俺たちハングオーバー!史上最悪のメキシコ横断の作品情報・感想・評価

「俺たちハングオーバー!史上最悪のメキシコ横断」に投稿された感想・評価

エイチ

エイチの感想・評価

3.5
これ系のコメディは好き。
邦題が酷い。
ハングオーバーでもなければメキシコも横断しない。
ぺへへ

ぺへへの感想・評価

3.3
観ればみるほどアラン、フィル、スチュが恋しくなった(笑)
この作品はこれはこれで面白かったけど、タイトルを何故これにしたのか…
どうしても3人と比べて観ちゃったな〜
3人ともビジュアルもなんとなく似ててメリハリが無かった感じがした
ストーリーとかギャグとかは普通に面白かったし楽しめたけどね!!
MaRi

MaRiの感想・評価

2.0
【2018年149作品目】
ハングオーバーの監督がとはいえ、邦題にハングオーバーつけちゃダメでしょ。
ハングオーバーしてないし。
原題のまま"Serch Party"でいいのに。
少ししか出演してないけど、クリステン・リッター目当てで鑑賞。
内容はとことんお下品。
ひろ

ひろの感想・評価

2.0
クリステンリッター目当てで鑑賞
可愛かったー

「俺たち」つければ やりたい放題だな
ハングオーバーまでついてるけど ハングオーバーしてないし
Bnc208

Bnc208の感想・評価

3.1
ハングオーバー(二日酔い)は全く関係ない。それでもって、本家のハングオーバーとも関係はない。

上記を度外視して観ても、大して面白くない作品だった。
苺

苺の感想・評価

3.0
ハングオーバーのシリーズなのかと思ってたら違った。
結婚式を友人に壊されて花嫁を追ってメキシコへ。
カージャックにあってひたすら全裸のシーン笑った。
色々トラブルがあってまぁまぁ笑えたけど、二日酔いとは関係なかった笑
トッド・フィリップスの「ハングオーバー」と同じ系統だけど、色々あって笑えた。ヒューゴやバークは良かった。ニコラス・ケイジの映画観てたのも面白かった。
トーマス・ミドルディッチ良いな。
ad

adの感想・評価

2.9
ハングオーバーとは名をうっているけど本家本元とは全然出来が違う、予想通りの地雷感

ジェイソンがいわばアランの立ち位置なんだろうけどアランのような愛嬌はない。

誉めるべきは登場人物みんなバカということくらいか。地雷のわりにはまあ楽しめる。時間も短いし
この映画、ハングオーバーと謳っていますが、まったくもってハングオーバーではありませんでした。

共通点は監督がハングオーバーの脚本に関わった人(共同脚本の一人)
結婚式前夜から始まる。
親友3人組が色んな騒動に巻き込まれる。
まぁそんな所です。

ハングオーバーのようにたいして酔ってもいませんし記憶も無くしません。
そもそもハングオーバーとは二日酔いの意味なのに。
完全に人気にあやかって付けたとしか言いようがないです。
しかも「俺たちニュースキャスター」に代表される俺たちシリーズ人気にもあやかって、頭に俺たちまで付ける始末。

たぶんチャラい宣伝マンとセクハラ部長がノリで決めたんでしょう。

チャラ男 「ハングオーバー感があるんでハングオーバー イン メヒコなんてどうすっか」

部長 「それじゃまだインパクト足りなくねぇ」

チャラ男 「んじゃ俺たちシリーズもちょい足しして、俺たちハングオーバーでどうすっか」

部長 「最高!さすがチャラ男ちゃん。どうこれからギロッポンでシースーでも」

チャラ男 「ちぃーす。ゴチになりや〜す」

みたいな適当な会議で決めたに違いありません。
(勝手な妄想お許し下さい)

まぁ中身が面白ければ結果オーライなのですが、期待を超える事はありませんでした。
ていうかハングオーバーなんてタイトルを付けるからこんなにハードルが上がるんです。
「これから大爆笑の話するね」と言って話するみたいなもんですよ。
無駄なハードルは上げちゃいけませんね。

一人でも多くの人に観てもらいたい気持ちで付けたのかもしれませんが、逆に足を引っ張っている気がします。
努力は認めますがもっと違う方向に努力して頂きたかった。
絶対にこの作品は邦題で損してると思うので。

名付ける事の難しさと責任。
そんな哲学的な事を考えるきっかけになる映画になりました。
みなさんも考えてみてはいかがですか。

ちなみにヒョーという名前は…
その場のノリで付けたので今となっては何故ヒョーなのか?知る由もありません。

名付ける事の難しさと責任。
おまいう
かみ

かみの感想・評価

2.5
邦題がよろしくない映画。
1番面白かったのはジョンマクレーンとナカトミビルのくだりかなぁ。。あとは正直茶番でしかない。
>|