くちびるに歌をの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

期待せず見たら、めっちゃ良かった(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)👍🌸ガッキーだから、見ただけ。そしたらめっちゃ良かった笑笑(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)👍🐝
やさぐれたガッキーもめっちゃ可愛い😍❤️ドSガッキーもグッ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)👍
ガッキーは何やっても、めっちゃ可愛い(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)👍❤️ 俳優女優が絵になるかて大事な要素
純青春映画。卒業式に歌った手紙で中学時代を思い出した。原作よりは大分焦点が絞られてるけど分かりやすくて、なにより歌の迫力がでかい
生徒たちの演技が素晴らしい。

合唱のもつ"チカラ"を堪能できる一本。

三木さんの作品は『ソラニン』『管制塔』そして『くちびるに歌を』が大好きなんですがどれも1番を選べと言われたら難しい。

次回作『フォルトゥナの瞳』はかなり期待している

15歳の葛藤と30歳の葛藤。
なんか、そういう節目というか悩んだりする年齢だよなぁと思う。

ありとあらゆることをセリフで説明してしまうのは、仕方のないことなのだろうか、とも思う。

マイバラードは感動 人がいっぱい
歌声がいっぱい
はる

はるの感想・評価

3.0
非常に丁寧に撮ってあるものの、リアリティのないぼやっとした映画だなあという印象。原作からこんな感じだったので映画がこうなってしまったのかは、原作未読のため分かりませんが。

合唱部の欠点を的確に言い当てた音大出の主人公の課す練習が、なんかいい感じの景色のところで歌うだけ、というのが非常に残念でした。観光PRのための映像って感じでしたね。

「泣けるでしょ?」と言わんばかりのシーンを入れてくるので「あーはいはい、分かった、分かった」と言いたくなるような映画でした。
もう少し、音楽の喜びとか救済を上手く描いてくれればいいのに…。「シング・ストリート」でも観てほしいです。

渡辺大知の演技はよかった。
葉

葉の感想・評価

3.3
ありきたりな部活映画ではあるものの元合唱部として合唱の楽しさを思い出せた。
「私は逃げないよ」っていう柏木先生の言葉にグッときた。
そして会場中が歌声で溢れる感覚が本当に気持ち良い…
島も歌もガッキーも美しい。
マイバラード、懐かしすぎて泣けた。
音楽を通して成長する子どもたち、そして心に傷を負ってるクールな先生の再生。

15歳でもそれなりに抱えているものがあって胸にきた。個人的にはもっと明るく大きく未来を描いてほしいな〜と感想を持ちましたが‥
負けない強い意志、少しずつでも前進していく心意気。溢れる若さを感じた映画でもありました。

離島が舞台ということもあり、日常的な方言も良かったです。
あと、ツンツンガッキーにやられた‥笑
一瞬の煌めきを描く青春映画。
先生や生徒たち一人ひとりの心理描写。
心の葛藤。
悩み苦しみながらも問題を乗り越えての成長。
「手紙~拝啓 十五の君へ~」という選曲。

感動せずにはいられません!!
未来の自分に書く手紙の内容もジワってきます。
決してガッキーだけの作品ではありませんでした。



P.S.
五島列島の大自然をみると行ってみたくなりますね♪( *´꒳`*)੭⁾⁾
合唱コンクールの思い出も蘇りました。
かのん

かのんの感想・評価

3.7
静かにお話が進んで行くから
特に音楽が耳に残る
みんなが一生懸命で、嫌な人がいないこういう緩やかな邦画は好き

汽笛がドの音なの初めて知った
>|