あなたを抱きしめる日までの作品情報・感想・評価

あなたを抱きしめる日まで2013年製作の映画)

PHILOMENA

上映日:2014年03月15日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、B…

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、BBCをクビになった元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる──。

「あなたを抱きしめる日まで」に投稿された感想・評価

bayamie

bayamieの感想・評価

4.5
泣ける映画だと聞いて、観賞。

観始めて すぐに「あっ、この映画は好きだ」と思った。
よく分からないけど、話運びや そのテンポ、画作りなんかが 好みで。

こりゃ〜、知らなかったけど この監督さんの他の作品もチェックしてみなきゃ〜と思いつつ、
ジュディ・デンチって女優さんも すげーなー、樹木希林 並みじゃね?と思いながら観賞。

ストーリーも、まさに 泣ける映画だったし、
個人的には「スポットライト」よりも衝撃的だった。
特に、終盤に修道院でフィロミナが発するいくつかのセリフが胸に刺さる。いつか自分も この様に受け入れられる人になれるだろうか!?
Koji

Kojiの感想・評価

3.7
現実を着色してるかもしれないけど、映画のストーリーのみの感想は、
主人公はとても強く魅力的な人。
シスターは、自分の凝り固まった考えから、物差しが狂ってしまった人。
神への信仰も人間のすることなので、善とはいえないんだな。
晩秋の木漏れ日が美しかった。
十六夜

十六夜の感想・評価

3.5
なんの気なしに見た作品ですが、よい映画でした。
丁寧に描かれていて胸にせまる。
ai

aiの感想・評価

3.8
スポットライトを観た時に、前に似たような作品みたなぁと思って題名忘れていたけど、これでした。とにかく重い。これが現実であることを認めるのは辛すぎる。信じがたいことが現実で起きていたなんて悲しすぎる。
いやあ、フィロミナ器大きいわーと感心しちゃったわ。そして彼女だけでなくあんな目にあってる人もいるとか。私は彼女に同行した記者と完全に同じ感覚で観ちゃったなあ。息子も母と同じ思いを抱いてたってのが心痛みます。
とっぽ

とっぽの感想・評価

3.5
ジュディデンチは007の印象が強かったので、優しい演技にほっこり。まぁ内容は重いものなんですが……もしかして記者が過去に絡んでくる!?まさか息子!?と深読みしすぎて、勝手にがっかりしてしまいました。うーん、実話にストーリーの意外性を求めすぎても仕方ないんですが……想定の枠を出ないというか。
masumin

masuminの感想・評価

3.7
酷い話。。。これが実話だなんて…胸が痛くなる( ´›ω‹`)
ぶんご

ぶんごの感想・評価

3.7
宗教のシスターの非道さと主人公の心の広さが対照的でした。

「成功の道で会う人には親切に。人生が下り坂の時にきっとまた出会うから」がすごく好きです。
ミリ

ミリの感想・評価

3.6
何十年と会ってなくても、親が子どもを想う気持ちは続くものなのかな。
近ごろ、親子をテーマにした映画を観ると、自分の体験と結びつけて感動することが出来ないと気付かされる。やはり子どもを持ってみないと分からない感情、というのはあるのだろうな。
rororo

rororoの感想・評価

3.4
涙あり、笑いあり、下ネタあり、の実話!
それを実力派俳優たちが演じみごとに世界感を創り出している

家族の愛と現実

最後に訪れる現実を貴方は許せますか?
>|