私だけ聴こえるの作品情報・感想・評価

私だけ聴こえる2022年製作の映画)

Only I Can Hear

上映日:2022年05月28日

製作国:

上映時間:76分

3.9

あらすじ

『私だけ聴こえる』に投稿された感想・評価

「コーダ あいのうた」が巷では絶賛されていたけど、私は断然こちらの方が良かったです。
家族って大切だしかけがえのないものだけれど、面倒だし煩わしいし、近過ぎてぶち当たる事もある。
ドキュメンタリー映…

>>続きを読む
ナグ

ナグの感想・評価

4.2

子供が産まれる時、少しぐらい馬鹿でもええけ五体満足で産まれて欲しいと強く願ったものだけど、ろうの親からしたら耳が聴こえる子供でショックという状況に、凄い世界だなと。
どんな環境に生まれたかで、ここま…

>>続きを読む

Coda観たあとに観たから余計に興味深かった。普通の人生でも自分にとって居心地のいいコミュニティなんてすごく少ないけど、マイノリティの人にとってはもっともっと少ないわけで。
これ映画館で見た時にトー…

>>続きを読む
sakura

sakuraの感想・評価

4.4

とてもよかった。
Codaや日本では某ドラマ(わたしは個人的に脚本家の方の発言を許せていないが)の影響で、ろう者への注目が一時的に集まったけれど、なかでもこれは本当に多面的にリアルな声を聞ける作品で…

>>続きを読む
耳の聞こえない親を持つ耳の聞こえる子供達のドキュメンタリー

「友達に声が大きいねと言われる、声の加減が分からないの、ろうの親に育てられたから」
まつこ

まつこの感想・評価

4.0

どちらでもない苦悩に心が痛む。「コーダ あいのうた」はとてもパーソナルな作品だったのだなぁと改めて教えられた。ただ、あの作品に声が凝縮されていた分、私の中での衝撃が和らいでしまったのは否めない。それ…

>>続きを読む
kanekone

kanekoneの感想・評価

3.8

聾からも聴者からも浮いてしまうコーダの人たちの辛さが劇映画よりも重めに伝わる。同じ境遇の人が集まるサマーキャンプなどが救いになるというのは、そうなんだという感じ。こういう人達もいるというのを知れるの…

>>続きを読む
kano69

kano69の感想・評価

2.8

映画ではなくドキュメンタリー。

聴者でもなくろう者でもなく、コーダ。
でもなーなんかそんな区別をつけなんかなぁ。。。とも思う
その立場になってからじゃないとわからない事もあるんだろうけどね

子が…

>>続きを読む

自分たちは、ろうでも聴者でもない「コーダ」という種族だと序盤で語るのだが、それが終わる頃には少しわかる気がする。学校で、声が大きい、身振りが大きい、ボディタッチが多いと言われる。ろうじゃないけど聴者…

>>続きを読む
アイデンティティ。簡単には言えないけど、彼女たちしか経験できない悲しみ、喜びや寂しさを抱きしめて、彼女たちにしか出来ない何かの表現があるんだと、未来に希望を持って欲しい。
>|

あなたにおすすめの記事