アルファヴィルの作品情報・感想・評価・動画配信

『アルファヴィル』に投稿された感想・評価

森田

森田の感想・評価

3.6
アンナ・カリーナが美人すぎてそれだけで満足度高い。

なーんか嫌味な映画だな、ゴダールって全部こうなのか?
raimu

raimuの感想・評価

4.5

モノクロの無機質なパリ。
点滅する光と騒々しい音。
人々の感情や思想が統制された未来都市。
涙を流して泣いた人は処刑される。
毎日、辞書から言葉が消えていく。
孤独を彷徨う人間。
言葉をめぐる冒険。…

>>続きを読む
auchan

auchanの感想・評価

-
カラビニエくらい見やすい。お手本的。アンナのクロースアップは泣ける
アノ

アノの感想・評価

4.5

特撮美術を使わないディストピアSF映画。めちゃくちゃカッコいい…。
「第四惑星の悪夢」とか「幻影都市デスパー・シティ」はもろ影響受け取る。α60のラスボスすぎる声質も完全に特撮ドラマテイスト。ベタす…

>>続きを読む
filmoo

filmooの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴダール17本目。
美術よりも効果音と脚本で頑張って表現されたSF感が新鮮だった。
世界観は良かったが終盤の展開が雑だった。SFとスパイ映画は相性も悪い気がする。
難しい話は面白いと思うものとよく分…

>>続きを読む

モノクロームが未来へと翻らせた1965年現在。
ベルイマンの『沈黙』にゴダールが感化されたことはなんとなく明らかで、その両者ともからパクってるキューブリックは本当にしょうがない。
そりゃパクりたくも…

>>続きを読む
AO

AOの感想・評価

2.3
なんら変わり映えしない風景でも世界観の設定でsfを描いてるのは斬新だけど、チープさも否めない。

完全にフィルムノワールのアフレコ大喜利。明らか映像と乖離したナレーション(ゴダールの決別の神様と同じ人?)や電子音が吹き込まれ続け、アインシュタインの数式に脳がバグってSFと錯覚する。
α都市とかい…

>>続きを読む
 セリフだけではなく登場人物の名前自体が引用であってそれぞれ意味があるのに、「この映画は分かりやすい」などと簡単に言えるものだろうか。

銀河だからフォードギャラクシーに乗ってたのね

感情・思想が統制された未来都市という設定は、ゴダールの感情・思想を浮き彫りにするための最適なアンチテーゼとなっている。そこに来訪する主人公は我々と同じ視点で謎めいた世界を体験する、という意味で非常に…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事