夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

obao

obaoの感想・評価

3.5
@シネ・リーブル梅田
チャップリンだったかポランスキーだったか(或いはそのどちらでもないかも知れない)、何かの映画で「ドイツ軍が撤退して、ソ連軍が進駐してきた。助かったと思ったがそれは新しい悪夢の始まりであった。これからがもっと酷かった」…というようなことを言っていたが、まさにそのようなポーランド。
しかも、これが実話をベースにしているという悲劇。

フランス赤十字に従事する医師マチルドが訪れたポーランドの修道院。そこはソ連兵によって蹂躙され、レイプされ身籠もった何人ものシスターたちがいた。その性質上、公には出来ない出産に一人奮闘するマチルダだったが…

信仰と戒律、醜聞と世間体。
人の心を救うための宗教が、人の行動を縛る。そこが修道院であるがために尚更。

ドイツは敗戦し、分割され、支配されて今に至るが、戦勝国のソビエト(ロシア)の自分本位な現在なども…いろいろ考える、胸の底に澱を残すような何とも重い映画でした。
ねこ科

ねこ科の感想・評価

4.2
最後にシスターたちに救いがあってよかった。
院長は救われたのかな〜
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.5
1945年、ポーランドの修道院で実際に起こった事件を基にしたフランス作。内容が、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦悩する修道女を描いているだけあり、テーマは重たい。戦時とはいえ、悲劇でしかないこの事件と向き合う女性達の苦悩は計り知れなく、それに直面する若きフランス人医師と同じ目線で見ることにより、実在の生々しさを感じる内容。同時に、修道女に寄り添おうとするフランス人医師の決意も凄い。宗教や信仰も関係しており、難しい題材ながら、物語をとても丁寧に描いた作品で、史実に基づいている雰囲気は良い。戦争が生み出す闇を、淡々としながらも一つ一つ濃く描いた内容は印象的。
mpc

mpcの感想・評価

3.8
戦争でロシア兵に性被害にあったポーランド人尼さんをフランス人女医が救うお話

信仰は救いにもなるけど足枷にもなる、というセリフが深い

雪景色と讃美歌、週末まるで教会に行ったような清い気持ちになった

英題はthe innocents
aya

ayaの感想・評価

4.0
景色がなんともきれいなのに悲しすぎた どこを切り取っても印象的
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
「戦場のピアニスト」を観たときにポーランドはドイツから開放されてめでたし、だと思っていたのだけど、この映画を観るとそれからやってきたソ連軍によってもたらされた地獄もまた存在したのだとわかる(私は高校の世界史を途中で投げたので全然知らなかった)。ただこの映画はそれをあくまで舞台背景とするにとどめていて、真の敵を原理主義的な不寛容であると見据えているように思う。光と影のコントラストを強調した画面が良かった。
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】素晴らしい映画でした!(*´ω`*)
戦争が産む悲劇の中で、生命を守るために全力を尽くしていく主人公マチルドに感動。
強い意志をもった凛とした女性はいつの時代も美しいです。
birragatti

birragattiの感想・評価

3.8
重過ぎた。

女医のマチルドも副院長のマリアも院長も誰も間違っていない。
それぞれの信念と信仰に基づき、考え抜いた結果、良かれと思うことを行なっている。

同時に信じていた父という存在が自分の手を離した時、何処に救いを見出していくのか。日々、疑問を感じながらもかすかな望みを持って生き続ける、それは宗教とか関係なく、全ての人のテーマなのかも知れない。

個人的な癒しはマチルドの同僚のフランス人医師。チャーミングでした。
MaU

MaUの感想・評価

3.8
公開を知り、行かなくてはと突き動かされた映画。静かな冬のポーランドの風景がとても美しく、それと対照的に描かれる戦争のもたらした蛮行による事実が淡々と重ねられていく。蛮行については多くが語られず、そこにいる修道女とそれに関わることになったフランス人医師の目線と温度が守られているような描写が見ている側に色々と考える余地を与えてくれていた。突然関わることになるマチルドの勇敢さと医師としてのプライドに感動する一方、信仰を守る修道女たちの動揺や揺らぎになにが正義なのか考えさせられる。信仰は彼女たちを救えたのかわからないが、結末には希望があり、安堵の思いだった。ラスト、自らの道を選んでいく者にマチルドがかけた言葉が心に残った。その選択肢にも背中を押してあげたかった。マチルド役の女優さんがとてもいい。そして、フランス映画祭の観客賞受賞作品は期待を裏切らないな。
>|