欲動の作品情報・感想・評価

欲動2014年製作の映画)

TAKSU

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:97分

2.7

あらすじ

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中…

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中で発せられた千紘の「日本に帰りたくない」という一言をきっかけにユリと千紘の口論が始まり、看護師であるユリに対し千紘が吐いた「人の死に慣れたお前が嫌なんだ」という決定的な一言によってユリはその場を去ってしまう。  バリの広大なライスフィールドをさまようユリだが歩き疲れて座り込むと先ほどのカフェにいた日本人男性の木村がユリの傍に車を停め、気分転換にクタに行こうと声を掛ける。誘いに応じ、クタのナイトクラブへ。ユリは大音量で鳴り響く音楽と周りの雰囲気に圧倒され気後れするものの、次第に開放感を感じ始め、その表情には明るさが戻ってくる。そんなユリに地元ビーチのジゴロ・ワヤンが熱い視線を送るが、危うさを感じたユリはワヤンを避ける。するとクラブの通路では木村が地元の青年・イキと激しく絡み合っていた。思いがけない光景を前に魅入るユリ。そのユリの背後からワヤンが強引に彼女の体を奪おうとする。必死の抵抗で逃げることが出来たユリだったが、その心には怯えと共に突き動く欲動の感覚がはっきりと残っていた。 そして、翌日、ユリは千紘とのわだかまりを未だ感じながらもワヤンは再び出会うことになる。

「欲動」に投稿された感想・評価

バリ島と斎藤工って事で見た。
産まれる命と消えゆく命って感じで
こんな事言いたいんだろうなぁってのは
何となく分かったけど
絡みのシーンが長くて
視聴者はこれを見たいんでしょう〜?!っと言わんばかり、な感じがちょっとなぁと思ってしまったのは…
ひねくれてるのか??

ケチャダンスに何か意味があるのかと調べて見たけど、特になさそう〜。

バリ行きたかっただけ?
斎藤工のエロいところ見たかっただけ?
Nanase

Nanaseの感想・評価

2.5
バリ島の情景を存分に活かして撮影してる。
死期が近づいた人とそのパートナーの不安定な心の動きを中心に描いている。
三津谷葉子の纏う雰囲気に惹かれた。
この人が出演してる映画もっと観てみたいかも!!
まあ、得るものは少ない。
サトウ

サトウの感想・評価

2.5
バリは良かった(笑)バリの紹介Vかな??(笑)

映画自体は溶け込めやすい演技の仕方で良かったけど内容は何が伝えたいのかよくわからなくてイマイチ。最後もちょっとがっかり。

杉野希妃さんの映画を諸事情で見て見たかったので見たが一度見ればもういいかなって感じ。
KR

KRの感想・評価

2.0
バリの雰囲気が美しい。バリの観光PR映画でも通用する。
もちろん日本人たちが住み、観光に来る程度の場所だから、綺麗な建物でメンテナンスも行き届いており、他の景色も美しい空や緑、海ぐらいしか映されない。
ただ治安の悪い場所は登場する。というか本人の軽率な行動も要因しているが。

夏に観たが、さらりとした布地の服で風に吹かれている彼らの様子はとても涼しげ。
観るなら蒸し暑い日がお薦め。
もちろんバリ旅行前にも。
ユリと夫のチヒロは、チヒロの妹・九美の出産が間近に控えたことを受けて、インドネシアのバリ島にやって来る。
チヒロは心臓に重い病を抱え、心配する看護師のユリに対して怒りをぶつけてしまう。
その場を後にしたユリは、声を掛けてきた日本人の木村と行ったナイトクラブでジゴロのワヤンと出会い、ワンナイトを過ごす。


死に向かっていく恐怖を看護師の妻にぶつけ八つ当たりし、それに怒った妻はクラブで知り合った男とワンナイトを過ごすが、やっぱりチヒロが大事で愛していると再認識する。
家に帰ると妹が出産するところで、ひと段落ついたところで、チヒロがベッドで休んでいるところを襲おうとする。
それに気付いたチヒロはユリを求め愛し合う。
だがその後、心臓に病気を抱えているチヒロにとって性行為は命取りで、発作が起きる。無事だったものの死への恐怖を改めて思い知らされた。
ラストは海に入るチヒロがだんだん遠ざかっていった。


むだに民族音楽が多く、こんなに必要ないだろうくらいの音楽シーンがあるが、たぶん必要ない。
セックスも演技すぎて魅力ゼロ。
結局なにが言いたいの?
心が痛くなる作品。

死を近くに迎えないとわからないかもな。

現実とリンクして辛かった。
s

sの感想・評価

2.5
動画
・最初スマホ壊れたかと焦ったw民族舞踊の音だったw
・台詞殆どアドリブ?自然重視なんだろうけど雑音で台詞が…
・結局夫はどこで死ぬの?
Akiyo2

Akiyo2の感想・評価

2.2
評価が分かれるみたいだねー。
個人的には、なんじゃこりゃー、だった。バリロケはいいと思うんだけどな。
自然のままに…思うがままに…

記録映画に自然な芝居が
吸い込まれたような映画だった!

地味な展開が続く映画ながら、
最初の食卓シーンの自然な感じなど
見所は多い作品だと思う!
osato

osatoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

欲動…か。
『心を突き動かされる素直な欲望』っていう感じがした。

死を目前にして妻からの欲動を望んだ夫と、理性を捨てきれずにいた妻。

『誰かに求められていた。愛されていた。』っていう…自分が生きていた証みたいなものを感じながらこの世を去りたい。と焦れる主人公の気持ちがよく伝わってきた。

奥さんは、ずっと強がっていたのかな。
でもさ、命が消えかかっている人間に
『死んで欲しくない』ってワーワー泣きついて
相手を求めるってなかなか出来ないよ……………

ジゴロとの関係があったり新しく産まれてきた
生命を間近で見たりと。
そうやって感化されて、やっと理性が捨てられたんじゃないかな。

なので…あの夫婦にとって、お互い納得のいく最後だったと思えた。爽快だった。

ラストシーンの海は…人間はいつか自然に還るってのが連想できて、まぁよかったです。

私個人としては斎藤工が観られたので、それだけで満足だけど♪笑

映画の内容そのものも悪くはなかった。
>|