人類遺産(2016年製作の映画)

Homo sapiens

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • オーストリア
  • スイス
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    ニコラウス・ゲイハルター
    脚本
    ニコラウス・ゲイハルター
    あらすじ
    日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

    「人類遺産」に投稿された感想・レビュー

    じゅん
    じゅんの感想・レビュー
    1日
    4.8
    廃墟好きにはたまらない映画だなと。すごいです。
    字幕・ナレーション・BGM一切無し。人も一切出てこない。唯一の音は環境音のみ。とても静かな映画です。なので人によってはとても退屈に感じてしまうと思います…でも、BGMがなく環境音のみ、という所が余計にその廃墟の静けさを感じさせて、とても効果的な演出だと思いました。あと一つ一つの撮り方・魅せ方に強いこだわりを感じました。

    人がいないのに、これほどまでに人の存在を感じさせるのはなぜか。それは、そこに残された一つ一つの「モノ」が、かつての「生活」を物語っているからなんじゃないかなと感じました。すごいです。ほんとに。だから廃墟って異様なのにこんなにも美しいんだなぁ……。
    cinefeel
    cinefeelの感想・レビュー
    2日
    3.7
    音楽もナレーションもなく、静かな映画。どのショットも、構図、色、光の加減が計算されているように美しい。映画じゃなくて写真展ができると思う。
    ヒトがつくった建造物から、ヒトがいなくなって、自然が侵食すると廃墟が完成する。
    冒頭の建造物が雪に埋もれて真っ白になるエンディングがとても良い。
    ぢゃまだん
    ぢゃまだんの感想・レビュー
    2日
    3.6
    自ら「創造」した「神」の地位を手に入れた「ホモ・サピエンス(映画原題)」
    神により「創造」された世界のうえになお「創造(破壊)」を繰り返す。
    そして「神」から「天罰」が下る。
    harumo
    harumoの感想・レビュー
    3日
    3.6
    たまらなく眠くなる。実際に一瞬落ちたし。


    ただ、この作品を産み出した静かなる情熱に敬意を表します。
    じーこ
    じーこの感想・レビュー
    3日
    3.5
    人も台詞も音楽も無く、ただただ色んな場所の廃墟が次々と映し出される映画。なぜか廃墟に惹かれる私は、数十秒映されるうちに見逃すまいと隅々まで廃れ具合を観て楽しんだよ。一切場所の説明が出てこないけど、きっとこんな場所だったんだなって想像しながら。
    さすがにラスト30分くらいは考え事をし始めちゃったけど。。もう少し大きいスクリーンだったらもっと良かっただろうな。
    実際に行った時も思ったけどやっぱり軍艦島は興味をそそられる。。
    Hiii
    Hiiiの感想・レビュー
    3日
    2.5
    ただただ無になって見られる映画。
    雨の音、風の音、
    いつもは、聞き流している音が
    この映画のなかでは重大な役目を果たしている。
    無になって見ていたはずなのに
    気がついたら色々考えていたり。

    寝ている人もちらほらいたけれど、それはそれで問題なし。

    人の気配を感じるような、感じないような…
    その曖昧さが、不思議と心地よい。
    YukaMori
    YukaMoriの感想・レビュー
    3日
    3.8
    よかった
    音楽もセリフも人も登場しないのに
    飽きない
    たまに想像で人が見えた瞬間ぞくぞくした
    イゴールマコチャンチン
    イゴールマコチャンチンの感想・レビュー
    4日
    3.5
    世界中の廃墟にカメラを向けたドキュメンタリー。
    固定カメラを設置し撮影した映像を、ナレーションも字幕も音楽もなしに映画として編集した作品である。内容は脈絡のない荒廃した場所を撮った映像の羅列であり、アイドルのイメージビデオに近い。なので廃墟萌えの人でないと上映時間90分が厳しい時間となるかもしれない。休日だけあって劇場はなかなか混んでいたが、場内で寝息をたてている人がかなり多かった。
    人間の手を離れ廃墟となった土地には『アイアムレジェンド』とか『風の谷のナウシカ』のような寂寞たるディストピアが広がっていて、取り残された人工物はその形を保とうと抗いながら風化し朽ちて自然へと取り込まれてゆく。人の作ったものは人が手を掛けなければ死んでゆくのだ。その様は侘しくはあるが、惨めではない。“自然”と“人為”双方の尊大さを感じる。
    画面に映し出される人不在の空間のなかに野性の生き物の鳴き声が聞こえる度に安堵してしまった。こんな死んだ場所に生が根付いているのだと思うと、だだもう…それだけで愛おしい。
    映し出される場所にも我々の世界と同じように日が登って沈んでを繰り返し、雨が降り、雪が降り、風が吹いては、波が打ち寄せている。そんな当たり前のことが信じられなかった。
    小一郎
    小一郎の感想・レビュー
    4日
    3.6
    4年をかけ固定カメラで撮影した世界70ヶ所以上にも及ぶ廃墟のシーンを、一切の言葉(音声および字幕)、音楽・効果音なく、10数秒ずつ(私の体感です)次々に映し出していく。

    はじめのうち、当然のごとくナニコレ感が強く、寝るか考えるかしないと時間がもたない。写真や絵画の構図の勉強になるなあとか、ワンシーンをかなり長時間撮って、自然の音とか、風による動きとか、鳥の姿とか、動きがあるシーンをつないでいるんだろうなあ、とか考えつつ、やっぱり少し寝落ち。

    それでも、次第に人類が滅亡した後の世界ってこうやって変わっていくのでは?という気がしてくる。まだ生活のにおいを感じる廃墟から次第に古びた感じになり、最後には…。

    途中、戦いの爪痕みたいな廃墟もでてきて、廃墟の理由を暗示しているかのよう。ラストはなんとなくこうなるのだろうなあと思った通りだったかも。

    廃墟を見て回ることが好きな人にはたまらないだろうし、そういう趣味のない自分にとっても廃墟から漂う雰囲気にはそれなりに感じるところがある。ただ、ピンポイントすぎる尖り方をしたこの作品は、凡庸な自分にはちと荷が重かったかも。

    構図はよく考えられていると思うし、映像も美しい。人類が滅亡した後の世界を疑似体験するには良いかもしれない作品。
    ken
    kenの感想・レビュー
    4日
    3.5
    睡魔との戦い!
    でも不思議と90分長く感じなかった。
    エンドロールでVFXの項目があったけどなんでだ?!
    とにかく見に行ってよかった。
    >|