波のした、土のうえの作品情報・感想・評価

波のした、土のうえ2014年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:67分

4.0

「波のした、土のうえ」に投稿された感想・評価

nagashing

nagashingの感想・評価

4.0
記憶と復興の間で引き裂かれる被災者の声が、被災地の風景に複層的なイメージを浮かび上がらせる。遺品の衣服をあつかう儀式のような所作に畏まり、生々しく首をもたげるショベルカーの不気味さとパワフルに土山を降らせるベルトコンベアの威圧感に慄く。モニター越しに映っていた犠牲者の往時の映像が、本編の一部に組み込まれる短い時間、隔たりがひとつ消失することで彼らの生が(そして死も)真に迫ってくる。語彙や文体が統一された瀬尾夏美の特徴的なテキストが、複数の声を代弁させるのに適当なのかは疑問。花のように降る雪は『河内山宗俊』に匹敵するレベルで儚く美しかった。
KT

KTの感想・評価

-
うまく言葉に出来ないけど、
鑑賞中、深い所でずーっと感動しており、そしてずっと悲しい。

あと個人的にカメラが上手いってこういうことだと思うんです。
言葉もだけど。
yuki

yukiの感想・評価

-
震災復興のための嵩上げ工事が進む陸前高田市。そこに生きる/生きた人々の声と姿を瀬尾・小森が言葉と映像とで拾い集め、紡ぐ「波のした、土のうえ」の一部を構成するドキュメンタリー作品。
「置き忘れた声を聞きにいく」「まぶしさに目の慣れたころ」「花を手渡し明日も集う」の三部構成で、津波によって失われた生命、故郷、繋がりを懐古する。壊れてほとんど跡形も無い街並みに辛うじて残った亡き者たちの記録を、復興のためと称して大量の土が覆い、茶色い無へと帰していく。終わりがあることを承知で花畑を耕し続ける人々。かつての故郷を時系列を失った(望まぬ)鮮明な記憶に焼き付ける。
仲間の多くを失い、最後の七夕飾りをしようときらびやかな準備をした男性がぽつりと呟く、「戻りたい場所が何処なのか分からなくなった」という言葉にズシンと来た。登場人物本人らが過去を語るナレーションが現在映像と重なり、あまりの状況の違いに言葉も出ない。映画における「時間」の暴力をここまで強烈に感じたことは無い。

このレビューはネタバレを含みます

2020年3月鑑賞。
印象に残った語り。
子供のころ、舗装されていなかったこの道路が気づいたらアスファルトの道になっていた。けれどいまはまた何もなくなっている。時間が進んだのか戻ったのかわからない。

このビデオの中に映っている部落の人たち9人のうち今生きているのは私と妻ともう1人の3人だけ。このビデオの中に帰りたい。

印象に残った映像。
このカメラが映している風景の中で唯一あの頃と変わっていないであろう空が、雲が、ゆっくりと動いていたこと。
果糖

果糖の感想・評価

4.5
自らについての物語の読み聞かせ。はなればなれたちの契機としての無償労働。画面に映し出された記憶のまえでうごめく手。映らない顔。雪。盛られる土。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

5.0
百合が美しい。こういう言い方はシネフィルの人たちにバカにされるかもしれないが、この作品こそ、ニュアンスに富んだ、豊かな「ショット」によって成立した映画だと思った。ナレーションが、そのショットの上下に通貫する時間を想像させる。
一

一の感想・評価

-
かつて彼女が暮らしていた場所、そこに運び込まれた土の山に向けて、幼少期の記憶も津波の記憶も、時系列の混濁した綯い交ぜの過去を重ねる声。思い出が土に埋められていくような、初めにあった喪失感とはまた違う寂しさは僕には想像がつかなくてハッとする。「戻りたい場所がどこにあるのか、わからないと思う時がある」。SDカードに残った震災前の映像を観、「この中に戻りたい」という声。この声=一人称の文章は、あくまで詩作なのだが、1部と2部に関しては、声は本人の朗読なのだ。完全なドキュメントではない、しかし的確な詩文を読み上げる本当の声という不思議。3部は、無くなることが約束された花壇の記録。ここでも思い出すのは、リチャード・マグワイアのグラフィック・ノベル『HERE』だったりする。
qm

qmの感想・評価

-
テキストによって喪失を追体験し、新たな喪失がうまれ、またそれを受け入れる。映像は、ゆるやかに動いていく。復興工事をする重機が怪物のように見えた。
kentaro

kentaroの感想・評価

-
大傑作。

「こんなことをしたって、する前と何が違うっていうんだろう」
第一部の洗っても洗っても砂が落ちないという衣服。何故か染みるけど淡々としているショベルカーとコンベア。第二部の雪とお祭り。第三部の写真パート。おばちゃんの旦那さんがチェーンソーのエンジンかけるところと被さるセリフのシンクロ。
>|