欲動の作品情報・感想・評価

欲動2014年製作の映画)

TAKSU

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:97分

2.7

あらすじ

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中…

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中で発せられた千紘の「日本に帰りたくない」という一言をきっかけにユリと千紘の口論が始まり、看護師であるユリに対し千紘が吐いた「人の死に慣れたお前が嫌なんだ」という決定的な一言によってユリはその場を去ってしまう。  バリの広大なライスフィールドをさまようユリだが歩き疲れて座り込むと先ほどのカフェにいた日本人男性の木村がユリの傍に車を停め、気分転換にクタに行こうと声を掛ける。誘いに応じ、クタのナイトクラブへ。ユリは大音量で鳴り響く音楽と周りの雰囲気に圧倒され気後れするものの、次第に開放感を感じ始め、その表情には明るさが戻ってくる。そんなユリに地元ビーチのジゴロ・ワヤンが熱い視線を送るが、危うさを感じたユリはワヤンを避ける。するとクラブの通路では木村が地元の青年・イキと激しく絡み合っていた。思いがけない光景を前に魅入るユリ。そのユリの背後からワヤンが強引に彼女の体を奪おうとする。必死の抵抗で逃げることが出来たユリだったが、その心には怯えと共に突き動く欲動の感覚がはっきりと残っていた。 そして、翌日、ユリは千紘とのわだかまりを未だ感じながらもワヤンは再び出会うことになる。

「欲動」に投稿された感想・評価

osato

osatoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

欲動…か。
『心を突き動かされる素直な欲望』っていう感じがした。

死を目前にして妻からの欲動を望んだ夫と、理性を捨てきれずにいた妻。

『誰かに求められていた。愛されていた。』っていう…自分が生きていた証みたいなものを感じながらこの世を去りたい。と焦れる主人公の気持ちがよく伝わってきた。

奥さんは、ずっと強がっていたのかな。
でもさ、命が消えかかっている人間に
『死んで欲しくない』ってワーワー泣きついて
相手を求めるってなかなか出来ないよ……………

ジゴロとの関係があったり新しく産まれてきた
生命を間近で見たりと。
そうやって感化されて、やっと理性が捨てられたんじゃないかな。

なので…あの夫婦にとって、お互い納得のいく最後だったと思えた。爽快だった。

ラストシーンの海は…人間はいつか自然に還るってのが連想できて、まぁよかったです。

私個人としては斎藤工が観られたので、それだけで満足だけど♪笑

映画の内容そのものも悪くはなかった。
Emi

Emiの感想・評価

2.0
バリでの話。
ストーリーがよく分からなかった。最後も意味が分からない。
バリ島で出産する妹に立ち会うために、夫婦でバリに向かう。
バリ舞踊はすごいけど、そのシーンはそんなにたくさん必要か?ってぐらい流れる。

心臓病でいつ死んでもおかしくない夫と、看護師で人の死に慣れていて、それが夫を苛立たせる妻。

最後のシーンもよく分からんかったし、これは斎藤工を見る映画。

「いなくなるのは、自然なこと」
バリ(インドネシア)を舞台に、物凄く丁寧に撮られている芸術性高い映画である。
製作者にも名を連ねている監督は、杉野希妃監督。

風景が美しい、インドネシア独特の祭り(というか踊り)が新鮮、その踊りの時の音楽もなかなか聴けない印象、そして何より人間同士の営みの描き方が素晴らしい。

セリフもなかなか良い。
バリにやって来た夫(斎藤工)が妻(三津谷葉子)に言う「おまえのその『死に慣れてる感じがイヤ』なんだよ」なるセリフが印象的。
また、妻(三津谷葉子)が「(夫が居なくなると言っているときに)居なくなるって何だろう?」と呟けば、現地の男は「居なくなるというのは自然なことだよ」というのも、人間の真理を突いた言葉だと思った。

素晴らしい映画であった。
らいと

らいとの感想・評価

2.9
そうねぇ。
どうだかねぇ。
面白くも、良くもない。
体当たり度は良いけど、何だかなぁ。
という感じ。
クロキ

クロキの感想・評価

2.5
「僕は、もうすぐ死ぬんだ…だから全てどうでも…誰にも指図されたくない…」的なやさぐれかまって厨二ぼっちゃんと
、そんなに冷たくされたら他の男とヤるビッチな女
いや、エロいけどさーエロいのはいいんだけどさー…


気持ちわるいわ。

赤ちゃんの髪の毛が生えすぎてるせいで時が流れてるのか金がかけられなくてキャストの選考が甘いのかムダな思考が生まれるし、
いや、エロいけどさー
aconomusi

aconomusiの感想・評価

2.0
バリ舞踊、ケチャが良かった。バリと言えば、ジゴロで、イエローキャブ。ジゴロとセックス?遊びと本能。本能のままのセックスと、生。出産と死と隣り合わせの主役。斎藤工の作品は、あまり見たことがなかったけど、表情、演技が淡々としていて魅力がよく分からなかった。死に向かう自分が受容できず、ひねくれた台詞もあったけど‥何が言いたいのかラストの海のシーンもよめなかった。

このレビューはネタバレを含みます

絡みシーンが長すぎてAVかと思った。
三津谷葉子と斎藤工の色気がすっごい。
会話や雰囲気は自然な感じでいい。
人間の生死や理性と本能・性など扱う内容は深いが、ストーリーは面白くない。

「お前の、人の死に慣れている感じが嫌だ」
「いなくなることは、自然なこと」
のセリフが印象的だった。

バリ旅行に行く時にバリの予習ということで見たので、ケチャダンス、バリの雰囲気や世界遺産の建物などを事前に観れたのはよかった。
まい

まいの感想・評価

1.5
斎藤工のアナザースカイ in バリ

そう感じてしまうほとバリの雰囲気と斎藤工のラフな雰囲気がマッチしていた前半。私はどちらかというと、ゆっくり静かに流れていくのか苦手なタイプなので、途中から、いや始まってすぐに飽きてしまいました…
バリの民謡の踊りみたいなのと歌をなくしたら15分位は時間短縮できたよねww
そしてラストは何が言いたい、、、バリの民族の歌、海。はえ((;゚Д゚)))?斎藤工は自然にかえったってことか?
miyu

miyuの感想・評価

-
雰囲気と演出は嫌いじゃないけど、長回し多いし退屈だし面白くないし内容も好きじゃない。女性を侮辱し過ぎだと思ったら監督女だったけど何がしたいの。
>|