夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes/Innocent

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

ルー・ドゥ・ラージュさんの覚悟を持った強い女性の顔が素晴らしかったです.
あのような敬虔な信者でも24時間疑問なのですね.確かに信じても報われないことも多いだろうし…


2017.10.10
#映画館
まゆ

まゆの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

誰も悪い訳じゃない、みたいな話に見えた。
人殺しって言われる院長さんが見てて辛かったけど、最後に寄り添ってくれる人がいて良かったと思った。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.3
ホールソレイユにて鑑賞
2017.10.15
第二次世界大戦住専直後の事実に基づいたお話。
胸が痛くなるけど観てよかったと思う映画。
ayu

ayuの感想・評価

-
的外れかつ無粋だけど「信仰とは、24時間の疑問と1分の希望」という台詞で、パチンコに依存する人も同じなんだろうなと思った。
あとは不謹慎だけど、ロシア兵に襲われた修道女たちの中でうっかり恋をしてしまった一人がいて、「シスターシスター、君もやるのかい、いろいろ(ずっとグルーピー/andymori)」という歌詞を思い出した。
nori

noriの感想・評価

-
映画館鑑賞。

この1本前に観た映画は、ナチスに占拠されたチェコの話し。
そのあとは、ソ連に占拠されて自由はまだ先の話しと書いたら、こちらは、そのソ連に占拠されたポーランドの話し。

ナチスの兵士も怖いが、ソ連の兵士も容赦ない。
女しかいない修道院に入って、修道女たちを暴行。
神と結婚したはずの彼女たちなのに、妊娠をしてしまったのだ。
1人の修道女が、フランスの赤十字の女性医師を呼びに行き、現状を見てもらう。
あるはずのないことに悩む修道女たち。

最初に産まれた子は、院長は養子に出したと言った。
そのあと、産まれた子から女医は産まれるところから立ち会ったわけだが、その子も、母親となった修道女の意志とは関係なく、養子に出すと連れて行った。
しかし、彼女は連れていってなんかいなかった。
置き去りにしてきたのだ。
と言うことは、最初の子も。。。
子供を連れだされた修道女は自殺してしまう。
その人が編んだものを養子に出したという家に持って行った修道女は、そこに赤ん坊がいないということを知る。
院長に問いただすと、子供がいるなんてことは、あってはいけないの一点張り。
これではいけないと女医と策を練る。

神と結婚したとはいえ、現実は現実。
院長の他の修道女は現実を受け入れていく。
院長は、罪を負ったのかという病気になる。

孤児院として再出発。
このまま、うまくいったのかどうなのか。
すごく気になった。

慰安婦問題となっているが、実際、戦場の女性は若くても年をとっていても、こういうことが起きる。
命をとられることだってある。
女であるというだけで立場が弱いのが悔しい。

ナチス後のソ連は東欧など他の国々に派兵してやりたい放題。
ソ連はこのことについて何か言っているのか?
聞いたことがない。
第2次大戦のときのことが問題にされているのなら、その後も問題にしてもいいのではないかと思う。
花心

花心の感想・評価

3.0
過酷な現実と神への信仰の狭間で悩み苦しむ修道女たちの姿が切ない。 
院長も信仰心が強いがゆえに、現実を見失ってしまったのだろう。 
「信仰は24時間の苦痛と1分の希望。」 
実に重たい言葉である。 
レク

レクの感想・評価

3.5
戦場から離れた場所で戦争の犠牲となった人々が、尊厳を奪われる苦しい日々を強いられる。

なんとも言葉にできない、形容しがたい哀しみというか、訴えというか。
そんな辛さを修道院という閉鎖的な閑散とした風景で見せるも、彼女らの笑顔で救われ、心が暖かくなる作品。
こんな事実もあったんだ、
と教養になった。
それ以外、特に感情に訴えるものは無かった。
あ、でもシスター長(院長?)の苦悩が一番共感できたかも。許されんけどね。

今年はなんだか、過剰に信仰する人たちが苦しむ映画をよく観てる気がする。
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.8
これも実話ですか。厳しい…。
ポーランドの修道院がソ連兵に襲われ七人も妊娠させられるという信じられない事実。
信仰心が無いので宗教色が濃い作品は結構避けてしまうのだけど、これは観たかった。
信仰心があっても簡単に乗り越えられることではないし、返ってそれが事を難しくしている現実。その歪みを一番受けたのが院長なんでしょう。
少し明るい気分で映画が終わったのが救いです。
>|