海辺の生と死の作品情報・感想・評価

海辺の生と死2017年製作の映画)

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:155分

3.4

あらすじ

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲…

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。 国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。 母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・。

「海辺の生と死」に投稿された感想・評価

やすす

やすすの感想・評価

2.9
満島ひかりだから、と言ってなんでも見るもんじゃないのはわかってる。
いくら満島ひかりでも長回しは苦手だなぁ…
K

Kの感想・評価

-
カタツムリでも眺めているようなのんびりした流れと、素朴が過ぎる会話にちょいちょい挟む子守唄。

寝さす気かー!!

と途中で断念。
mao

maoの感想・評価

2.0
最近観た中で最も退屈。なんで2時間半もあるの…寝た。この撮影中は恐らく付き合ってたんだよね、多分
Rina

Rinaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

加計呂麻島が舞台。

島に行きたいけど行けなくて、景色を見てみたくて鑑賞

奄美の話を聞きながら見ていたので矛盾も感じつつ、、

その昔、島では島口で話すことは許されていなかったらしい。
子供が方言を使うと叩かれるほどだったとか…(都会に就職で出た際に通じなかったり、馬鹿にされるため幼少期から教育されていたらしい)

なので、いまの50〜60代の人は方言を話せる人と、全く話せない人に分かれるらしい。

なので学校で先生が島口で話すなんてもってのほか、、


隊長さんとの海辺のシーンはたっぷりと時間を使い、満島ひかりの演技力と、島の美しさを存分に見せつけられる感じ
(夜から明け方にかけてのシーン)

素晴らしい。


ただ、また集中力が欠けていたため、内容はあまり入ってこなかった 笑
kabcat

kabcatの感想・評価

3.8
第二次世界大戦末期の男女の一途な恋愛を描いているようだが、ほんとうの主役はこの二人を取り巻く島のように思われ、長いカットやゆっくりとしたセリフ回しが当時の島の時間の流れを想起させて心地よく感じられる。ひんぱんに挿入される島のことばや歌もよい。キャスティングもみなぴったりだが、やはり満島ひかりが秀逸。隊長さまへまっすぐに飛び込む姿もよかったが、子供たちと一緒にいるシーンがどれもすばらしい。それから(戦時中にあんな衣装持ちでいられるのかなあとは思ったけれど)トエの服装は和洋問わずどれもかわいらしいです。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
ゆっくりとした展開、おっとりとした会話で流れていくが、海辺での現実がまさに生と死。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.6
島尾敏雄・ミホ夫妻の、メルヘンの如き純愛譚。
ミホ『海辺の生と死』、敏雄『島の果て』『出発は遂に訪れず』等の作品を基に描かれた、ある意味、実録ドラマです。
現実では、この後2人は結婚し幸せな蜜月期間を経て、あの壮絶な『死の棘』の世界に踏み込むわけで、そう思って見ると色々感慨深いものがありました。
潮騒、熱帯植物、梟の鳴き声、沖縄民謡、人間魚雷、空襲‥。ヤポネシアの神話世界と敗戦直前の日本の焦燥が絡まり合う不思議な空間を、多分、現時点で可能な限り描いた労作だと思います。
特に満島ひかりの方言は、まるで「スリムクラブ」の漫才(?)を聞くような心地よいリズムで、沖縄出身とは言え、恐るべき演技力でした。また永山絢斗も好きな男優で、私的には適役だと思いました。映画の終盤、海岸近くの茂みで永山が「静か過ぎる。まるで敵にも見放されたように」と呟くのですが、過酷な戦いの中で、一瞬、時が止まったかのようでした。大好きなシーンです。
そう言いながら評価がもう一つ上がらなかったのは、やはり上映時間の長さ。2時間35分はちと長過ぎ。1時間半ぐらいでいいんじゃない、と言ったら言い過ぎですかねぇ。
PS①: 知らなかったのですが、永山絢斗の実兄は瑛太でした。ということは、義姉が木村カエラですな。絢斗君は、コールドケース日本版で吉田羊刑事の頼りない相棒役が良かった覚えがあります。
PS②:
島尾敏雄は『死の棘』の印象が強くドロドロ夫婦小説の大家のようですが、実は、遠藤周作、吉行淳之介等が尊敬する戦後文学の旗頭で、シュールレアリズム、風俗小説、私小説等各ジャンルで優れた作品を残したオールラウンドな文豪です。
そして彼が挙げた好きな言葉は、若かりし私に強い印象を残しました。その言葉は「傷ついた葦を折らず、くすぶる灯心を消さない」という聖書マタイ伝の一節です。妻ミホとの地獄の夫婦生活を体験した末に辿り着いた、彼の偽らざる心境を表わしているような気がして、心に沁みました(と、映画に関係ない話ばかりでスイマセン!)。
赤間

赤間の感想・評価

3.6
満島ひかり目当てで見た
ワンカットがかなり長いから普段テンポの良いアクション映画とか好きな人は苦手かもしれない
映画全体に流れる夏の気配と満島ひかりの存在感は最高なので好きな人には自信持っておすすめできる
はま

はまの感想・評価

3.0
常にうっすら笑うような喋り方の満島ひかりと、これまた常に独特な間の永山絢斗が違和感たっぷりに実在の男女の出会いの頃を演じている。
酷いです、この映画

おそらくカット割りが出来ないのでしょう
ワンシーンがだらだら長く、それが積もりに積もって2時間半を超えてしまいました
中身は空っぽ
セリフも文章を読んでいるようで硬く不自然で長いです

主人公二人は幼稚に乳繰り合ってるだけで全く共感できません
心理も葛藤も全然見えてこない
色褪せた風景画のようです

戦争を題材にした邦画はたくさんあります
名作も多いのでこんな作品は見なくていいです
>|