夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes/Innocent

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

神があなたを導いてくれました…マリアの誠実さと信仰や愛が素晴らしい。そしてマチルダの医師としての誠実さも。
院長もみんなを思ってのことなんだろうけど、してはいけないことだった。相談できないプライドってやっかいなもの、そして孤独。そんな人になってはいけない。
神さま云々ではなく誠実と愛、希望。
修道女は宗教を信じて幸せなんですか?ルールに縛られて自由を奪われて不幸に見えます。ルールは人間が決めたこと。神様はなにも禁止していない。
なんてね
おね

おねの感想・評価

-
マチルダの眼差しが美しい。
信仰を題材にした作品を観ていつも思うのは、人を救うのは人なんだということ。
信仰は救われなかった人を思う心のためにあるのだろうか。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

3.6
これが実話かと思うと恐ろしい。
そして、信仰とは難しい。
こんなの神様の思し召しでも何でもない!!
神様こんなこと
望んでないと思うのだけど。
うどん

うどんの感想・評価

3.6
画面の雰囲気が美しいと聞いて鑑賞。

(レイプなどは別として)誰も悪くないので辛い。
宗教や命の重みにがんじがらめになりながら必死にどうにか乗り切ろうとする修道女たちの姿が辛い。
そんな彼女たちに寄り添いながら、医者としての役割を全うするマチルドはかっこよかった。
全員に幸あれ……という気持ち……

この映画のようなことが今も起こっているのは大変悲しい。

確かに画面は美しかった。くすんだ色味が内容と合っていた。
院長含めシスター達は誰1人悪くないのにどうしてあんなに苦しまなければならないのか。見ていて辛くなった。

色んな方のレビューを見ていると、「戦争のせいで」と言っている方が多くて……
個人的にはレイプを戦争のせいにするのには違和感を覚えるなあ。
堀江

堀江の感想・評価

4.2
苦しい映画だった。
信仰とは何かをマチルドと共に考えさせられた。私の答えとしては、院長の選択も間違いではなかったように思う。

あとはマチルド始め出演する女優の顔が作り物みたいに綺麗なのでそれだけでも観る価値がある。
これほど深刻なテーマがあるだろうか。 実話を基にした人間ドラマ。

第二次世界大戦終結直後、1945年12月のポーランド。若きフランス人女医マチルドが赤十字で医療活動を行っていると、沈痛な面持ちの修道女が助けを求めてやってくる。
赤十字から離れた修道院では、ドイツ撤兵後に侵入したソ連兵の蛮行によって、7人の修道女が身籠っていた。宗教上貞節であるべき彼女たちは、外部に打ち明けられず、病院にもかかれない状態で苦しんでいた。
赤十字にさえ報告できないマチルドは勤務の合間を縫って修道院に通い、診察するが、上司から欠勤を咎められ、修道院に行くことが難しくなっていく…。

母子の健康の観点から言えば、今すぐ修道女を辞めて病院にかかればいい。現にマチルドも劇中で彼女たちにそのように諭そうとしている。
しかし、信仰を捨てるくらいならば自殺しようとする者さえいるという。それほど修道女たちにとって信仰とは切実な問題なのだ。
修道院を抜け出して助けを求めに行ったシスターは、まさに決死の覚悟だった。信仰か、現実か。悲痛な問いに観る側も引き裂かれそうになる。
まめら

まめらの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 院長のしたことも一概にまちがっているとは言えないと思った。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.9
ポーランド人だから診れないとか、フランス人だからとか、戦争ってどこを取っても非道い

子どもには罪はないのに、シスターの判断は如何なものか?
赤ちゃんにとっても、母親にとっても酷すぎるし、神に仕える人が選んだ道がそれ!?、戦時中だからそうさせたのか、、と思うとまた辛い。

マチルドは信念を貫き、危険も顧みず、精一杯がんばって、最後まで機転も利くし、素晴らしい女性
>|