小さな中国のお針子の作品情報・感想・評価

小さな中国のお針子2002年製作の映画)

BALZAC ET LA PETITE TAILLEUSE CHINOISE

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.6

「小さな中国のお針子」に投稿された感想・評価

勝手にピュアなラブストーリーと思っていたら、中国の社会状況を孕む青春回顧でした。とても好きです。思想が突き動かした彼女の人生、その一端。
寸pyong

寸pyongの感想・評価

3.0
中国には今でも秘境がありそうに思ってます。

昔の人は逞しかったよね

そして、ジョウ シュンは、この頃より今の方が若く見えるのは気のせい?
メイクでどうにでも、なるんかね
人はどの時代に生き、どんな土地で育とうが知を求む ダイ・シージエ「小さな中国のお針子」

ジョウ・シュン演じるお針子の祖父が『一冊の本が人生を変えることもある』と言う台詞。
大きく頷きました。
それ以外にもひとつの美術作品が、一枚の写真が、ひとつの曲が、一本の映画が、その人を変え人生を狂わされていくさまを私は多少なりとも知っています。
現代でもそうなのだから文化革命以後の中国なら尚更でしょう。
やはり知識は力だし教育は人を動かす。
その事をこの作品は声高になる事なく貧しい山間のメロドラマに託して淡々と醸しております。
今年は『雲南の子〜三姉妹』という興味深い中国ドキュメンタリー映画も観ましたが2000年以後急速に経済成長してきたこの国の淡い光と淡い影を同時に見れた気がして興味尽きぬ所です。
なは子

なは子の感想・評価

3.4
ウォーアイニーを繰り返す彼女がすごく愛おしい。中国の田舎のはなし
momiji

momijiの感想・評価

3.4
文化大革命に翻弄された若者の話。お針子のその後が気になる。幸せになって欲しい。
【再視聴】すばらしい作品。中国の文化大革命時に、2人の青年が山奥の村で再教育を受ける。そこは仙人が住んでいるかのような綺麗な村であり、この景色だけでも見る価値がある。
お針子と2人の青年の初々しく切ない三角関係が1つの見どころであるが、この映画には隠れた大きなテーマがあるように思える。映画中では『小さなお針子』という言葉が出てくるが、タイトルは『中国の小さなお針子』ではない。この村が『小さな中国』として存在しているように思われる。
バルザックを西洋文化の流入と考えると違った見方ができるのだが考え過ぎだろうか。
中国の山奥の映像と音楽が美しかった。更に主人公3人が美男美女で画面が綺麗。結末も意外性があって良かった。随分前に小説版を読んだことがあるが、映画の方が詩的な美しさが出ていた気がする。
n

nの感想・評価

3.9
元々はリウ・イエ目当てで観て、彼ももちろん素晴らしかったのだけどチェン・クンが最高すぎて一気にファンになってしまった。脚本を読んで「この役ができるのは俺しかいない!」と思ったそうだけど、そういうところが好きです。
aiko

aikoの感想・評価

3.5
フランス在住の中国人監督ということもあって、フランス映画っぽさもある
どこかゆったりとした時間の流れを感じる作品。
sumire

sumireの感想・評価

4.5
中国の秘境の絶景と、夢のような三角関係にうっとり。
田舎娘からしたら、都会の男(人によるけど)に憧れる。その都会から来た2人が手取り足取り、知らない世界の事を教えてくれる。も〜羨ましい。
マーがいい奴過ぎて。ただ本を読み聞かせるっていう愛の表現が切ない。
>|