家族はつらいよの作品情報・感想・評価・動画配信

家族はつらいよ2016年製作の映画)

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

『家族はつらいよ』に投稿された感想・評価

5loth

5lothの感想・評価

2.8
いきなりアレクサンダー・ペインみたいな作風に舵を切った山田洋次どうしたと思いましたがおもしろかったです。橋爪功の憎たらしさがポール・ジアマッティやジャック・ニコルソンにも見えてくる。

キャラクターが三世代ともステレオタイプだなーと思っていたら、その先の不和や歪さにまで話が及んでいてよかったです。それにしても毎回、妻夫木くんと蒼井優は聖人すぎる。
思った以上にコメディだった。
あー、ここまでコメディだとダメかもーって思った瞬間、2匹飼っている猫のうち1匹が膝の上に来てしまい、爆睡…
あっという間に見終わった。
親夫婦の離婚ドタバタコメディ面白かった。
頑固ジジイって側から見るだけなら凄い面白いんだけどねぇ🤣

簡単に離婚できてしまう世の中だからこそ、言葉って大切ですね。
長感想

長感想の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実家で
東京家族からの流れでコメディ
感情ついてかんのよ、笑う

これ、実は見たことあるな
オレオレ詐欺で分かったわ、まじ出だし

三世帯家族の祖父母離婚問題に家族が揺れる話

いやぁなにより
言葉って大事ね

ちょっとずつ東京家族と職業や関係性が違くて新鮮
わたしは靴下裏返しより脱ぎっぱなしにされる方が嫌だなあ
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.4
痛快なドタバタコメディーだが、物語の終盤近くに、夫婦間に言葉が必要かどうかの議論があるのはよい。それが最後の展開につながるのはありきたりだが、悪くない。
橋爪功の豪快な演技は、それだけでも見る価値がある。
むぎい

むぎいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
ただ、なんだろ、この感じ。自分の中の感情を考察してみる、なんて自分語りしたいだけなので見なくて大丈夫






この離婚騒動って昭和くらいまで本当に家族会議するくらい大事なヒューマンドラマ、映画一本できるほどの内容だと思うんだけど、今の私にはそう大した問題じゃないことを騒いでいるだけのように感じた。
きっと親の離婚を聞いても私は泣けないし、止めないし、問題とも思わない。この作品ではお母さんは最初から本気で離婚する気で、お父さんの様子を見て最後に気が変わったんだろう。それもいい。責任はあるけれど、誰しも役割に囚われず自由に生きるだけの価値を持ってると思う。
手助けしてよい方向に向かう問題なら勿論助けるけど、あとは好きに生きてくれとしか思えない。

親が死にかけたとして自分が47歳くらいで所帯持ってたら、やっぱり大泣きはできないと思う。年齢的に、来たか、と思う。うちは早めに死んじゃってるからなんでって泣いたけど。

家族に対する認識が変わってきているんだって、社会の教科書みたいだ。
ねむ

ねむの感想・評価

2.5
東京家族の続編だと思って連続で観たら全然違くて脳がバグった

家父長制をひしひしと感じて、ドタバタ家族劇〜みたいな風には観れなかった
昭和の老害
倒れてもなお自分の言動を見直せないとは

蒼井優の透明感と眩しさで失明しそうになった
夏川結衣も好きだなあ
Takuji

Takujiの感想・評価

5.0
やっぱり山田洋次、いいなぁ〜。ちょっと笑えてちょっと泣ける。
mra

mraの感想・評価

3.6
2022年/141作目
出てくる話題がリアル過ぎる!少し丁寧過ぎる喋り口調と、くどい立ち回り。これは親世代が好きなやつや!笑
でも一回観てみたかったから鑑賞。

何かにつけてすぐコケたり、突然大声を出すヒステリーな場面があったりと、かなりベタな表現も多い。でもその分かりやすさがウケているところなのかも。
あと、キャラのわかりやすさも明確。「この人はこの類の発言にはすぐキレる」とか「こういうところはおじいちゃんの血を引いている」など覚えやすいのも良い。

よくある家庭の問題を切り取っていて、起きる問題も全てさまざまな家庭に起こりうることばかり。全く他人事じゃない。笑
でも結局、おばあちゃんが離婚してほしいと言ったのも、本当に愛想を尽かしたわけじゃなくて、この発言を機におじいちゃんの思いを言葉にして伝えて欲しかっただけだったんだなと。だから最後に離婚届にハンを押した後に、おじいちゃんが気持ちを伝えたら「もういいの」と離婚届をすぐ破いたんだね。行動だけではダメよね。ちゃんと身近にいる人ほど、言葉にして伝えなきゃ。

------------

おじいちゃん: 家族の愚痴ばかり。自分のことしか考えない身勝手な男。45年連れ添ったおばあちゃんの誕生日も忘れて好き放題飲み歩いた夜、誕生日プレゼントを尋ねると「450円くらいのものなの(戸籍謄本料)、離婚してください」と言われてしまう。

おばあちゃん:おっとりした性格で毎日町の小説教室に通っている。

子供夫婦1:同居中。長男と奥さん、男の子の子供2人。長男は丸っきりおじいちゃんの血を引いていて奥さんは専業主婦として好き勝手する家族を文句言わずに面倒を見ている。

子供夫婦2:税理士事務所を営むヒステリー気質な勝ち気な娘と気弱で骨董品好きな旦那。旦那が1万円だと伝えた骨董品が実は20万円のもので、娘が割ってしまったことからいつもの離婚騒動に発展するも、実家の離婚問題を知りそれどころじゃないとすぐに仲直り。旦那は口を開けば金のことばかり。笑

子供夫婦3:ピアノの調律師の息子と看護師の嫁。この時はまだ結婚前。家族にお嫁さんを紹介しにきたところ離婚問題に巻き込まれる。息子は気弱だけど二人とも優しい。

かよ:居酒屋の女将さん、色っぽい。この居酒屋にはおじいちゃんが10年来行きつけで通っている。
>|

あなたにおすすめの記事