ひそひそ星の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ひそひそ星」に投稿された感想・評価

NAMEMI

NAMEMIの感想・評価

4.4
静寂と退屈は幸せではないが平和である。

2001年宇宙の旅を見ているときと同様の眠気が襲ってきたが、傑作であると感じた。
こんなにひそひそしてる映画にはもう出会わないかもしれない芸術作品
chiebi

chiebiの感想・評価

2.0
ん~
途中で止めたーにはならないけど
いつ終わるのかなこれ。ってなってきた。
90分位の作品なら良かったかも

災害後の景色を作品に利用してる的に見えてしまう。
これ、セット作りから始めるなら撮ってた?って
あ

あの感想・評価

4.5
映画というより映像作品に近い。アートギャラリーで流れてそう。最後の影絵の星以外とても良かった。ひそひそ声と物音の音響が特に最高。いっそ音だけで見てもいいかも。福島の光景と映画の中の光景が混じり合う瞬間にひりひりする。
距離も時間も問題ではなくなった世界で、距離を越えて時間をかけて運ばれてくるということに価値が出てくる。ずっと無い物ねだりのいたちごっこなのかな。
ナリ

ナリの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

まさか福島を舞台にもう1作つくられていたとは。
「ヒミズ」「希望の国」と続いてもう1作撮影するとなにかで見た気がするのですが企画から流れてしまったのだと思っていました。

作中終盤に訪れるひそひそ星は皆娯楽やノスタルジックに浸っている様に見えました。
そこに主人公が現実を突きつけるのはよいことなのか悪いことなのか。
他にも滅びへと向かっていく人類の様子を福島を舞台に撮影されているなど色々と考えるものが残る映画でした。
Kinaco

Kinacoの感想・評価

4.0
人間は尊いのではないかと錯覚しそうになった、影の蛾とか、ノスタルジックで象徴的な演出は素敵だと思った。突然色めく風景、豊かな音楽、海の力強さ、緑の美しさ。でも、距離と時間を愛してしまう気持ちはわかる。
園監督の意欲作というか実験作というか。すっかり負けてしまった。
30分持たずに眠ってた。 良くいうとソラリスみたい?笑
ほんとは1点だけど、巻き戻してもう一度チャレンジした。
遠藤賢司とタバコ屋のばあちゃんが良かったのと、ラストの影絵が綺麗なこと、昭和30年代レトロが懐かしいことで1点追加。
福島ロケは安上がり廃墟以上の意味あるのかなあ?
kouko

koukoの感想・評価

3.0
未来や宇宙が舞台なのに、今なくなりつつある人間性や生活を懐かしむノスタルジーな世界観。
何か起こるのかと思ったら何も起こらない。
震災後の福島の風景が人間が滅んでいく情景に感じさせる。
のん

のんの感想・評価

3.0

なんか意外なくらいノスタルジック。
今の私が星新一を読んだらこんな味わいかもって感じた。