ブラック・シーの作品情報・感想・評価

ブラック・シー2014年製作の映画)

Black Sea

上映日:2015年08月15日

製作国:

上映時間:115分

3.2

あらすじ

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日突然、11年間も勤め続けた会社からクビを言い渡され、途方にくれる。イギリス海軍に所属した15年も含め、30年近くも仕事一筋で、家族を犠牲にしてきたロビンソンにとって、陸上ので仕事は想定外なのだ。妻クリシー(ジョディー・ウィットテイカー)と12歳の息子のマーティンも彼のもとを離れてしまった。そんな矢先、彼はかつての仕事仲間で、うつ病を患う…

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日突然、11年間も勤め続けた会社からクビを言い渡され、途方にくれる。イギリス海軍に所属した15年も含め、30年近くも仕事一筋で、家族を犠牲にしてきたロビンソンにとって、陸上ので仕事は想定外なのだ。妻クリシー(ジョディー・ウィットテイカー)と12歳の息子のマーティンも彼のもとを離れてしまった。そんな矢先、彼はかつての仕事仲間で、うつ病を患うカーストンから耳寄りな情報を得る。第二次大戦時に莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが黒海のグルジア沖の深海に沈没したままになっているというのだ。その引き揚げに成功すれば新規巻き直しの大チャンスになると考えたロビンソンは、仲立ちをするダニエルズ(スクート・マクネイリー)によって提案されたプランに飛びつき、オンボロ潜水艦を入手、その艦長を買って出る。彼は深海に潜って金塊探しをするメンバーを集め、急ごしらえのチームを結成する。老朽化したロシア製のディーゼル潜水艦に乗り込むのは、ロシア人とイギリス人の荒くれ男12人。海上を通るロシア海軍に探知されぬよう、深く、深く潜り、沈没したUボートが横たわる海域を目指す旧式のロシア潜水艦。潜水艦の外には、暗く冷たい死の世界があり、船内には、知力と体力の限りを尽くして任務を果たそうと意気込む男たちがいた。だが、ロビンソンが謎の投資家に渡す分を除いた金塊を乗組員全員で山分けすると宣言したのを機に、潜水艦内の空気は一変。一攫千金に目が眩み、次第に制御不能となった乗組員たちによって、取り分を巡る醜い争いが勃発する。やがて逃げ場のない船内は死闘の場と化す。果たして金塊は誰の手に…。

「ブラック・シー」に投稿された感想・評価

tlagalt

tlagaltの感想・評価

3.0
強欲な奴ほど自分の身を滅ぼし、仲間を破滅に導いていくという構造を潜水艦と宝探しという設定で描いている。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.0
セクシーハゲのジュードロウがいたからこそラストまで観れた感。
最後も最後で
こーしとけば丸く収まるやろう感がなんとも言えない…。
極限状態のはずなのにいまいち緊迫感が伝わって来ないのと出演者みんな自分勝手すぎて感情移入出来なかった。
人物や社会背景が薄いせいでラストもただかっこつけただけに見えたし。
斬新なストーリー展開も無いし潜水艦物ならもっと出来たはず。

このレビューはネタバレを含みます

自然と息がつまる映画。自分は思わず上映中ずっと息が止まってた。アイツ船長向いてねえよな…。
ragii

ragiiの感想・評価

3.4
ドイツのUボートに残った金塊をサルベージしようとする12人の野望を描いた海洋サスペンスアクション映画

乗り込んだ潜水艦がボロだったり、乗組員のイギリス人とロシア人で対立があったり、山分けする金塊の取り分多くしようと殺そうとしたり…

次々と色んな問題が矢継ぎ早に起きてって

起きる問題に立ち向かっていく様子や主人公の境遇にはグッとくるものはあるんだけど、

集められたクルーにあんまりプロフェッショナル感が無くてちょっとノレない。

潜水艦の様子や、心情の変化で微妙に立場が変わっていく脚本は良かったんだけどなー。

まぁなんにせよジュード・ロウはカッコイイ!
潜水艦モノはいつ見ても息苦しい~
最後は美談みたにしてるけど中々のダメ艦長だったなー
Miko

Mikoの感想・評価

2.0
可もなく不可もなく。
なぜ、ジュードはこれに出演したいと思ったのか?

一攫千金を目論みナチスの金塊を掘り起こそうとする男たちの話。
潜水艦で繰り広げられる男たちの野望。

チームを組み、金を稼ぐといったら、オーシャンズたちでしょう。
今回の彼らが仲違いした理由は色々あるだろうけれど、やっぱりクールさが無いし、連携は取れていないしで、彼らの中にプロフェッショナルを感じなかった。

設定上は素晴らしいと言われているけれど、金に目が眩んだとしてもあまりにお粗末な仕上がり。

……まぁ、B級からの脱出は出来なかったようで、可もなく不可もなく。
あー、こういうB級あるよね!的な作品。

ただ、やはり、ジュード・ロウさんの目力は半端なくて、泣き顔もくる物があった。
なぜ、ジュード・ロウさんはこれに出たんだろう?っていう疑問だけが残った。

ストーリー : ★★☆☆☆
映像 : ★★★☆☆
設定 : ★★☆☆☆
キャスト: ★☆☆☆☆
メッセージ性 : ★☆☆☆☆
感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆

cc/黒海に沈む金塊を探せ
おれだったらバルブのやつ、絶対間違える自信がある。

あれだけの金見たらそりゃ〜イカれるよね…

潜水艦の映画って…
まぁ〜こうなるよね…
YellTao

YellTaoの感想・評価

3.0
15年海軍に所属したロビンソン(ジュード・ロウ)は、その後に11年勤務していたサルベージ専門会社をクビになってしまう。
かつての同僚から、第二次大戦時に莫大な金塊を積みながら沈没したドイツ軍のUボートの話を聞き、12人の仲間を集め金塊引き上げに挑むことになった。

金塊を取るぞ!というような冒険物語ではなく、閉塞された空間での荒くれた男たちの思惑や争いのお話。

終始、狭く息苦しい雰囲気で、つい息を止めてしまう。
あまりにもロビンソンが報われなさ過ぎて…(涙)。でもラストは切なくも誇らしかった。

リアリティを追求するケビン・マクドナルド監督。海を"走る"錆びついた潜水艦や、ハッチの表現は唯一テンション上がった。
潜水艦物好きにはたまらないシチュエーション。
いい奴や嫌な奴が流動する見事なストーリー。
ラストも納得。
スッキリ観れる作品。
>|