夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes/Innocent

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

柊

柊の感想・評価

3.6
ドイツの次にソ連に蹂躙されるポーランド。何か貧乏くじ引いてる国だよね。
でも最後の解決策があれで本当に良かった。神に仕える聖なる乙女達が聖母になる道が見つかってホッとしましたわよ。
Rui

Ruiの感想・評価

3.0
途中ちょっと寝た。
修道女と聞くとカルトなイメージありますが全然違う。女性たちの権利を守るためのお話し。
私は無宗教だから自分の信仰を生命より優先させる価値観はよくわからない。けれど、彼女たちには信仰を奪われることは死ぬも同然なのだろう。折り合いつけるの難しい。ら
森コロ

森コロの感想・評価

3.9
1945年のポーランドで実際に起きたソ連兵による蛮行は修道女たちの運命を大きく変えていく。戦争とは、そして信仰とは、さらに命とは何かを深く考えさせてくれる作品。修道女たちの僧衣と深い山の中に積もる雪というモノトーンの静寂な描写の中に美しい歌声がかさなって物哀しい。フランス人医師のマチルド、彼女によって救われたいのちは尊い。。。オススメ!
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『夜明けの祈り』
1945年ポーランド、修道院の女性達が蛮行により身籠もる悲劇。さらに宗教や組織、人道的な問題へ。慎重に描かれるがやはり惨く、雪や歌がそれを清めるかのようだ。女医の行動や結末が一筋の希望。映画としては急展開もあり人にもう一歩踏み込んでほしかった感じも残る。
kaname

kanameの感想・評価

1.5
第二次大戦末期のポーランドを舞台に、実在したフランス人女性医師の苦悩を描いた物語。

辛くて厳しい時代に生きた女性達の話は深くもあるが…暗くて重くて動きが少ない内容は正直退屈だった…

良い映画なんだろうけど、面白くはない…そんな感想かなw
kalvin

kalvinの感想・評価

3.5
修道女を犯すロシア兵は鬼畜だけど、とは言え神と結婚した方々に全く共感できず。

信仰とは、24時間の疑問と1分の希望。
そうね、24時間問い続けるのが大事。現実から目を背けて、世間体に屈してたら、ごめんなさい、清くも何ともないです。

上のものがAと言うからA。はい、出た社畜的思考。
暗いと不平も言うよりもすすんで灯りを点けるのは、より善く生きる為の教え。
暗くても不平も言わず、灯りも点けずに暗いのを受け入れるのは、これ何ぞや。
マチルド役のルー・ドゥ・ラージュがすごく可愛くて透明感あって強かでよかったーーー。美しく聡明で正義感に溢れる女性、嫌いな人いないと思う。この時代の軍服や男物の服を着た女性大好きです。マーベルのカーター女史然り。

彼女なりの悩みもあり、シスターたちの言うことも理解はできるけど同意はできないし、なのにあんなことがあったあともチャリで駆けつけるのすごいな。
あの使命感は医者としてなのか、あの時代がそうさせるのか。

フランスとポルトガル合作となっているから当たり前かもしれないけど、いい意味でフランス映画っぽさがない映画だった。
人々の行動の理由が、どう言う考えからそうなったのか、とか、なにがきっかけで、とかがよくわかる。

唯一フランスぽいなーとなったのが三枚目としていい味出してるサミュエル。
あのなあなあな二人の関係、ラストシーンで少し気になったけど、本編に関係ないしまあいっか。
なのに助けてくれて言うときゃ言う男!ポイント高い!

モデルとなった医師は早くに亡くなったよう。あのシスターたちの手紙でも束の間の休息を仄めかしているし、ハッピーエンドと見せかけて彼女らの話はずっと続いていくんだな、と思った。

あとシスターたち、髪型も体格もわからないからなかなか判断つかないし、あれ?産まれた子の計算合わなくない?ってなった。
院長が心配。

万人受けしなさそうだけど個人的には観に行けてよかったです。
まち

まちの感想・評価

3.9
「信仰は24時間の希望と1分の希望」という言葉が印象的。その言葉を発するマリア役の人がとてもよかった。

実話ベースだということを考えると胸が悪くなるのだけれど救いがあってよかった。ただ院長がどう生きるのかは気になる。彼女も被害者の一人なんだよなぁ。
Sios

Siosの感想・評価

4.0
修道院という特殊な空間での蛮行、愚行。
信心が救済の道程を困難にする不条理が辛い。

第二次大戦終戦直後のポーランドで、赤十字のマチルドが知ることになる目を疑う事実。ドイツが去って次はソ連。
マチルドがしなやかにもたらす刺激が再生への兆しに。

非常時に指導者へ依存する危うさも苦々しい。過ちを犯してしまうと目も当てられない。
mako

makoの感想・評価

3.8
実話に基づいたドラマ映画です。 
修道院に侵入してきたソ連兵に性的暴行を受け修道女が数人妊娠する。どこでも女性はこういう輩に好き勝手されるんですね。 
修道女は半数が処女だったそうで、精神的、身体的にもどれほど傷ついたことだろう。一般女性でも苦しいのに、修道女は特に耐えられないことだったでしょう。 キリストに仕える為に祈りを捧げて一生神と共に生きていこうと思っていたのに、犯された挙句に妊娠とは。 

一人の修道女が勇気を出して病院へ駆け込み女医のマチルダと出会う。本当はフランス人しか診る事ができないので一度は断るが修道女が気にかかり修道院へ赴く。そして妊娠している修道女を目の当たりにする。一人だけではなく7人も。 

ただ修道院の院長がいい顔をしない。この事が外に漏れたら修道院が潰されかねないから。でもそんな状況をほっておけないマチルダ。 
修道女って、他人に肌を見られたり触られたりしてはいけないらしく診断するのも大変そうでした。そういう決まりだから仕方ないけれど、それじゃ診断できない。マチルダも最初は手を焼いていたがある出来事で修道女達から信頼を寄せられるようになる。 

そして赤ちゃんが産まれまた新たな出来事が起こる。 
院長はどうにかして外にこの事が漏れないように画策する。でもそれは神に仕える身であるのなら矛盾している行為。そしてその為に悲劇も起こり。 

内部だけでどうにかしようと思うと良い考えって浮かばない気がする。マチルダのように外部の考えの方が目からウロコで良い案が出てくるものだろう。 

ただ院長を一方的に非難できないのかもしれない。やったことはとんでもないことだけど、院長なりにどうにかしなければという思いがあったのだから。 

ラストは温かい気持ちになれました。 

戦争によってこういう事件って世界のあちこちであったんだろうな。戦争は百害あって一利なし。 
>|