海辺の家の作品情報・感想・評価

「海辺の家」に投稿された感想・評価

Ari

Ariの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんて切ない映画なんでしょうか。

離婚をし、職を失い、余命宣告をされる主人公。残された時間を最愛の息子と過ごす為、そして自分の夢であった自分と自分の家族のための家を建設する。その最期の軌跡を一夏で描いた映画。

暑苦しいまでの主人公の人柄は、非行にはしった、息子だけでなく、元妻や周りの人々を巻き込み、一緒に家を建設して行くことで関係を構築していく。

家が完成に近づくにつれて主人公は……

全体的に爽やかに描かれている分、なんとも切ないです。登場人物全てに感情移入ができますし、とっても素敵な映画だと思います!
Ben

Benの感想・評価

5.0
数年ぶりに見た、大好きな映画。観るの10回目くらいだったけど、普通に泣きました。なぜか、この作品は毎回涙が止まらない。ヘイデンが素晴らしい。
自分も、父と疎遠だったせいか自分の中では生涯のベスト10に入り続けている。
泣ける。
印象的なセリフも多く、感傷に浸りたい夜にまた観たい。
tcy777

tcy777の感想・評価

3.5
だいぶ前に観た映画
でも、いい映画だったことは覚えてる。

高級車に乗った鼻につく奴に、ロクなやつはいない
Canape

Canapeの感想・評価

3.7
記録 父の嘘。父の夢。家族の絆。過去も未来も家が全てを包み込んで胸がいっぱいになる。
マチ針

マチ針の感想・評価

4.2
がんにより余命僅かな父親と、家族と会話のしない反抗期の息子が共に海を望める崖に家を建てる。

家族の昔話や、父親に代わって指揮を執る息子の姿を見ていて涙が止まらない。自分の子供が大きくなった時に見たい映画
波打ち際に映る、ビデオの中の父子の姿に涙。後半は涙が止まらない。
行動することで、息子サムとの愛情を確かめた父ジョージ。
親子ともに変われたかけがえのない時間が、見事に描かれていた。
父の思いを、しっかりくみ取ったサムの行動がまた素晴らしい!
ただ、思春期の男女の行動が、少々刺激の強いものだったかな…
この描写が控えめなら、4点越えだったが…
yu

yuの感想・評価

4.1
レビューなんて書こうか迷ったけど、
書いてる皆さんのレビューが良すぎて
もうそれだけでいい映画ってことが伝わっちゃってますね。

うん、誰もが認める名作です。
Naoko

Naokoの感想・評価

-
ケビンクライン見たさに視聴。余命が長くないことを知った主人公がこれまでの行き方を見直し、バラバラになった家族とともに家を(物理的に)作る話。
ケビンクラインは立ちションしようが裸で歩こうがどうやっても真っ当で善良な雰囲気が抜けない。破滅的な役は似合わないのですね。
父子がテーマで泣くのかなぁと身構えていたが、ご都合主義が過ぎて、私の倫理観にも抵触するような雑多なエピソードが満載で心がさわさわする。そんないろいろと引っかかるものを、キレイな海の力でいい話に押し流そうとする感じが…。
すず

すずの感想・評価

4.0
会社を解雇され、ガン宣告をされたジョージ。
彼には別れた妻との間に息子が1人いた。
16歳になるサムは、家族も手に負えない程荒れた生活をしていた。
そんなサムを、ひと夏預かる事にしたジョージ。
古びた家と、2人の間にある壁を全部壊すと決めて…

家族愛にはめっぽう弱い(´;ω;`)
妻と離婚し、いつの間にか自分を嫌うようになった息子。
大好きだったお父さんがいなくなって、すごく悲しくて、その悲しみが怒りに変わってしまう。
サムは悪態ばっかりつくけど、本当は今でもお父さんの事が大好きなんだよね。
家が壊れていくのと共に、2人のわだかまりも少しずつ溶けていく。
徐々に笑顔を見せてくれるようになるサム。
しかし父の秘密を知ってしまう。
サムはみんなが思っている以上にお父さんの事を愛してたんだ。
泣き崩れるサムの姿が、全てを物語っていた。
家と共に壊れ、家と共に再建される家族の絆。
ジョージは家族にたくさんのプレゼントを残し、旅立って行きました。
>|