ストリートファイター 暗殺拳の作品情報・感想・評価・動画配信

ストリートファイター 暗殺拳2013年製作の映画)

Street Fighter: Assassin’s Fist

上映日:2014年08月05日

製作国:

上映時間:101分

2.7

「ストリートファイター 暗殺拳」に投稿された感想・評価

知菜

知菜の感想・評価

3.0
ゲームとかぜんぜんしたことないけどストーリーうんぬんはともかくアクションすごい。ファンが作った映画って聞いて観てみたけど監督出てきちゃう辺りリスペクト感じた~~
2年山篭りしてもツルツルの腋下…豪鬼は山篭りの間を縫ってメンズエステに通っているに違いねぇ!
でも、意外に美にストイックなんは良いが…腋毛の前にそのゴワゴワな髪の毛の縮毛矯正とかしてみたらどうなん?

リュウとケンが修行すんよ!って話

ぐふぅ…リュウとケンとか1番興味無いキャラやんけぇ
マシンボーイが好きやったんはサガットやなぁ!アイグぅぅアイグぅぅアイグぅぅアイグぅアッパッカッ!
でもやっぱり実写映画にするならダルシムかブランカじゃね?俄然ドラマがありそう
あと本田とザンギエフのガチムチくんずほぐれつ男同士のモワッと汗だくバトルも観てぇなぁ!
それに比べてリュウとケンが修行してるだけとか地味すぎてマシンボーイはすかしっぺしながら観ていたんやが、後半!ついにリュウが悪魔の力に乗っ取られはじめましてね…、ん?デビル化するんって三島の血ちゃうん?リュウってそんな設定やったん?って目を見開いたぞぉ

そうな、バレてしまったな、マシンボーイってば、「ストリートファイター」シリーズはチビッ子の頃にゲーセンでチョロっとやったくらいなんよぉ、格闘ゲームなら俄然「鉄拳」派ぁ、ぺろぺろ
つっても「鉄拳」の実写化はまだ寝かしているけどなぁ、だってあれもどうせ本作と一緒で、主人公やけどいまいち魅力が無い三島一八とか風間仁がメインなんちゃうのん?
マシンボーイが好きな「鉄拳」のキャラクターはな、ブルース・アーヴィンと、ブライアン・フューリーと、スティーブ・フォックスと、セルゲイ・ドラグノフ、そしてクマさんやねん!ぺろぺろ
クマ主演で「鉄拳」を実写化してくれたらポンコツ承知で劇場で観るよなぁ!ぺろぺろ

つってもマシンボーイってばポケモン以外のテレビゲームはいつの頃からかすぐ飽きちゃうようになってしまったからな、「鉄拳」シリーズも5までしかやってないんよ…、んでセルゲイ好きやったんに名前が全く思い出せんかったからな、最新作の「鉄拳7」のサイトを見てみたんよ…
げぇ!豪鬼でてるぅ!「鉄拳」に豪鬼でてるぅ!ぐぅ…山篭りが過ぎて俗世に疎くなり、ついに出るゲーム間違えたんかぁ、なったぞぉ!メンズエステ行く余裕はあるくせにゲーム間違えるとか!ダンディハウスか?そのビリビリに破れた道着でダンディハウス行くんか?ぐぅ…心も強い!

心が強い!と言えば…心臓に毛が生えたかわいこちゃん達が顔面歪ませながら欲と欲をぶつけ合う!「賭ケグルイ」の続編制作がついに発表されたな!
うわ〜い!葵ちゃんと肉まんくんのぺろぺろタッグがまた見れるんかな?夢のようだぞぉ!
もちろん美波ちゃんも真宙くんもポッピーちゃんもセラちゃんも書記子ちゃんもエライザ様も楽しみだぁ!…まいんちゃんはもう出んのかな?ぺろぺろ
山羊

山羊の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

◆1987年、和歌山県・剛拳の道場で日々鍛錬を続ける“リュウ(マイク・モー)”と“ケン(クリスチャン・ハワード)”。剛拳が伝えようとする暗殺拳には、重く暗い過去があった。

 キャラクターの再現がとてもいい。マイク・モーはストⅡのキャラクター選択画面で見たリュウがすんなりと思い浮かぶ。ケンも金髪に黒眉だったりしてグッド。しかも両者ともに非常に動けるために、スローモーションの多様は気になるものの、アクション・シーンがとても面白い。リュウvsケンがちゃんと2Dゲームっぽく撮られてるのはとても素晴らしいことなんじゃないかなって。
 剛拳の見た目の変化は年齢とかじゃないレベルで別人になってて笑っちゃう。そして、不思議なのが日本人俳優さんの滑舌が危ういあまりに、ジョーイ・アンサーの日本語がよく聞き取れて困惑する。玄理はお綺麗でしたね。ハキハキ喋ってくれるおかげで一番聞き取れた。
 伊川東吾の師範ポジは『NINJA』でもあってすごい既視感。
 監督と豪鬼役で出演するアンサーのストリートファイター愛を感じるし、アンサーは過去にケン役のクリスチャン・ハワードと一緒に出演・アクション監修にと関わりを見せた映画の邦題が『ストリート・ファイターズ』というのも運命を感じる。クソ邦題だけど。しかも映画もそんなに面白くなかったけれど。
 『NINJA』も『ストリート・ファイターズ』もスコット・アドキンス主演映画で、本当に不遇だと思う。 
 波動拳が「波動拳」じゃなくて「How do you, Ken」に聞こえるのが惜しい。

 殺意の波動に目覚めたリュウをファイアー昇竜拳を差し込み、自我を取り戻させるケン。リュウの物語かと思ってたけれど、ケンの精神的な成長もありつつ、総じて暗殺拳と殺意の波動を巡る物語なんだなぁって。
 豪鬼の懸念などもありつつ、長く側で見守ってきたリュウとケンが旅立つのを剛拳が涙を堪えて見送るところなんかグッときちゃったりもして。

 要するに、殺意の波動って堪忍袋の尾が切れちゃうってことなのかな?
 よくネットの海で見た「キレると何するかわからないぜ?」みたいな痛々しいアレを増長だか助長させるワードだと思うし、子供の頃の僕もそんなのに憧れてた痛ガキだったの思い出して、心が痛い。

 ストリートファイターを実写にしてやろうという熱意はめちゃくちゃに感じた。暗殺拳を巡るドラマだったり、友情や成長の物語もあったりと面白かった部分もあった。ただ全体的にチープ(なのはしょうがないんだけれど……)で、冗長な展開がテンポ感を崩していて勿体ない。エンタメではなくて、ファンとしての愛を具現化した作品だと思います。
ストリートファイター実写の成功版。
もう一方の失敗版実写で失望したファンにおすすめ。


もう一方のやつ名前とか違ったりコスプレ感あるけど、この作品はちゃんと実在してる感あるし、登場するキャラクターをリュウ達と師匠の話に絞ったのが逆に良い。

気になる英語と日本語の混同は、剛拳が国籍の違うリュウとケンを教えていたということで理解しています。

格闘シーンも迫力あり、波動拳も安っぽくないので安心してください。

豪鬼も出てきますが最終的に豪鬼になるのでそれを楽しんでも楽しい。

自分を投影して男の修行をしたくなる。
石川優

石川優の感想・評価

4.5
2020/5/21観賞。百八本目。
ストリートファイター愛に溢れた作品でした。

バカにするつもりで観たけどめちゃくちゃ面白かった!

ストリートファイターファンは絶対に観るべき!
ぐ

ぐの感想・評価

2.7
C級のとんでもない映画を期待していたが、何故か原作にとても忠実。ただ日本語と英語のよくわからないスイッチ、豪鬼が成長すると外人かつカタコト日本語等、謎演出で笑えるところは多い。こんな終わりなの?というラストや盛り上がりに欠ける点もマイナス。
BRS

BRSの感想・評価

3.5
リュウとケンは恋人ですよね..。
まあそんなことより、内容がちょっとスッキリしないのと、日本語と英語が織り交ぜてあるせいで聴きにくいのが残念なくらいで、結構いい感じにシンプルにまとまってた。とくに難しい話もなくて、観やすいです!
ただ、低予算ということもあってか、アクションとか演出は地味かも。でも違和感があるって訳ではないし、技も原作の再現がされていて良かった。しかも、まあまあかっこいい。
役者さんも変ではないので、そこもそんなに気にならかった。ケンはカッコ良かったしね。
まあでも、変ではないとか違和感がある訳ではないとか、そのくらいの中途半端さがちょっと残念なのかな。私はかなり好きでしたけど!
いっぬ

いっぬの感想・評価

2.9
期待せずに見たら意外と良かった…!
原作殺してない。
師匠がふかわりょうに見えてしまった…
戦ってるシーンがとてもいい!
ゲームやってた人ならふふってなる事があるのもいい!
昇竜拳三人でやってるとこはシュール過ぎたが…
リュウとケンメインかと思いきや豪鬼メイン!リュウは日本語できる方が良かったのでは?と少し思いました。
これから!!!てとこで終わってるのがあかんとこ…(続編予定あったの?(
hiirofish

hiirofishの感想・評価

2.0
格闘シーンはなかなか

格闘シーンはなかなかです。
低予算ながら波動拳だけにはお金をかけたなと思います。
ゲームの音声が入っているので、スト2好きなら楽しめるかも。
途中までは良かったのですが、途中からダレて、最後はいつまでこれが続くの?
クライマックスは??と思っていたら終わりました。
続編ありきで製作したのでしょうが、酷い出来でした。
英語と日本語のバイリンガルって設定もいまいち分からん。
ゲラゲラ笑えるか、スタッフロールまで真顔で見なければならないかという具合と予想していたポンコツ作品。
そこまで笑うことも出来ず、うーんなんかまあストリートファイター好きなのかなあと思いながら見るが、聞き取りづらいカタコトの日本語を織り交ぜ、淡々に見える展開に気絶しそうになるも我慢。豪鬼とケンはよく似せに行ってた。タツマキィー!

政治家のパーティー出るよりはマシなレベル。
>|