抱擁の作品情報・感想・評価

「抱擁」に投稿された感想・評価

pier

pierの感想・評価

3.2
イギリスは建造物も趣きがあってロマンティックでした。
起承転結が曖昧なのも、イギリスっぽさを感じました。
アーロン・エッカート

この頃のグウィネス・パルトロウは本当にきれい。『アイアンマン』のパルトロウもいいけど、『恋におちたシェイクスピア』のような優雅さがある。

アーロン・エッカートも若くて細い。

ストーリーは謎を追いながら2つの時代が同時進行。ラストが切ないが、これはこれでよかったのだろうと思える。
george

georgeの感想・評価

3.8
ローランドくんかわいいか…
優しい話かと思いきやどこかニール・ラビュートらしさも感じるこの感じ。
☆☆☆★★★

詩人の手紙を発見した事から過去と現代がシンクロする二重構造映画。
あまりにもあからさまな為に賛否両論かもしれないが、個人的ににはかなり好みの映画です。
亡くなったフランソワ・トリュフオワーならどんな撮り方をしたのだろう?『アデルの恋の物語』を撮った様に彼には得意の話だから!
グウィネス・パルトロウは少しミステリアスな映画に良く映える。
ヒッチコックが生きていればと思わざるをえない…
相手役の男優がもう少し魅力的だったらなと思う。

(劇場鑑賞/日時調査中/シネスイッチ銀座1)
allymcbeal

allymcbealの感想・評価

3.0
公開当初に見たいなと思ったけど、内容が大人っぽ過ぎて自分には理解できないだろうから大人になったら見ようと思っていた映画。

30も過ぎたので見ました。

大人になってから見て良かった。
もぉなんだろこの気持ち。

色んな気持ちが湧いてきちゃう

いつの時代も人を愛するって難しいです

2つの時代の愛のお話、良かったです。
fun

funの感想・評価

2.6
タイトルから何だか違う展開の映画だと思っていてあまり見る気にならなかったんですが、えっ?文芸作品的な映画なの?と思ってやっとみる気になりました。
過去の詩人の愛を探る旅といった感じ。
アーロンエッカートもグィネスパルトローも笑顔が素敵でずるい。甘え上手な眼差しが2段重ねでした。
イーリーが若き日のメリルストリープに見えてしまいました。
何回も繰り返し見ないと思う映画ですが文学作品好きな方には衣装とかヨークシャーの景色など素敵なものもいろいろあったので少しおすすめ。
あやき

あやきの感想・評価

3.3
2016/7/7鑑賞
ニール・ラビュート監督はアーロン・エッカートを美しく撮りたいだけなのか謎である…
大分前に母親と!
ブッカー賞が原作の重厚なドラマ。小説は結構難解で、設定もだいぶ変えてたけど面白かった。
過去の女の人は高慢と偏見のエリザベス役で有名な人。
不倫の壮大な愛のお話。英文学へのオマージュが多くて大学でもこの作家の短編扱ったので思い出した。
kerol

kerolの感想・評価

2.0
映画になってしまうと、ストーリーを追うだけになってしまうのね…。
私の、「原作を越えられない映画」ジャンルに登録。
shizuho

shizuhoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ヴィクトリア朝時代の著名な詩人2人の秘められた恋愛と、それを解き明かしていく現代の研究者2人の恋愛が併行して描かれている。

シンクロしているとかってわけではなく、歴史的壮大な恋愛ドラマを何ら普通の恋愛と併行して描くもんだからスケール感や重みは感じられずみずっぽい恋愛話になってしまってる気がした。

このパッケージから想像するような情熱的な感じは一切なかった。

生涯忘れられない恋というのはあるだろうなと思うけど、それってちっともリアルじゃない。
妄想と変わらないでしょ。そんな妄想なんかに首ったけになられちゃ、側に居て身を尽くした恋人や妻はたまんないよね。
不倫はやっぱり妄想による美談なんだな。
>|