チャーリーとチョコレート工場の作品情報・感想・評価・動画配信

チャーリーとチョコレート工場2005年製作の映画)

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

上映日:2005年09月10日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「チャーリーとチョコレート工場」に投稿された感想・評価

ada

adaの感想・評価

3.6
映画館に見に行ったり何度か見た記憶🍫
うぃにうぉんかっ🍫🍫🍫

このレビューはネタバレを含みます

15年ほど前、何度鑑賞したかわからない

ウォンカの過去が壮絶
歯科医の息子


劇中で登場するチョコレート「ウォンカ」の製造が、2018年で終了
れい

れいの感想・評価

4.0
220本目

小さい頃から何回も見た作品の1つ、16年も前の映画だとは思えない程壮大な作品。ホントにいつ見ても歳をとってもワクワクさせられた。やっぱりジョニーデップの演技にはいつも驚かされるし、他の映画を見ても同一人物とは思えない。ウンパルンパの曲も最高、やっぱりオーガスタスの時が1番盛り上がるしテンションあがる。
なの

なのの感想・評価

4.0
クソガキがとことん痛い目に遭う。ウォンカの過去が切ないなぁ。ポップだけどブラックな感じが好き。
子供の時に見た時はただただ面白い話だなって思ったけど大人になって見てみると少し不気味で不思議な世界観。
お菓子の食べ過ぎは良く無いよね。
cyan

cyanの感想・評価

4.0
秋冬になると見たくなるけど見ない映画NO.1。久しぶりに見たらジョニーデップの演技がバケモンだったし世界観もよく考えたらバケモンおもろいな
kiko

kikoの感想・評価

4.0
子供の頃に見た時はただ面白い、と思ってみていたけど、大人になってから見ると考えさせられるし、少し不気味。
Hun

Hunの感想・評価

2.5
It was not only about the chocolate but our soul
マヒロ

マヒロの感想・評価

4.0
【過去鑑賞記録】
お菓子工場というポップな題材では覆い隠しきれない、可愛い人形に火を放ってドロドロにしたり、生意気なガキをあらゆる方法で痛めつけたりというヒネクレ精神がステキな一作。ティム・バートン作品では一番見返していると思う。
父親との和解というテーマは唐突な気がしてたが、今思うと『ビッグ・フィッシュ』にも通ずるティム・バートンらしいテーマだったのね。
maichi

maichiの感想・評価

4.0
ストーリーの評価ではなく、チョコレートが食べたくかったのと、本当にこんな工場があったらいいな〜(´д`)の夢を与えてくれるような映画なので☆4
>|

あなたにおすすめの記事