盆唄の作品情報・感想・評価

盆唄2018年製作の映画)

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:134分

3.5

あらすじ

「盆唄」に投稿された感想・評価

日本映画専門チャンネル。

福島の双葉町の元住人が盆唄を改めて復活させるドキュメンタリー。
双葉町の歴史や未来。津波や原発事故に伴う避難。その昔、ハワイへの移住。ハワイでの盆唄の継承と発展。いろんなものが詰め込まれていた。

やはり太鼓、笛、唄のお囃子。櫓を囲んでの踊り。日本の原風景でもあり、繋がりや伝統の大本だなと。

小学生の頃の夏の盆踊りの風景をまざまざと思い起こした。今でも続いているのだろうか。

ごちゃごちやしながらも編集に独特の間やタメみたいなものがあって心地良かった。

ラストのシーンは純粋に盆唄を記録したかっただけ?盆踊りの妖しさや猥雑さごなくなるとこうなってしまうのか?
牛猫

牛猫の感想・評価

3.5
東日本大震災により避難を余儀なくされた双葉町の人々が、伝統の盆唄を受け継ごうと奮闘する姿を追ったドキュメンタリー。

福島の双葉町に根付いた盆唄が失われる危機に直面していたところ、遠く離れたハワイで親しまれているというのが嬉しかったし、興味深かった。
そこから何故ハワイに伝わったのか、時代を遡ってルーツを辿っていく構成。
途中アニメや童歌を交えて展開していくのも飽きない工夫がされていて良かった。
その土地に根付いた伝統や文化にはそれ相応のストーリーがあるのだと思った。
ジャンルは全く違うけど、ホラー映画の「残穢」を思い出した。

戦争や震災によってその土地を去らざるを得ない状況になっても、夢や希望を盆唄に託して受け継いでいこうとする姿は心に響くものがあった。特にハワイで言葉の壁や差別を受けながらも盆唄を唄い、踊り続けた人はとても強いと思ったし、歌や踊りは国境を越えると思った。
それと同時に、人々の暮らしや故郷を無慈悲に奪っていく戦争や原発は本当に無くしていかなければいけないと強く思った。
りっく

りっくの感想・評価

3.7
福島県とハワイを繋ぐ盆唄を中心に、その架け橋を作るまでの過酷な歴史と、その架け橋を復活させようとする地元の方々の執念を追ったドキュメンタリー。

ドキュメンタリーとフィクションのどちらに軸足をおいて描くかの違いはあるものの、壮大な歴史とアニメーション等を駆使した映像表現、そしてラストの観客をトラップさせるような大団円構造まで、大林宣彦の傑作「この空の花 長岡花火物語」に近しいものがある力作。
町子

町子の感想・評価

3.0
自分には故郷と呼べる場所がないのだけど、それでも刺さるものがあった。
yayay

yayayの感想・評価

3.4
望郷の唄、帰りたくても帰れない土地への思いを祭りに託した人々の熱い思いを描いたドキュメンタリー。

舞台は福島から、そしてハワイ、富山へと、土地に根ざした稲作の村の歴史、遠く日本を離れた移民たちの夢と辛い現実の歴史を、横糸縦糸に、丁寧に織り上げた長編。

福島県双葉町の人々が震災と原発事故により土地を失い、先祖代々受け継いだ盆唄の存続も危ぶまれる。ハワイのマウイ島の日系人にも福島出身者は多く、フクシマオンドが受け継がれていることを知った双葉の人々は、盆唄の伝統を後世に残してもらうべく、マウイ島の人々に伝承する。

映画としては、途中ちょっと長く感じたけど、監督が、双葉の人々の失われてはならない歴史の込められた盆唄を後世に残したい気持ちを汲み、この映画に余すことなく仕立てようとしたことが伝わってきて、熱く込み上げてくるものがありました。
sci

sciの感想・評価

4.1
唄や祭りは地域のアイデンティティである。自分が働いている土地にも祇園祭と呼ばれるものがあって山車が出るが、神社に奉納する順番や通る道が自治会ごとに決まっていて、今だに守らないといけないなんていうのは何百年も続いている町だから。

引っ越しを繰り返し、現在の地には移住してきた自分としては住む場所にはそれほどこだわりはないのだが、赤ちゃんの頃からずーっと一緒に育ってきたとか学生の時だけ東京に行って戻ってきたという人に囲まれている現在、故郷に対する強烈な愛着に触れる機会が多々ある。
この作品に出てくる双葉音頭の太鼓打ちの横山さんや相棒ともいえる男性もそんな人たち。彼らの穏やかな笑顔や涙にどれだけの気持ちが込められているのかを考えてしまう。

福島第一原発事故から5年から7年の間の記録。時間が経ち、他の土地へ住むことのつらさや底なしの絶望はなく、ただただ故郷の唄を伝えていきたいといういちずな思いだが、演奏する双葉音頭に「道端の草に米が実った」との歌詞があり、面倒を見てきた田んぼに見たことがない草が生えていたのはどれほど無念だったろう。

アニメーションパートは、双葉の人たちが富山から移民してきて長い時間かけて受け入れられてきたという話。そこを離れざるを得なかった想いが後半の唄の連鎖と合間に挟まれる各地区の映像を通して想像されて悲しみが際立つ。ラストは死者へ語り掛ける言葉を入れてそのまま続けた方が好みだったが。

一方で祭りの響きそのものは明るい。風習は人を縛りつけるものだけど、現代では愛着を感じる元にもなっているのだと、自分も夏祭りに参加したくなった。
聞くための音楽じゃない。
ひたすら繰り返すことでトリップの扉が開ける。

それをまさに体現してみせるクライマックスには顎が外れるかと思った。
細馬宏通さんのツイートに後押しされて、熊本電気館で「盆唄」を見た。原発被災で帰還困難区域である福島県双葉町の盆踊りの保存復活を試みるひとたちのドキュメンタリー……なんだけど、ある種の演出感もあって、奇妙な味わい。しかし「撮られている」という不自然な状況を押し破って、こぼれるように出てくるひとびとの本気と歌い手さんたちの粗くて豊かな歌声に心動かされまくる。ひとり別格の女性の歌い手さんがいて、あれはまるで日本のベッシー・スミスみたいだった。ブルース。なくした故郷を想うブルース。
人と人がともに生きていくこと。慣れ親しんだ土地を移動すること。自然と祖先に対する畏敬の念を心の奥底に秘めて謙虚に生きることー
いつの時代も生きていくのは楽ではないけれど、置かれた状況の中で人間は知恵を絞って、寄り集まって生きてきたことに、時間も空間も移動しながら盆唄を追う、この映画をみて気づかされる。

きっと太古の昔、言葉を話したり、ものを書いたりする前に、まず人は唄を歌い、身体を動かし、物を叩いて音とリズムを奏でていた記憶が、私たちの身体の奥深くに今もインプットされているように思われた。

心を込めて必死に唄い踊る人々の姿を見ているだけで涙が出そうになるし、説得力がある。
だからこそ、もっと余計な演出を削ぎ落として、説明も外して、淡々と人々の姿を映して欲しかったと思う。昔の写真や白黒再現映像、クライマックスのシーンなど、後半は余計だなぁと思ってしまったシーン多々。

また、ハワイの話と、祖先の異動の話と、最後の踊りの共演の話、と要素が多いのに構成にまとまりがなく、どれか一つに絞って深く掘り下げてもいいのに、と思った。
題材がいいだけに、ちょっと残念だった。
福島県双葉町。
3.11以降そこに盆踊りの音は鳴りひびかない。
しかし100年以上福島の盆唄を歌い続ける人たちがハワイにいた。

二世の方が苦労して引き継いだ思い。
そしてまた音を鳴り響かせたいと気持ちを強くした双葉町の避難者たち。

前半は少しウトウトしたが、ラストの盆踊りは本当に壮大で圧倒される。
途中のアニメによる再現も余貴美子や柄本明など豪華な俳優さんが声優している部分も必見!
>|