くちびるに歌をの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

風邪ひいたときに食べる卵雑炊みたいなやさし〜〜〜〜い映画だった 熱出てても観れる
どのガッキーよりも一番好きなガッキー
五島列島にルーツがあるかもしれないからこっそり嬉しかった
年末に福岡に行く飛行機の中で観た思い出
色んなことを思いだすなぁ
ほぼほぼ泣いてたな

2015
ガッキーかわいい。
下田翔大くん素敵でした。渡辺大知も本当に多才。

ストーリーは王道ではあるけど…、
元気付けられる1本でした。
yasuo1110

yasuo1110の感想・評価

4.0
五島列島綺麗やな〜、行きたい。ガッキーのムスッとした表情が可愛すぎてやばいね笑 物語的には青春や…これが青春。最後ら辺は目頭が熱くなる!歌も反則やね、よかった!そいえば…先生からの宿題って結局どーなったのかな?笑
レイ

レイの感想・評価

3.2
アンジェラアキの手紙の歌が好きで観ようと思った。

単純な青春映画というわけではなく、
生きる意味、ピアノを弾く意味など
いろいろ考えさせられる作品。

そして豪華俳優陣👏
Shiduffy

Shiduffyの感想・評価

4.5
逃げてたら誰も救ってくれないし、
誰も救えない。
号泣した。

歳を重ねて改めてみたら
違う感想が出てくるだろうなとおもう。

懐かしの公会堂が出てきて、
幼い頃のいろんな思い出も
同時に思い出された。

好きな映画。
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.4
「本当にそれでいいの?
君が決めたの?
じゃあ、何も言わない」

静かだけど、優しくて力強い映画です。

初めは、ふてくされたガッキーの演技が似合わなくて、なんかむずむずしたけど。

子供たちと桐谷健太がいい感じだったので、まあよかったです。

ジャケ写から受ける印象と、映画観た後の印象はほぼ同じだったので、ジャケ写が好きならたぶん楽しめます。

個人的には、
ちょっと陳腐だけど、
まあいいか。
っていう感じでした。
mapin

mapinの感想・評価

4.1
今まで観てきた邦画の中でもすごく好きな作品!!

長崎五島列島の自然の緑、海、空の青
がとても美しく、背景だけでもすごく癒される!!

可愛いガッキーが主演だし合唱部がコンクール目指して頑張る青春物語かな?と思って観たらけっこうこれが深い!!
けっこう胸をぐーーーっと締め付けられる部分もある。

サトルが未来の自分に宛てた手紙をお兄ちゃんと帰りながら朗読のナレーションが流れるところ、ナズナが天主堂に父親を探しに行くところ、、、中学生なのにいろんなことを悟りながら生きている2人。感動とかじゃなくてただただ涙が止まらなくなる、、。

ガッキーのクールで少し冷たいんだけどしっかり人を思いやるあの感じ好きだな。
「にげるな!」のとこよかった!!

お兄ちゃん役の渡辺大知さんの演技、独特な存在感の出し方すごかったなー

最後はみんな良い奴すぎて泣いた!!
supaidamma

supaidammaの感想・評価

4.3
5連休怒涛の12本映画祭の一本目。
合唱部だったから、懐かしさも手伝ってこの点数。
がっきーの出演作品で一番いい気がする。
それぞれ悩みながら生きていて、青春を謳歌する学生と、そんな若さを羨ましく思いつつまた悩みを抱える大人である教師との話。

合唱コンクール描写についてはなんとも言いません笑。あんなじゃないよー。
あんなおしゃべり怒られるよー。
けど、マイバラードは泣いた。一緒に口ずさんでた。歌いながら泣いたー。テノールの部分普通に歌える自分にまた泣いた。もう18年近く時が過ぎてるのに。身体が覚えてる。
合唱またやりたいな。て思った一本。

NHKはNコンの度にこの映画を流すべきだと思うのだが。
桃

桃の感想・評価

3.6
まっすぐに従順で、幼いながらにもそれぞれに悩みがあって懸命に生きてて、曲にぴったりな映画だった。
歌の尊さに泣かずには見られない、、
気の強さと儚げな弱さを秘めたガッキーの役もすごく良かった。
>|