人類遺産の作品情報・感想・評価

人類遺産2016年製作の映画)

Homo sapiens

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:94分

3.6

あらすじ

日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

「人類遺産」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ心のデトックス映画
なんかもう寝ちゃってもいいんだと思う
音も映像も良いのでリラックスはんぱない

ただ終わりのないように思える映像も
この遺産が最後だなってわかるようになってて構成も上手い

流し見てもいいし、廃墟になった背景を考えてもいいし

福島の廃墟だけは何か思わずにはいられない。
リラックスできるのは映る廃墟が全然知らない場所だからで、私が他人事の廃墟も誰かにとってはそういう場所なんだろうな
amiroak

amiroakの感想・評価

2.5
この映画を一度も寝落ちせずに最後まで見た人は良い意味で変態だと思う。
zetton

zettonの感想・評価

3.3
映し出される廃墟達は哀しくも美しい。
キャプションやBGMさえ無く、現場の音声だけを流しているのも新鮮であった。
ただそのような構成にしては冗長なカットが多く、最後まで集中力が持たなかった。
日本の廃墟が多かった印象。
mro

mroの感想・評価

-
途中少し寝ちゃったけど無常観、ポストヒューマンの中のそこに生きた人々の確かな息遣いを感じる
aki

akiの感想・評価

4.3
廃墟好きにはたまらない
DVDほしい
テレビじゃなくてプロジェクターで見たい
映像ドキュメンタリー。すごく勧めたいが、勧める人を選ぶ。大きなスクリーンで見るべき映画。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.8
【最も静かな映画】80点
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
監督:ニコラウス・ゲイハルター
製作国:オーストリア/スイス/ドイツ
ジャンル:ドキュメンタリー
収録時間:94分
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
淡々と映像を見せつけるニコラウス・ゲイハルター監督は、ついに一切人間を登場させない映画を出してきました。90分ひたすらナレーション、BGMなしで廃墟を写し続けるこの作品は、サイレント映画を除けば最も静かな映画であること間違い無いでしょう。なので、フルパワーで鑑賞しないとうたた寝してしまうこと必至です。僕は廃墟マニアでもなんでもないのですが、寝起きに見たので逆に最後まで突っ走れました。

そもそも廃墟に何故魅力を感じるのだろう。昨今でも、書店の写真集コーナーには必ずといって良いほど廃墟の写真集があります。たしかに僕も興味本位で開いたりしてしまいます。流石に自分で足を運ぼうとまではいきませんが、どこか神秘的な何かを感じ取ってしまいます。恐らく、かつてその場所に人々が生活していた。というのを考えると切ない気持ちになってしまうからでしょうか。特に映画館やボウリング場などの、人がいれば賑やかになる場所ほどその気持ちは高まります。

さて今作は、一瞬何故ここが廃墟になってるの?というシークエンスから始まります。我々日本人は、恐らく少し考えれば勘付くのかもしれませんが、海外の人がこのシークエンスを見たらしばらくわからないでしょう。たった数年前まで人がいたはずなのに、たった数年放棄しただけで草木がこれ程生えてくるのですか。それから、この作品は延々と世界の廃墟を映していきます。日本の軍艦島も出てきますし、30年ぶりに湖から姿を現したアルゼンチンの幻の街、ヴィラ・エペクエンも映されています。これがどこの廃墟だという説明は一切ないので、予習しながら見るのも一つの手かも。僕は今作のDVDを購入したため、リーフレットがついていて、それを参考にしました。

それにしても今作の原題であるホモ・サピエンスは実に興味深い。何故ならホモ・サピエンスと言っているのに、そのホモ・サピエンス、すなわち人類は一切登場しないからです。我々が今見ているこの光景は過去の産物なのか、はたまた未来の光景なのか。これらの光景は紛れなく人類がつくりあげたもの。そして人類がこの世から消えても、意図的に破壊されない限りこれらの人為的な光景は残され続けるのです。適切な言葉が見つからないのですが、敢えていうならば、圧巻。でしょうか。今作には何とも言えないパワーが秘められています。

廃墟マニアか、フルパワーの人にしかオススメ出来ない一風変わった作品。人によっては廃墟を淡々と映すので不気味とさえ思えるかも。深夜にこれを見たのですが、たしかにちょっと不気味でした。でも、唯一無二の映画であるため、見るのもタメになるかもしれません。
『台詞どころか人間なしの廃墟観測映画。瞬殺で寝るかと思ったら違った。

画面の隅々まで情報はある。「写真で十分」という意見があったがとんでもない。

風・雨・羽音・葉音…、様々な音が時間の流れを強調し、廃墟としての生と、人間の業を感じさせる。

ただ何回か寝た(笑)。これは劇場で観なきゃダメなやつ。
はち

はちの感想・評価

4.5
風景から色々想像してるだけで時間があっという間に過ぎてった。
渡邉

渡邉の感想・評価

-
全カット定点で消失点が画面中央のため終始浮遊感が息苦しい。人間対自然の文脈に於いて消え行く人間という視点から廃墟をスポットしたものであり廃墟を映したものではない。視点に共感出来る鑑賞者であればそこそこ観られるとは思うが主旨故に画面作りの意図が一切無いためそれなら人間の消えた場であるとのテロップを観ていれば十分という気もする。FPの広告が良かった。
>|