チャーリーとチョコレート工場の作品情報・感想・評価・動画配信

チャーリーとチョコレート工場2005年製作の映画)

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

上映日:2005年09月10日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「チャーリーとチョコレート工場」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

3.8
なぜか、ブルーベリーになっちゃった空手少女の、ガムを耳?につけるとこに憧れてた
hb0106

hb0106の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

候補の家庭が次々落選していくストーリーは痛快かつ奇抜で面白い。
主人公は家族思いの気の弱い少年かと思いきや、ずばっと切り捨てたりと、子どもらしい残酷さも持ち合わせていて好感が持てる。
美術作品としても成り立ちそうな舞台と小物に惹かれる。
めぇこ

めぇこの感想・評価

5.0
大好きな作品
小学生の時からどハマりして、何度でも観て、台詞も覚えているほど!
ウンパルンパが歌う歌も、ポップな曲調なのに、歌詞が結構酷くて、好き笑
ふ

ふの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

異世界に連れてってくれる映画🎞
小学生の頃ウンパルンパ怖すぎてみれなかった、大人になってみれました いぇい
はらはらしたり引き込まれる…!
気持ち悪さと夢の世界が混ざっている🍬

純粋な心を持つひと、チャーリーが報われるのがよいな…
何か選択を迫られたときに、自分にとって大切なものがよくわかっているチャーリー!
子どもだけれどめちゃくちゃ大人。ひとを思いやれる。目の輝き〜〜。
対するウォンカは天才で大人だけれど、中身は子どもっぽい。どんだけ頑張ったらあんな工場を建てられるんや、、。
親からの愛や教育って、子どものその後の人生に大きく影響するのでは。
ウォンカのお父さんの切り抜き、せっせと見守ってるのなんともいえんな、、、

ジョニー・デップが麗しい。
子役の女の子たち可愛いな!!!!!
おじいちゃんがはつらつとしているのがしあわせ…
あ あと チャーリーがたしか言ってた
"愛があるから心配するんだよ"って台詞
そ、そっかぁ。そうなんだよなぁ〜〜、そうなんだけど子どもからすると親が怒ったり何かを辞めさせようとしたりするのは、真底やめてくれ〜〜ほっといてくれ〜〜!という鬱陶しさがある、、、。
親の気持ち、わかってるようでわからない。子どもの気持ち、親には通じてない。
ウムウム すれ違うな〜。
えれな

えれなの感想・評価

2.0
幼少期時代が追加されてたのでそこは面白かったけど

バートン版は全体的に感じの悪さのが際立ってるように感じる。ウォンカさんも子供達も、なーんか性格悪く見えてしまう。

ヘレナ・ボナム=カーター等が出てる点ではさすがバートン、キャスティングが素晴らしい。

でも夢のチョコレート工場のが好き。
いち

いちの感想・評価

4.0
小学生の頃に何度も観ました
無意識に世界観に引き込まれ、癖になる
それがティム・バートン
こまち

こまちの感想・評価

4.3
だいっ好きな映画です

いつもチョコとミルクティを食べながら見ます。

あの世界に何度行きたいと思ったか。
swalt

swaltの感想・評価

3.6
小学校の頃に死ぬほど観たな
ティムバートンの世界にまんまと飲み込まれた
ジョニーデップ惚れる
ヘレナボナムカーターもいい味だしてる
na

naの感想・評価

4.5
だいすきな映画の一つです、
最初は、え?え?ってなる世界観ですが、
チャーリーとウォンカだんだんと仲良くなり、
最後の展開がすごく好きです、何回でも見れます❤️
朝香

朝香の感想・評価

4.5
憧れてウォンカチョコレート買ったけど甘すぎてギブした齢8の私
見た後数日間母と私は胸で両手をクロスして話してた
>|