谷川さん、詩をひとつ作ってください。の作品情報・感想・評価

谷川さん、詩をひとつ作ってください。2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:82分

3.4

「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーならではの
映像だから、
眠くなっちゃう人も多いかな。

詩はそんなにすごいもんじゃ
ないんですよ、
と語る谷川さん素敵。
救うとかすごい力はないけど 
視点を変えるような微小な力は
確かにあるんですって。

あたしも詩が好きだから、
わかるなって感じた。

被災地のことわすれちゃいかん、
考えないかん、って
福島の高校生の言葉から思わされた。
nobikko

nobikkoの感想・評価

2.5
最後のわぁーーーっとなるところはよかった。
谷川さん、好き。
物心ついた時から気になっている。
人生で会いたい10人の1人。
SongofLF

SongofLFの感想・評価

4.0
大好きな詩人のひとり、谷川さん。

「ぼくは、詩というものを信じていないんですよ」
っていう 詩人。

生き方、生きざま。
それとも、光。
詩、が出来る瞬間、はちょっと分からなかったかもです。。。
でも、観られてよかったです。
それぞれのエピソードは観応えありました。
2015 名古屋シネマスコーレにて。
さちこ

さちこの感想・評価

2.7
@mylove_vanilla:
映画「谷川さん、詩をひとつ作ってください」。詩はどこから生まれる?日常から、作家の頭から。谷川さんの詩が溶け込む日常を取材し、詩と日常の接点を洗い出す映画…という感じ。詩は崇高なもの、と思い込んでいたので、「きっちり詩を読むか」、というキッカケをくれた作品。
ちなみに、少し寝てしまった…穏やかな映画で、つい。
各地の人のドキュメンタリーと、谷川俊太郎の詩は良かったのだけれえど、出だしの説明が蛇足。
現代における詩人の役割というのは難しい。インターネットの世界を見ても、BLOGやTwitter、FacebookにLINEと、言語の違いはあるものの、世に言葉が氾濫している。ネットがなかった頃に比べ、素人も含め、たくさんの人たちが日々言葉を生み出し、それを全世界に向けて当たり前に発信している。しかし、考えてみると、その言葉1つ1つはよく考え、練られたものなのだろうか。言葉は人の心を動かし、行動を起こさせる。ある言葉は人を傷つけ、深い悲しみにも落とさせる。昔から、人は言葉で人に物事や感情を伝えようとした。言葉がありふれた社会で、感情よりも言葉が先行し、逆に、そこに秘められるべき心が置き去りになっているようでならない。情報が瞬時に伝わる今だからこそ、言葉によって、私たちの心は逆に貧相になっているのかもしれない。

僕もこのBLOGを書いていて思うのですが、映画作品や本を読んだとき、旅行でいろんな場所にいったときや普段の何気ない光景でも、感動した瞬間の、心に浮かぶ、もやもやとした想いをストレートに言葉に落とすことは至難の業です。素直に感動した、、と書いても、その感動はAという作品で出会ったものと、Bという作品で感じたことはもちらん違う。じゃあ、論理的に書こうと思って文章を並べ立てると、言葉は自分の想いとは裏腹にあらぬ方向に走りだす。誤字脱字む含め、結局出来上がった文章というのは、自分の想いを20%も表現できていないことが多々ある。文章力のなさというのにも愕然とするけれども、それ以前に想いと言葉はリンクするものじゃないという認識を、文章を受取る側も理解する必要があるかもしれない。情報社会の今だからこそ、逆にこういう心や国語みたいな研究というのはなされて然りなのじゃないかと思いました。

と、また関係のないことから始まっていますが、、、この映画は、現代を生きる詩人・谷川俊太郎の、詩を生み出す力のようなものを取り上げたいという動機から始まっています。でも、谷川さんも本作中に仰っていますが、上記したとおり、人が言葉を生み出すプロセスは内在的なもので映像に収められるものじゃない。だったら、私たちの周りで生きる人たちが、谷川さんの詩に触れることで何が見えてくるか、それを追うことで、人が言葉に触れる瞬間の言葉の意味合いを追おうとしたドキュメンタリーになっています。

本作の狙いは壮大ですが、果たして、映画当初の狙いが100%実現できているかというと、それはすごく難しかったのではないかと思います。ドキュメンタリーで追っている1つ1つのエピソードはどれも興味深く、人間の生み出すドラマというか感情みたいなものは表面からは分からないものだなーと思うものの、それが全体として詩とどう結びつくものかは分からなかった。ただ、谷川さんの詩はエピソードとはつながらないまでも、もっと大きな視座で私たちの生き方を包含するように書かれていて、それが逆に凄いなと感じました。普段は感じないけど、やはり詩の存在というのは私たちの根底に必要なものなのかもしれません。
ika

ikaの感想・評価

5.0
今年上映された中で1番観れて良かったのは、この映画かも。
詩となる言葉が生まれる瞬間を映像化しようという試みで、それは見事でした。

あとXメンのフューチャー&パストとか、良かったね。