海辺の生と死の作品情報・感想・評価

海辺の生と死2017年製作の映画)

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:155分

3.4

あらすじ

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲…

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。 母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・。

「海辺の生と死」に投稿された感想・評価

てりり

てりりの感想・評価

4.2
生き生きと思い歌い動く満島ひかりをみるだけで、躍動感や思いの激しさを感じないではいられない好作。生きてるだけで人に価値があると感じられる世界がそこにある
きすけ

きすけの感想・評価

3.0
女子の恋心とは。
満島ひかりが永山絢斗を見送った後に一人で踊るシーンが可愛い。
典子

典子の感想・評価

3.3
満島ひかりを観たくて鑑賞。
彼女の演技力と魅力が存分に発揮されていたと思う。

ただ、テンポがゆっくりすぎて、途中長く感じた。
kaname

kanameの感想・評価

1.0
太平洋戦争末期の奄美を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊の隊長と国民学校の女性教師が恋に落ち結ばれるまでを描いた物語。

戦争ドラマとしても、恋愛ドラマとしても、共に薄くて中途半端な内容なので興味の持続が難しい…

全てが冗長でクドい…正直、苦行のような2時間半だった…
ずん

ずんの感想・評価

3.7
この映画の魅力は満島ひかりの魅力そのもの!!
島唄や島の方言がとても良き!!
この映画を観た方が良いというよりは、この満島ひかりを絶対に観た方が良い!!という作品!!
yuko

yukoの感想・評価

3.0
満島ひかり美しい。満島ひかりのための映画。長回しが多いからちょっと間延びするけど戦時中の日常が感じられる
加計呂麻には沢山の戦跡が残されているけれど、やっぱり今の穏やかな島からは想像出来なかった。
「早く八月になればいいのに」という言葉に観る側は更に意味を付け加えてしまうから余計に締め付けられる様な気持ちになる。
何度もゾッとするくらい満島ひかりの演技が鬼気迫るものだった。
tenpl

tenplの感想・評価

4.1
島と島唄と方言 一言一言がすごく綺麗で重い 満島ひかりの演技が神がかってる
Tak

Takの感想・評価

3.2
島に来た兵隊と島の娘が恋に落ちるというありふれた話。
おまけに150分長の冗長さ。
満島ひかりファン以外は見なくていいと思う。逆にファンなら見逃せない作品。

全編この作品への並々ならぬ想いが漲る。
まさにナチュラルボーンアクトレス。
終盤の海辺の長回しシーンなんかは彼女が凄すぎて、永山の芝居が下手くそに見えて仕方ないほど。
カズマ

カズマの感想・評価

3.5
昼と夜、明と暗が交互に静かに繰り返されて行く。
戦争映画を観る度に思わされる。死 が余りにも近くにあった時代。想像もできない程、様々な感情が、全て 生 として浮き出てくる。
死 を遠ざけてしまった現代人にとって、本当の 生 とは何か。
>|