海辺の生と死の作品情報・感想・評価・動画配信

海辺の生と死2017年製作の映画)

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:155分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「海辺の生と死」に投稿された感想・評価

lily

lilyの感想・評価

5.0
島尾敏雄氏の私小説「死の棘」、
加計呂麻島の風土から
時代を遡っての本作鑑賞。

これらの伏線が存分に生かされ、
ああ、こうやってこの夫婦は狂っていったんだなと思わせる要素も多く演出されている。

ぜひとも加計呂麻島に親しんで、
「死の棘」を鑑賞または読了してから
本作を鑑賞されることをオススメします。
もちこ

もちこの感想・評価

3.2
私は命令されることはなんともないけど、命令することは苦痛です。
まるで敵からも見放されてしまったのですか
akrutm

akrutmの感想・評価

3.7
太平洋戦争末期の奄美群島の島を舞台に、特攻隊長として島に赴任してきた男性・朔と、島の国民学校で教師をしている女性・トエの、切なくて辛い恋愛を描いた、越川道夫監督のドラマ映画。

島の子供たちと仲良く接する隊長の軍人らしからぬ姿にトエは好意を抱き、未来のない刹那的な恋愛だと知りながらも、二人は恋に落ちていく。沖縄出身の満島ひかりのための映画と言っても過言ではなく、トエの心情を全身で表現した彼女の熱演は素晴らしい。ただし、日本語ネイティブでない人が日本語をしゃべっているような彼女の喋り方にちょっと違和感を感じた。奄美のほうではあのような喋り方をするのかもしれないが。

戦時中の悲哀を描いている点では本作を戦争映画と見る向きもあるだろうが、そのような見方は本作の本質を捉えきれないように思う。主人公の男女のモデルは、小説家の島尾敏雄・島尾ミホ夫妻である。原作は島尾ミホの同名短編小説や島尾敏雄の小説『島の果て』(作中の二人の名前はこの小説に由来する)であるが、何と言っても島尾敏雄を言えば『死の棘』という有名な私小説を考えずにはいられない。そこで描かれている敏雄の不倫に激怒・紛糾して、しまいに発狂してしまうというミホの人物像が、本作のトエにも反映されている。そのことを知って本作を見ると、トエのどこか狂気じみた振る舞いが腑に落ちるのである。もちろん満島ひかりもこのことを踏まえた上で役作りをしている。

本作で描かれている出会いから、島尾夫婦の半生を描くような作品を考えても面白いのかもしれない。
ソラノ

ソラノの感想・評価

3.4
島の小学校教師と、特攻の為に島へ駐屯している隊の隊長との恋物語
戦中の沖縄を舞台に特攻隊の中尉と島の学校の先生が恋するお話

「私は命令されることはなんでもないけれど、命令することは苦痛です」
浮らゐ

浮らゐの感想・評価

4.5
島の空気、音、自然、人、全て本当だった
目前の死が、愛を、魂を一気に燃え上がらさせる
死こそ、生の源であり、表裏一体
ュー

ューの感想・評価

3.8
いやぁぁぁ見てよかったああ。。
こういうの大好きだなぁ、やっぱり…

とにかく戦争は絶対にダメです。
昔の女性のなんと強いこと。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.4
哀しいかな、戦争映画は旬(不謹慎な言葉しか思い付かず)だね

ただ、長すぎる…
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

3.3
満島ひかりってヌードになっても
痩せてるからかいやらしさとかナイんだけど
なんだろあの不思議な色気は?

魅力的な女優さん^_^
seckey

seckeyの感想・評価

-
満島ひかりの吸引力の凄さよ。2時間半ペロリだよ、全然退屈しなかった。最長4時間の愛のむきだしに次ぐ長さだけど、満島ひかりがいれば何時間だって観ていられる。
.
人生とは人とは、誠に滑稽で可笑しくて可笑しくて、眠かったり腹が減ったりしては戦は出来ませんしね。諸行無常の残酷さ、人の逞しさゆえの美しさたるや、恐ろしゅうございます。
>|

あなたにおすすめの記事