あなたを抱きしめる日までの作品情報・感想・評価

あなたを抱きしめる日まで2013年製作の映画)

PHILOMENA

上映日:2014年03月15日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、B…

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、BBCをクビになった元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる──。

「あなたを抱きしめる日まで」に投稿された感想・評価

ひらめ

ひらめの感想・評価

5.0
一人で鑑賞
妻と鑑賞
映画監督になりたいと思っていた若き日の想いが蘇ってきた。
宗教というものを再考させられた。
社会面が三面記事と同意語として設定されていたが、絶対に違うと思う。
この映画は社会問題を取り上げている。
ありー

ありーの感想・評価

4.0
子供との別れのシーンが辛かった。宗教のシスターの非道さと主人公の心の広さが対照的だった。
実話だから

余計に…許せないのかも


信じた宗教が決して
母と子を幸せに導くとは
限らない…

辛いなぁ…

違う意味で
パッケージ詐欺かな
悲しすぎる😭
マイコ

マイコの感想・評価

3.6
アイルランド人の子供が教会を通してアメリカに養子として売られていた事実…知らなかった。映像中に何度も衝撃や考える機会が与えられるんだけど、そのひとつひとつに対していくつもの考え方を見せてくる。「あなたはどう考える?」って振っておいて、「でも答えなんてないのよ」って突き放してくる。こういう映画私は好きです。
キリスト教信者ではないけれど、人を赦すって何なのか、真剣に考えてみたいと思った。
and

andの感想・評価

3.2
宗教の恐怖のこわさ。

とても一言じゃ言い表せない。


訴えかける何かがあるような。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

4.0
ジュディ・デンチは親戚のおばちゃんみたいに思えて親近感あって好きな女優さん。修道院での実話。辛く悲しく憤りを感じた。
jaja

jajaの感想・評価

-
新渡戸稲造は、外国で日本人が無宗教であることを責められて「でも武士道がある」と答えたという。私はそれを知って、武士道を誇りに思う反面、「宗教を持たない未開人」と見られたことを負い目に感じた。▼最近は、欧米人の多くも実は宗教など信じていないことも知っている。とはいえ、敬虔なクリスチャンが多くいることも確かだ。興味深いのは、それらが共存していることだが、二つの価値観の狭間で、ここにあるような歪みも生じたのだろう。▼赦すことのできないマーティンに、彼女は「さぞ疲れるでしょうね」と言った。その意味を噛みしめたい。
ヒロイン・フィロメナは、007の「M」こと、ジュディ・デンチ。
アイルランドの修道院で生き別れた息子を探す旅に出ると、やがて修道院の忌むべき過去が明らかに……。

院長に見つかるリスクを犯してまで、坊やの写真を撮ってくれたシスター・アンヌンシアタは素晴らしい女性だと思う。掟ではなく、神の愛に従って行動した。
それにひきかえヒルデガードは逆で、愛ではなく、この世の掟のしもべのようだ。自分の正義がが神の正義だと思い込んでいる。

尋ねた修道院は、明るく、さわやかなシスターたちが親切に対応、玄関にはちょっとしたお土産(聖水や聖歌のカセット?など)まで売られているようで、時代の変化を示している。だが本当に修道院は生まれ変わったかというと……。

フィロメナが、あの後もずっと信仰を持ち続けたことが凄い。修道院を呪い教会を嫌いになってもおかしくないのに、罪悪感が彼女を束縛したのだろうか。寝る前に、ベッドにひざまずいて祈るシーンがが美しい。いつでも神に答えを問い、それに従って生きてきたのだろう。

初めは暗く悲しみに暮れている様子の彼女が、少しずつ口数が増え、ユーモアや奔放さを垣間見せてくれるところは、観ていて嬉しくなる。彼女には楽しいことがたくさん起こるべきだ。そして、強さと寛大さをも見せる。

カトリックからは当時抗議があったそうだが、詳細な事実はどうあれ、できる限りのことはしてあげるべき。

ちょうど中盤で、なかなか進展がないなあ、と思い始めたところで新事実が分かるのは、うまくできている。そして後半はさらなる展開が。

最後には想像を超える親子の絆が明らかになる。長年の苦しみを愛に変えたフィロメナは素晴らしい。
本当の意味で神につかえて生きたのはフィロメナだったと思う。普通こんな生き方はできない。

BGMで流れるケルティックハープの音が、日本人にも懐かしさを感じさせ、切なさともの悲しさを誘う。

・彼女のセリフで名言があったのでメモ。
「成功の道で会った人には親切に。人生が下り坂の時きっとまた出会うから」
「赦し(他人をゆるすこと)には大きな苦しみが伴うのよ。私は人を憎みたくない。」
Jules

Julesの感想・評価

3.9
宗教語っておきながら〜って感じ。お金とは切り離せないもんかね。
Mina

Minaの感想・評価

3.6
“You should be nice to the people on the way up cause you might meet them again on the way down.”

🇮🇪🇺🇸👩‍👦
>|