ペインテッド・ヴェール 〜ある貴婦人の過ち〜の作品情報・感想・評価

「ペインテッド・ヴェール 〜ある貴婦人の過ち〜」に投稿された感想・評価

ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あらすじと副題から想像してたありがちなドロドロした恋愛だけが渦巻く映画と違った。社会問題が絡んでくる至極真面目な話だった。いつの間にか集中しちゃって、最後には泣きそうに……。

でも、ウォルターの裏切られた事による仕返し(?)が結構陰湿で酷くて、不倫したキャシー側に少し気持ちが傾いた(笑)ナオミ・ワッツさん魅力的だし!

不倫相手との関係は最初の数十分くらいだけなんだけど、それ以降は恋愛物の映画で舞台がコレラ熱が蔓延した村というなかなか無いヘビーさ。そこがこの作品の特徴かもしれない。悲惨な姿もチラホラ映るし、意思疎通のはかれない村人たちと国の敵対関係まで入ってきちゃって緊迫感がある。それでも諦めずにひたすら真摯に働きかけるウォルターにキャシーの心が動かされるのは納得。

特殊な状況に置かれて、お互いが知ろうとしてこなかった事や相手に押し付けてきた事を認め合っていく過程は良かったな。ふたりの距離が縮まるシーンは微笑ましい。やっとウォルターが笑ってくれた!って(笑)

最後に悲しくも優しげな歌が流れて風景が映し出されるのが、何とも言えない感情を鑑賞後も引きずらせる。

残念だったのは、Amazonプライムビデオだと吹き替えしかなかった事。エドワード・ノートンの声が好きなのに〜。
なかなか面白かったです。
結婚するも、最初は上手くいかないところから始まりますが、いろいろドラマがあるので観た方がいいかも。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
まちがってはいないけど副タイトル、いらない。
ちゃんと素敵なタイトルのついた文芸作品じゃないですか。
異国情緒あふれる雰囲気が良かった。原作読んでみたい。
i

iの感想・評価

3.6
コレラのおそろしさ、公衆衛生の大切さ!細菌学者の偉大さ!私もなれるもんなら細菌学者になりたかった。。
がみー

がみーの感想・評価

3.4
プロポーズを受け細菌学者の夫と中国に来たけれど…ってこれ地獄の夫婦関係やないか!!まあ10000%奥さんが悪いけど🙄僕をバカにしすぎたな…つって容赦ない👍中国の景色が異国情緒あって素敵👍悲哀のエドワードノートンしゅき👍
YukiDan

YukiDanの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます


・素直になれないノートン
・不器用なノートン
・根は優しいノートン
・普通に優しいノートン
・ノートンに共感と親しみ
・ぎこちないモーニング
・ノートン好きはたまらない

・ナオミワッツの目がめちゃ緑
・アンソニーウォンとの共演
・ロケ地は焦がれてる桂林
・亡くなった後の歌
・穏やかで無関心な結びつき

最高かよ

決して背徳の話ではない
そこではない本質を推せよ
エロ推しの解説が悲しい
エドワードノートンもナオミワッツも好きな俳優なので、それだけで観ました。障害を無理矢理愛で乗り越えるというわけでもなく、「腹立つけど、付き合っていたらいつの間にか、お互い大人になって受け入れられるようになってた」とナチュラルな愛の育み方が私の肌に合いました。
ノートン目当てで鑑賞だったのでお尻が見れて嬉しかった 笑!!
思ってたのと違った感があったけど、ラストシーンはとても爽やかで良かった!
エドワードノートン観たさに鑑賞。

タイトルからドロドロ恋愛ものかと思いきや

かつて中国を襲った病気コレラの現実や

大人の恋愛の再生など

まっとうな映画でした。

うちの1歳の娘の笑った目元が
エドワードノートンに似てる
複雑な発見。
miyayuki7

miyayuki7の感想・評価

4.0
完璧に昼メロビジュアルだけど、正統派文芸映画だった。中国の風景もきれい。修道士のおばあちゃんの言葉、愛と義務が合わさると夫婦は強くなる、ってのがしみるなあ。

不器用なりに一途に妻を愛するエドワード・ノートンが最高でウハウハしてた、ほんと好き、はあ、恋…
>|