夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes/Innocent

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

はま

はまの感想・評価

3.0
尊い行いをした女性医師の話だと思って見始めたが、寧ろ凌辱された修道女達のドラマが興味深かった。
毅然と最善の方法を探し、支え合い、命を守ろうとする者もいれば、体面だけを気にして病の治療すら受けず、生まれたての赤子を放り出した院長。
何となくハッピーエンドみたいに描かれていたが、そんなことないだろうな、と思った。
Yuuka

Yuukaの感想・評価

-
あらすじを見て、これはちょっと用心して観ないといけない作品かなと思って覚悟していたんだけれど、観終わったらあんまりダメージは無かった。
終戦後のポーランド、占拠したソ連軍の兵士によって望まぬ妊娠をさせられた修道女たちのお話。
信仰とは、わが身を犠牲にすることなんだなと思った。
規律を守って診察さえ拒む姿が哀れに思えた。中には人間らしい娘もいてホッとしたが、なまじ信仰心があるだけによけいにかわいそうだった。とりあえず、赤ちゃんの命を神さまに委ねちゃうのはやめて!
タガが外れて野獣のように理性をなくした兵士や、冷たく心を閉ざして祈りに身を捧げる修道女。戦争はむごい。
レナ

レナの感想・評価

3.5
割と淡々とエピソードを並べていて、ポーランドの戦後の歴史を知るのには良かった。私はもうちょっと描き方が絞られていた方が好きかな。

修道院の映画を観ると、その度に不信が募る… 規律って言って思考を放棄させて自分のしたいように従わせてるだけじゃん…ムキムキー!
山桃

山桃の感想・評価

-
公開時から見たいと思っていた作品。修道院の雰囲気が質素ながら厳かでのその生活の描写は見応えがある。戦争が終わっても終わらないそれよりひどい蛮行。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.1
原始的な出来事である妊娠、出産に宗教とか戦争とか絡むからすごい難しくなってる模様。
この作品によって、戦争による悲劇の一側面を新たに知ることになりました。

全体的には静謐なトーンで、しかし衝撃的な事実が描かれています。ポーランド人の修道女とフランス人の女性医師が、国籍や宗教を越えて信頼を深めていく様子が印象的で、そこには何よりも人間の命の尊さを重んじる気持ちがありました。
また修道女たちの苦悩がすさまじく、観ている方も辛かった。彼女たちも信仰があるとはいえ、普通の人々と同じく人間味あふれる姿で描かれていました。
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
WOWOW録画。
第二次世界大戦末期のポーランドで起きた悲劇。語られていないだけで同様の事が戦場のあちこちで起きていたと思われる。主演の仏人女医は実在の人物とのこと。それでフランス・ポーランド合作なのね。フランス赤十字も非常に好意的に描かれているし。
ナチスドイツが去ったと思ったら今度はソ連軍がポーランドを蹂躙。軍規が緩く掠奪陵辱を繰り返すロシア人共😧
ハッピーエンドでまだ救われたが、それまではずっと悲しみの連続😭
赤ちゃんがたくさん出てくるから尚更悲しくなる😢
修道女の肌が映らないよう授乳シーン等に配慮がみられる。性暴力の直接描写も無し。
雪景色と修道女の白装束が絵画のよう。
祝詞のようなやつ(賛美歌とも違うよね、賛美歌なの?)が美しく響く♪
信仰とは。
宗教とは。
修道院に入るきっかけや信仰度合いが人それぞれ違いがあるって分かるシーンがあって良かった😌
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.7.23 BS

音の演出は若干うるさいが、カロリーヌ・シャンプティエの切り取る廊下のショットは流石に良い
fujiK

fujiKの感想・評価

3.5
信仰、戦争、そしてレイプ。
ポーランド、ドイツ、ソ連、フランス、そしてユダヤ。
歴史。
不思議な冷静さをもって描かれる作品は、この何度も描かれる材料を、二人の強い女性を通して浮かび上がらせる。
どう生きるかは個人次第。見て、経験して、考える。
>|