セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

ドラム演奏、音楽は完璧。
主人公の時間のルーズさと甘さ勝手さ、
お禿さんの悪賢さには黙ってられずでした。
でも、のめり込めるモノがあるってのはいいな〜〜とも思いました。
どぅ

どぅの感想・評価

3.7
制作会社が新興ときいて納得
(おそらく)少ない予算の中で注目すべきところだけに注目して他の余分な要素は一切排除した点がとてもよろしい
望遠多用して切り取るのとかも自主制作とかに通じるものを感じた
狂気を感じる指導が印象的だけど、だんだん変わっていってしまうアンドリューも見ていて悲しくなる…
フレッチャーがどんな気持ちで音楽と向き合っているのか理解するのに時間がかかる

観客はほぼ映らないから本当に指導者と演奏者だけの世界

最後の演奏シーンは圧巻です!
自分の中高の部活と凄く重なった笑
毎日あんな気持ちで部活行ってたわ
精神力は追い込まれなきゃつかないよねやっぱり
そして音楽やらなくて良かったなって思えます笑
mal

malの感想・評価

5.0
セッション
この映画でのタイトルの意味はフレッチャーとニーマン、2人のセッションを指しているのかと。フレッチャーは周りからの評価重視、ニーマンはプロになりたい一心。お互い向かう方向は違えど、2人とも並々ならぬ向上心、音楽に対する熱意をもっている。そして侮辱されたらやり返す。そういった思惑、魂の掛け合い、そしてラストシーンは音楽でまさに2人だけでセッションをする。今までもこれからもあの2人のセッションを越えるものはないだろう。
BSで録画したものを何年振りかに見たが、公開当時映画館で見れて本当によかった。あの時の感動、ラストシーンの衝撃を忘れることはない。見た人はみんな脳裏に焼きついて、誰かがドラムを叩いている場面で思い出しちゃうかもね。少なくとも私はそうだった。
えは

えはの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

バケモノがバケモノを産む話
最後に至るまでひたすら追い詰められ、自らも追い込み続けていく主人公。
甘さ一切なし
超辛口ストーリーだが、最後の演奏シーンはとにかく素晴らしい。
映画館で観たかった。

こんなクソ教官実際にいたら絶対に関わりたくないが、(ついでに主人公にも絶対に関わりたくない)
視聴後は不思議と爽やかな感動に包まれる。

何かを極めようとしたことがある人は、様々に感じるものがあるのでは。

しかしこいつらは映画が生んだ名モンスターだと思う。もはやエイリアンvsプレデター、貞子vs伽倻子、とかそんなレベル。
現実と混同してはいけません 笑
colinswife

colinswifeの感想・評価

4.8
マイルズテラーの演奏に毎回感情が込められていて引き込まれた。
また、カメラワークも独特で、痛々しい傷に絆創膏を貼る場面や演奏されている楽器をアップで写し、登場人物の心情を表しているようだった。
ストーリーとしては、厳しい指導者に最後まで対立、向き合う、対抗(いい表現が見当たらない)などし、自分の音楽を演奏する演奏者の物語だった。
観客などは一切映らず、家族などとの関係性も希薄に脚本されていた。
最後まで見て思うことは、指導者と演奏者の間に差などなかったということだ。
音大生ニーマンが鬼指揮者フレッチャーと出会い、彼の高すぎる理想のジャズを作り上げるべき、自分の限界を超えてドラムを特訓する話
・主人公を囲む人間関係を極力カットしてあり、稽古の厳しさだけがしっかり印象に残るようになっている。血まみれになって練習する姿を描くシーンは少なすぎず、多すぎず丁度良い
・フレッチャーがスパルタ指導する理由として「Good job(という言葉)は才能を殺す。偉大な音楽家を超えるには徹底的にキツくあたることが不可欠だ」というのを聞いて、妙に納得させられた
・原題の意味、むち打ちは本当によく合っている。邦題の意味はラストのシーンを指していたんだなーと理解
kenn2001

kenn2001の感想・評価

4.5
ジャズドラマーを目指して音楽院で勉強する青年と、そこで教える教師の交流。淡い恋。父との交流、葛藤。

では全然なく(ごめんなさい)、交流という言葉では生ぬるい、芸術を追求する余り狂気に取り憑かれた教師と青年の感情のぶつかり合いがラストまで続きます。

なんかラストシーンで二人の表情とか見てると、「あ、二人の気持ちがつながった」と感じて一瞬ホッコリしかけたんですが、そんなのは一時の錯覚で、結局下地は狂気なので鑑賞後に二人のその後を想像するとゾッとします。

邦題は「セッション」ですが全然一般的なイメージのセッションはしてません。どっちかというと似合う言葉はハラスメントとか罵倒です。なんかけなした感じになりましたが、感情と感情のむき出しのぶつかり合いを見たいならばオススメ。
sogno

sognoの感想・評価

5.0
本当にオシャレで且つ狂的な映画だった。

最初から最後まで終始ジャズが裏で流れていて、それがシーンの表現をより一層テンポ良くそしてよりドラマチックに変化させていたと思う。

自分自身ドラムの経験が多少なりともあるけど、狂的としか言いようがない環境の中を反骨精神だけでどこまでも食らいつこうとする姿は見ていて痛々しい&一種の理想だった。

1番かっこよかったのはやっぱりエンディング。
何の問題も解決されてないはずなのに、物凄くテンションが上がる➕スッキリするエンディングはこの映画を除いて他にないんじゃないだろうか。

いろんな人が難癖つけている映画ではあるけど、僕の心を確かに揺さぶったいい映画です👍
>|