ブラック・シーの作品情報・感想・評価

ブラック・シー2014年製作の映画)

Black Sea

上映日:2015年08月15日

製作国:

上映時間:115分

3.3

あらすじ

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日突然、11年間も勤め続けた会社からクビを言い渡され、途方にくれる。イギリス海軍に所属した15年も含め、30年近くも仕事一筋で、家族を犠牲にしてきたロビンソンにとって、陸上ので仕事は想定外なのだ。妻クリシー(ジョディー・ウィットテイカー)と12歳の息子のマーティンも彼のもとを離れてしまった。そんな矢先、彼はかつての仕事仲間で、うつ病を患う…

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日突然、11年間も勤め続けた会社からクビを言い渡され、途方にくれる。イギリス海軍に所属した15年も含め、30年近くも仕事一筋で、家族を犠牲にしてきたロビンソンにとって、陸上ので仕事は想定外なのだ。妻クリシー(ジョディー・ウィットテイカー)と12歳の息子のマーティンも彼のもとを離れてしまった。そんな矢先、彼はかつての仕事仲間で、うつ病を患うカーストンから耳寄りな情報を得る。第二次大戦時に莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが黒海のグルジア沖の深海に沈没したままになっているというのだ。その引き揚げに成功すれば新規巻き直しの大チャンスになると考えたロビンソンは、仲立ちをするダニエルズ(スクート・マクネイリー)によって提案されたプランに飛びつき、オンボロ潜水艦を入手、その艦長を買って出る。彼は深海に潜って金塊探しをするメンバーを集め、急ごしらえのチームを結成する。老朽化したロシア製のディーゼル潜水艦に乗り込むのは、ロシア人とイギリス人の荒くれ男12人。海上を通るロシア海軍に探知されぬよう、深く、深く潜り、沈没したUボートが横たわる海域を目指す旧式のロシア潜水艦。潜水艦の外には、暗く冷たい死の世界があり、船内には、知力と体力の限りを尽くして任務を果たそうと意気込む男たちがいた。だが、ロビンソンが謎の投資家に渡す分を除いた金塊を乗組員全員で山分けすると宣言したのを機に、潜水艦内の空気は一変。一攫千金に目が眩み、次第に制御不能となった乗組員たちによって、取り分を巡る醜い争いが勃発する。やがて逃げ場のない船内は死闘の場と化す。果たして金塊は誰の手に…。

「ブラック・シー」に投稿された感想・評価

ジュード・ロウと渡辺謙似てる〜
ハゲでもカッコいい🤗
Taki

Takiの感想・評価

3.3
落ちぶれた元潜水艦乗り達が、ナチスの金塊の情報を知り、宝探しの航海に出る。潜水艦内で思ったより色んなことがありました。良く出来ていると思います。潜水艦乗るの恐い。映画ですけどね。
LACO

LACOの感想・評価

3.5
海底に沈む金塊を取り一攫千金を狙い、ロシアとイギリス人の12人で急造チームを編成し海底を目指すと言う話し。
しかし、艦の中で主人公から金はみんなで均等に山分けするという事で反乱が生まれ、それは徐々に悪い流れを呼ぶことに…

ジュード・ロウと18歳の子との関係が良かった。
15年の海軍勤務歴があり、海洋サルベージ会社で11年働いたベテランの主人公が突然、会社をクビになってしまう。

職業安定所へ行っても仕事は見つからず、家族を犠牲にして仕事を続けたため、妻とは離婚し、車で息子の姿を見に行くだけの惨めな毎日。

だが、仕事を辞めた元同僚から黒海に金塊が大量に積まれたドイツのUボートが沈没しているという話を聞く。

主人公はロシアのオンボロ潜水艦を調達し、イギリス人とロシア人の急造チームを編成して、人生を変える一発逆転のサルベージに挑むが......。

観る前に予想していた内容をいい意味で裏切った作品。
照明や脚本が素晴らしく、ストーリーのテンポも良好。エンドロールまで予測出来ない展開も評価出来る。もう少し艦内の人間関係を見ていたいと思った。本編115分はちょっと短いか。

ラスト近くのジュード・ロウの「漢の笑顔」が秀逸。漢の漢による漢のための本格海洋アクションと言えるだろう。
taka

takaの感想・評価

3.3
最後は良い人だったね的な印象

途中からジュード•ロウがしゅっとした渡辺謙に見えちゃって..大変でした笑

潜水艦スタッフのキャラ設定も曖昧なまま終わってしまった感じです
タカ

タカの感想・評価

3.5
まぁ、こうなるよね、的な最後。潜水艦の中の鬼気迫る感じがすごい。終始緊迫感がある感じが好きだった。
ジュード・ロウかっこいい。
nagashi

nagashiの感想・評価

3.0
微妙でした…
個人的に、もう少し仲間同士のいざこざに一工夫してもらいたかったですかね!
田中田

田中田の感想・評価

3.5
ジュード・ロウが渡辺謙にしか見えない
潜水艦映画は面白い
もうくたびれたジュードは見たくないよ...と若干食傷気味ですが(笑)コンプリートまであと数本になったので、張り切ってジュード祭り!!

海洋サルベージの専門家であるロビンソンは、長らく勤めたアゴラ社を突然クビになる。失意の中、友人から黒海に大量の金塊を積んだUボートが眠っているという話を聞き、一攫千金を賭けて海に繰り出すことになるが...。

海洋サスペンスはどんな映画もトーンが暗いですね...。もう汗まみれ泥まみれ?で、髪の毛も薄めのジュードが終始眉間にしわを寄せて悩む姿はなんというか不憫で仕方なかった...(笑)。
男たちはどうしてこうも黄金に目が眩んでしまうのでしょうか。みんなどんどん目の色が変わっていくからコワイ!!人を狂気の沙汰へ落とし込んでゆく、ああ、欲って恐ろしいですね。(笑)
Uボートという閉ざされた空間の中で、互いへの猜疑心を強めて次第にそれが殺意へと変わっていくサスペンスフルな展開。
最終的にみんな精神的にも肉体的にもズタボロになっていく姿が痛ましいったら...。

ラストはジュードファンにとっては、最高で最悪のエンディングでした。ある意味、シビれたけど!!(笑)必見です。

本作のジュー度:
★☆☆☆☆
お疲れ様ですの一言に尽きます。目をギラギラさせて金塊を求める姿には男のロマンを感じました。(笑)
Naoto

Naotoの感想・評価

3.8
潜水艦ものは暗い部屋で見るとイキフン出るわぁ〜〜
>|