲロ吐いてボロボロの中、緑の匂いで山がフラッシュバックしてエベレストに駆り立てられた、大好きなシーンが…無ェ!?ビカール・サンはどこ行ったよ!?
あと構成・撮り方がなんか昭和じゃない?例えば“巨匠の大作”と銘打たれただけの退屈な映画、みたいな遺物感。せっかく音楽が加古さとしなのにさぁ…
キャスティングはハマってた。
yamaguchiM

yamaguchiMの感想・評価

1.7
エベレスト3Dの流れで鑑賞。

キャストにはお金がかかってるのに、ストーリーや編集やその他諸々ちゃんちゃらちゃん。
ひどいB級映画だなぁと思わせられる。
どういう意図があって作った映画なのだろうか😶
素材を作り、集めた方達が可哀想です。

シーンとBGMが噛み合ってない Check
>|

あなたにおすすめの記事