あなたを抱きしめる日までの作品情報・感想・評価

あなたを抱きしめる日まで2013年製作の映画)

PHILOMENA

上映日:2014年03月15日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、B…

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、BBCをクビになった元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる──。

「あなたを抱きしめる日まで」に投稿された感想・評価

yuri

yuriの感想・評価

2.5
これだけ明るいジャケットなのに
すごーく暗かった。。

修道院のシスターが、難産なのは今までの罰だとかいうセリフが余りにも人間腐ってるなって思いました、、。

実話らしいので、変に盛り上げたりもしないのは好感持てますが、ただ辛い話を2時間見せられた感じがしました。

それなら仰天ニュースとかでの、再現VTRと本人のインタビューとその後を見た方が見やすく胸にくると思いました。
ほ

ほの感想・評価

3.7

〜汚れた修道院と50年分の思い〜


10代で未婚で妊娠。
救いの手を差し伸べるはずの修道院で行われていたのは産まれた子供を養子として金持ちに売り渡すこと。

50年間息子を思い続けた母は元エリート記者と共に真相解明の旅に出る。



表にならないだけで現代でもあるんだろうなぁ...

このレビューはネタバレを含みます

カトリックのことはよく知らないが、最後の場面で、未婚の母たちの苦しみを、罪を犯したから当然の報いと断罪し、自らを生涯純潔を守り抜いた神に近いものと称して、謝罪を拒否したシスター・ヒルデガードに対して、フェロミナが放った「I forgive you 」という言葉に強烈な印象を受けた。その瞬間、2人の立場が逆転してしまった。「許しには苦痛を伴う」というフェロミナの言葉は重い。
Poly

Polyの感想・評価

3.5
自分の子供を殺してしまうニュースが連日のように報道されている現在の中で、あまりにも純真な母親フィロミナの姿が眩しかった。
宗教の悪用はいつの時代もあるけど、盲信ゆえの行動って本当に怖いなって思う。
Uknow

Uknowの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

100万年に1人

素朴で貧しい純朴な娘と社会的地位にある男のラブロマンなんてものはなく、ムナクソもあり。

宗教についても考えさせられる。信心深さを持たない私からすると、シスターしかり母親しかりそうでない人々を蔑むかのような発言、態度があまり気持ちよくはなかった。1つのあり方や考え方としてそれを持つのは構わないが、絶対視または他人に適応させようとするのはうーん…

アイルランドでこんなことが起こっていたとは…現実における問題についても考えさせられる作品。
やっぱりイギリスではあの時代、女は洗濯させられてたんだ
゜゜(´O`)°゜
自分の子供を愛する気持ちは親になってはじめてわかる。
産みの苦しみがあってこそ
愛も深まる。
痛みは罪が深いからと言っていたけど。
何かを信じることはいいことだけど、ある意味怖い。

自分の子供を虐待して殺してしまう親もいるというのに。
子供は親を選べない、、、
悲しい世の中
はな

はなの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ただ,会えなくなった息子を探す,という映画ではない.
息子を手放すに至った過程にやりきれなさを感じる.これが実際に起きていたことだと知り,さらに.
彼女や息子のことを思うと,修道院から受けた仕打ちは,他人からすれば怒れるもの.なのに,彼女は責めない.赦し,とはなんなのか.罪の意識を持ち続けることも,赦すことも,どちらもすごく力を奪われることだなと.
息子と会えることを望んでいたため,結末に悲しさを覚えたが,会えなかった時期にも互いに想いあっていたことを知ることができて,そこに救いを感じた.
彼女には,自分だけを責めないでほしい.
Inori

Inoriの感想・評価

3.2
そんなに昔でもない話というのが驚き。こんな世界がまだ残っているのだなぁ…と。主人公は厳しい宗教の規制や偏見のせいで自分自身も息子との関係も苦しめられてきたわけだけども、それでも敬虔なクリスチャンであり続け、その事により救われている部分もあるという点がとても興味深かった。そこに映画のメッセージを感じた。ジュディ・ディンチの見事な演技に涙した。ふ~~。
tosi

tosiの感想・評価

3.8
修道院に入れられ、働かされて、放置プレイで子供を産んで、子供を無理やり養子に出され売られ

フィロミナの息子を探し続ける愛、伝わりました。
これが実話だとわ。
ジュディデンチかわいい、おばあちゃんだわ。

このレビューはネタバレを含みます

○超が付くほど悲劇的な話だが、フィロミアのキャラ、マーティンとの会話劇をロードムービー風に描くことで、観客も割りとすんなり受け入れられる。

○50年も経って、息子が政府の人間で、同性愛者で、更にAIDSですでに死んでいることがほぼ同時に判明。卒倒してもおかしくないレベル。ただ親は何年経とうが親。フィロミアの母として、人としての強さを痛感。

○最後に許すのは、人生経験の浅い自分には理解しがたいが。

○残念ながらタイトルは意味がわからん。
>|