欲動の作品情報・感想・評価

欲動2014年製作の映画)

TAKSU

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:97分

2.8

あらすじ

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中…

勢津ユリ(三津谷葉子)とその夫・千紘(斎藤工)は臨月を迎えた千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産に立ち会うため、バリを訪れた。  異国で出産する九美にとって兄がバリまで来てくれたことは嬉しく、また看護師であるユリの存在も心強かったが、その一方で心臓に重い病を抱える千紘にとってこの旅は危険を伴うものだった。  九美の夫・ルークを含め4人でバリ観光を満喫していたが、立ち寄ったカフェで何気ない会話の中で発せられた千紘の「日本に帰りたくない」という一言をきっかけにユリと千紘の口論が始まり、看護師であるユリに対し千紘が吐いた「人の死に慣れたお前が嫌なんだ」という決定的な一言によってユリはその場を去ってしまう。  バリの広大なライスフィールドをさまようユリだが歩き疲れて座り込むと先ほどのカフェにいた日本人男性の木村がユリの傍に車を停め、気分転換にクタに行こうと声を掛ける。誘いに応じ、クタのナイトクラブへ。ユリは大音量で鳴り響く音楽と周りの雰囲気に圧倒され気後れするものの、次第に開放感を感じ始め、その表情には明るさが戻ってくる。そんなユリに地元ビーチのジゴロ・ワヤンが熱い視線を送るが、危うさを感じたユリはワヤンを避ける。するとクラブの通路では木村が地元の青年・イキと激しく絡み合っていた。思いがけない光景を前に魅入るユリ。そのユリの背後からワヤンが強引に彼女の体を奪おうとする。必死の抵抗で逃げることが出来たユリだったが、その心には怯えと共に突き動く欲動の感覚がはっきりと残っていた。 そして、翌日、ユリは千紘とのわだかまりを未だ感じながらもワヤンは再び出会うことになる。

「欲動」に投稿された感想・評価

C

Cの感想・評価

-
現地の踊りと歌のシーンがムダに長くてテンポが悪い。編集がよくないと思う。
atom

atomの感想・評価

-
ちょいちょいロングカットの様子が自然でよかった
会話どれも自然だしカメラワークもこだわってる感じ
三津谷葉子がえっろい
りえ

りえの感想・評価

2.0
セックスすることで生を感じたいってかんじ?主人公が甘ったれちゃんで好きになれなかった。
GoYam

GoYamの感想・評価

2.1
いつ死んでもおかしくないという設定の
生に満ち溢れた主人公(斎藤工)で初っぱなから感情移入できず
この手の死にそうな人がててくる話はだいたい元気すぎてうんざりする
死にそうな人とビッチとジゴロとゲイと妊婦なんかのお話
内容はない

バリでのお話なんだけど
無駄にバリ住民の踊りや歌があって意味不明
これ無くせばあと20分は短くできたはず
mana

manaの感想・評価

3.0
精神を解き放つ場としてバリ島は最高の島だと思うけれども、出てくるバリ文化は少しばかり浅く表面的に見えてしまった。
生と死という日々過ごしていると忘れてしまう当たり前の事を忘れずに生きること、そして最後は自然に還るのだと示唆している。
りま

りまの感想・評価

2.5
夫婦愛がテーマというよりも、
女が持つ男以上の”性の奔放さ”を感じる映画であった。後悔や驚き、悔しさは愛されたい本能へ流れゆく、女の浅ましさとあざとさ。
女が存在していること、それはそこにセックスが存在していることと同義だと思う。
Hinanoxxi

Hinanoxxiの感想・評価

3.0
バリの自然や文化、あの雑踏とした街が、人間の素直な欲をさらに浮き彫りにしている。それが合わさって、あまり見たことのない不思議な雰囲気を醸し出す映画。
飾るわけでも、人生って素敵って謳歌するわけでもない。人間は生きて、死んでいくそんなような当たり前を改めて気づかせてくれる
クラゲ

クラゲの感想・評価

2.8
読書ノート[5]

「欲動」観た。

バリ島とSEXと珈琲。

オサレエロだなーって観てたら、ラストが怖くて驚いた。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

1.9
あまり期待してなかったけど、
それでもう〜んな感じ。
斉藤工の背中が肌荒れしていて
凄く気になった(笑)
バリ(インドネシア)を舞台に、物凄く丁寧に撮られている芸術性高い映画である。 
製作者にも名を連ねている監督は、杉野希妃監督。 

風景が美しい、インドネシア独特の祭り(というか踊り)が新鮮、その踊りの時の音楽もなかなか聴けない印象、そして何より人間同士の営みの描き方が素晴らしい。 

セリフもなかなか良い。 
バリにやって来た夫(斎藤工)が妻(三津谷葉子)に言う「おまえのその『死に慣れてる感じがイヤ』なんだよ」なるセリフが印象的。 
また、妻(三津谷葉子)が「(夫が居なくなると言っているときに)居なくなるって何だろう?」と呟けば、現地の男は「居なくなるというのは自然なことだよ」というのも、人間の真理を突いた言葉だと思った。 

素晴らしい映画であった。
>|