海辺の生と死の作品情報・感想・評価

海辺の生と死2017年製作の映画)

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:155分

3.4

あらすじ

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲…

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。 母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・。

「海辺の生と死」に投稿された感想・評価

きむら

きむらの感想・評価

3.3
着崩れた着物姿の満島ひかりが奄美民謡歌ってるのエモい、という映画。。
原作を読んでみようかと思ってる。
海を渡るシーン、すごかった。
満島さんがものすごく体張った作品なんじゃないか

ちなみに、この主演の2人が本当にそういう関係だなんて知らないで観たもんだからびっくり。

逆に二人共、すごい。
nokoko

nokokoの感想・評価

2.9
満島ひかりのお芝居を観るための映画だった。
感情爆発させる動のお芝居と、この作品のような、内側に秘めるお芝居と、どちらも魅力的だと思うが、
ちょっと全編見るのは疲れてしまった。

その理由が、映画を通して声が聞き取りづらいところにあるのか、1つ1つの動作がゆったりしたものから来ているのか、他の要素なのかは分からない。

良くも悪くも、島のゆったりとした時間の流れを感じた。
a.

a.の感想・評価

2.5
満島ひかりさんには星5つ。
お話は長いうすい不要なシーンがおおい。
 島尾敏雄の妻、ミホが書いた原作の映画化。
 奄美の自然がすばらしい。ロングショットの多さは、それを見せるためだろう。
 また、シマの言葉をそのまま使っている。唄も含め、標準語に「吹き替え」しないのも監督の意図だ。
 何より、監督の「戦争時のロマンスを美しく描きたくなかった」という発言を見たあとは、この映画の意味が違ってきた。
 そのままのシマと文化を描き、見てもらうということなのだろう。
 そう思うと、いろんなものが感じられ、印象に残る作品になった。
 ゼロ戦の空軍特攻でない、海軍特攻を描いているところも、興味深い。
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
とても静かな戦争映画…そして…静かだけど激しい「愛」の映画…。

戦争末期の離島…
女性は教師、男性は特攻…
出会ってはいけない2人だったかもしれない

でも…「運命」だったのかな…「運命」だったんだな…

残酷…むごい…苦しい…胸が詰まる…と…
後半に向かうにつれ…緊張感が高まった…

…戦争の厳しい描写はほぼないけれど…
何が起こっているのかは…分かる…(涙)

とても静かで、丁寧な作り
だから…言葉(台詞)の一言一言が…「重たい」…そして「美しい」

「戦争」=「死」…と考えてしまうけれど…
私は…良いんだよ…って…2人に伝えたい…*

劇中の島の「歌」が…素敵だった…♡
「親より先に逝くなよ」の言葉にも…涙…(涙)

満島ひかり…凄い女優さん…♡
…「想いを寄せる人」に逢いに行く時の女性…綺麗だった…

永山絢斗…優しい語り口が…印象的…♡

…「島」には…守り神が…いるのかな…
ふくろうの鳴き声
波の音
…耳に残る…

そして…2人を「繋いだ」「結んだ」…
「手紙」…(この「手紙」を届ける兵隊さんも…素敵だった…)

最後の4文字…を見たときに…
ふぁ、ふぅ…とため息が出た…力が抜けた…

長い作品だけど…あっという間だった…*
見応えがあった…*

良い作品だな…と思う…(o^^o)

このレビューはネタバレを含みます

大坪が朔の手紙をトエのもとに届けに来る。
その手紙には、元気デス、と書かれていた。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

2.6
戦争中いかに人々の心は平穏ではないかとゆう面では興味深かったが、声が聞きづらいことも含めてちょっと入り込めなかった。

午後の日差しの中では不安にならなかったことが、夜の暗闇の中では恐るべきものに変化してしまうような雰囲気です。
yrk

yrkの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

永遠の別れ(ではなかった、その時は)を悟った最後の夜。平然を装う隊長さん(永山絢斗さん)と、取り乱さないと言ったけど保てなかったトエ(満島ひかりさん)。自然に涙が出た。
当時のことを想像も出来ないけど、すぐに別れがくると分かっていても惹かれるあって、求めあう。
隊長さんが去ったあと、面影や温度をも逃さないような、一粒も漏らさないように、砂を抱え込む姿が印象的だった。
二人の演技に拍手!
#043
満島ひかりありきの作品。
生々しさが足りず入り込めなかった。
>|