人類遺産の作品情報・感想・評価・動画配信

「人類遺産」に投稿された感想・評価

山椒

山椒の感想・評価

4.0
人間が存在してこその空間と思ってたけど、少し廃墟の楽しみ方が分かった気がする。

廃れ朽ちた人工的空間になるに至るまでの過程を思い浮かべるのが楽しかった。
にしても浜辺にジェットコースターは何故?

廃墟感を味わうために静かなところで一人で観ることを強くお勧めします
たらお

たらおの感想・評価

4.2
まさに廃墟好きとしては最高な映画。
人間が全く出てこないし音声も字幕も無いけれどそこがまた尚良し。
あくまで現世界の一部ではあるけれど、数百年か数千年後には全世界がこんな風になってるかもしれませんね。
人間は1人も出てこないのに、人間の面影があった。夏の軍艦島、いいですね。
ムノウ

ムノウの感想・評価

3.8
廃墟好きにはたまらない作品ですね
個人的には良い意味で眠れそうな作品だった
大変心地よかったです
人にはおすすめできないけど自分は好きだ

この映画にはBGMも人物も字幕も存在しない
何らかの理由で人々が居なくなったあとの世界、しかしそこに映る場所にはかつて営みが存在していて確かに物語があった
朽ちた建物から射し込む光っていいよねえ
基本的にこの作品は風で揺れる草とかそういった動きしかないんだけどあるカットでこちらに飛んでくる鳥が印象的でした

初めの方に出てきた町は浪江町かな?
この映像だけはやはり他と違って人が生活していた証が色濃く残されていて胸がつまる
アルゼンチンの水面に浮かぶ村と浜辺に佇むローラーコースターが好きですね
そして軍艦島を見るとテンション上がる
字幕もナレーションもない作品なので出てきた廃墟がどこのものなのか分からなかったことだけが少し勿体ないなあと感じてしまった
大人の事情なら仕方ない
campanule

campanuleの感想・評価

3.5
廃墟好きだけど、天空の城ラピュタみたいな自然に朽ち果てて自然と一体化した廃墟が好きで、冒頭の福島の廃墟シーンは胸が痛んだ
人の生活が突然断ち切られ、生々しいままただ植物だけは何事もなかったように生えて行く

とは言え、軍艦島のアパートの一室から海を撮った映像には胸が踊ってしまった…

スライドショーのように廃墟の映像が次々と映し出され、ナレーションも説明もBGMも一切なし
聞こえるのは、雨の音や鳥の声と言った自然の音のみ
それでも見入ってしまった

海辺のジェットコースターの跡が気になった
どういう経緯でああなったのだろう
海面上昇?

もう少しこの映画について説明を探してみようと思った
ずっと見ていられる。
映画館で見たけど、心が落ち着きすぎてこのまま眠りにつきたくなった。
この時は目を凝らして最後まで見たけど、この映画の中眠りに付くのはとっても幸せだと思う。
次は家でくつろぎながら見たい。
manami

manamiの感想・評価

-
人間だってこの地球の自然の一部だというのに身勝手、勝手に全てを支配した気になっている。ひどく高慢。作品に説明はなく、それらのバックグラウンドを想像することしかできないけれど、全ては人間が生み出した遺産であり、飲み込まれる、戻ってゆく、全ては自然に。けれどそれはごく自然な流れであって抗えないもの。そして自然に侵食されゆくものは美しいね
ぱた

ぱたの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アートフィルム。

私の中の好きが溢れて困る。本当に何も考えず自分のためだけに見てるんですよね。この作品の芸術性とかある種の社会風刺とか或いは哲学とか、そんなことは考えてなくて、微睡みながら退廃していくもの、呑み込まれ行くもの、置き去りにされたものをぼんやり眺めて、雨や風や生き物の声をどこか遠くで聞いて、行き場のない不安感や寂しさを感じながらいつの間にか眠ってる。その感覚が堪らなくって、観ちゃうんです。めちゃくちゃ不道徳で不埒な鑑賞態度なのでアレですけど。

加えて廃墟の暗がりに差し込む自然光の美しさよ。文明が自然に呑まれるのって、もちろん廃退的な美しさもあると思うんだけど、無機質な空間に植物が芽吹いていく姿をみると地球の圧倒的な再生能力を目の当たりにしてるみたいな気分になる。人間の無力感を感じられて好きです。もちろん、ただ古びて朽ちていくものも絶望感があって堪らないですよね。

そんなこんなで好きな作品ですが、一度でフルを観終えたことはないです。多分どんなに私の目が冴えていても、寝てしまう自信があります。少しばかりの寂寞の心地よさったらないです。純粋な芸術作品としての楽しみ方ではないですし、作者の意図する所じゃないとは思いますけど。

世界に一人だけ取り残されたような感覚を、インスタントに感じたい人はどうぞ。
ノーミュージックノーナレーション、地球に取り残された人類の業を切り取ったアートフィルム。画面に釘付けでした
TRB

TRBの感想・評価

3.2
演者もBGMも一切無し

ただストイックに廃墟を映したドキュメンタリー

シーンによって、考えさせられる場所、キレイに思える風景、哀しさが募る爪痕など様々

風や雨の自然の音だけ

ただ攻め過ぎてて退屈

廃墟って何だか興味惹かれるし
かつてそこに合った生活の名残りを感じるだけに、自然を見てるよりエモーショナルな気分には浸れる

だがしかし長い

YouTubeぐらいの尺ならまだしも

特に変化なく淡々とそこにかつて合ったモノだけを観るのは精神的に苦行に近い

高尚なセンスを持ってらっしゃる方にはまた違った感じ方があるのかもしれない

1時間オーバーは正直辛かった作品。

観る前に覚悟が必要

お酒の用意をオススメする
>|