陽のあたる教室の作品情報・感想・評価

「陽のあたる教室」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

奥さんがかわいい
息子くっそイケメンになっててわろ
ラストスパートぐう泣いた😭😭😭😭😭😭
夕焼けとラングの髪色がラストシーンで重なっててほんと....ほんっと.......
チィ

チィの感想・評価

-
音楽の先生という仕事が初めは嫌だったけど、のめり込んで30年もやってしまう話。
その間に生徒に楽器を教えたり、耳の聞こえない息子が生まれたり。
退職しなきゃいけなくなった時に、この仕事が好きだったとわかる。
最後には先生へ30年間の教え子たちからプレゼント。
ちょー泣ける。音楽の素晴らしさと、人の思いやりとか暖かい心に感動する。
himaco

himacoの感想・評価

4.6
ラストシーンの鳥肌。
さり気なく残る面影にハッとした。

高校の音楽教師として尽力した30年間。
ホランド(リチャード・ドレイファス)の感慨深い表情に胸が熱くなる。

父であり夫であり、教師であるホランド。
同僚との関係がユーモアに溢れている反面、息子との関係は一歩が踏み込めない様子がよく描かれている。

マーチングバンドのシーンがとても好き!
ドラムを担当したルー・ロスは見たことあるなぁと思ってたら、なんと若かりしテレンス・ハワード。
長い感じは全くしなかった。
音楽が題材の映画が好きなので視聴。

本意ではなく音楽教師になった男性の音楽教師生活の物語。

聴覚障害のある息子との親子関係の修復する手話での独唱。ジョンレノンの歌詞が胸にしみました。

こんな先生に出会いたかった!
なな

ななの感想・評価

3.8
良かった。先生と生徒達という設定は大体良い映画だと思ってる(笑)切ないというか悲しいシーンもあって見た当時子供だったから凄くショックを受けたなぁ(..)
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.8
長かったけど良かった
人に愛される人間て素敵だな
急に涙腺崩壊させるからビックリ
ここ最近で一番泣けた

音楽教師として父としての生涯を追ってる話。

クラリネットの女の子にはうまく吹けないときの悔しさや投げ出したくなる気持ちに共感できたし、うまく吹けたときのあの喜びも思い出すところがあった。

息子のコールと対立するところも、なかなか父は理解しようとしてないみたいだったけど、学園祭で歌っていたし、コールも父を理解しようとぶつかったところが良かった。

教え子や家族に囲まれて教師としての一生を終えられるのは本当に幸せなことだと思うし、あのサプライズはうれしいだろうなぁ、、、(*´-`)

ラストは最後まで観ないと良さがわからない、それくらい最初から最後まで良かった、、、。
最初は少し退屈。
でもちゃんと見てないと最後の講堂のシーンの良さが分からなくなるから、ちゃんと見てほしい
ひろ

ひろの感想・評価

2.7
ちょっと長かった。
30年くらいをやってると思えばこれくらいになるのも仕方ないけど。
前に見たけれど記憶に残っていたのでもう一度。
年月の跨ぎが何度もあったがそれでわけがわからなくなる事もなく、ストーリーも過不足なく満足できる。
音楽教師の息子の耳が聞こえないとはなんという皮肉か。しかしその息子を通して音楽への向き合い方も変わっていったのか。
授業シーンが後半にも多ければ、と思うがそれでも十二分に満足ができる。
>|