人類遺産(2016年製作の映画)

Homo sapiens

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • オーストリア
  • スイス
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    ニコラウス・ゲイハルター
    脚本
    ニコラウス・ゲイハルター
    あらすじ
    日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

    「人類遺産」に投稿された感想・レビュー

    asami
    asamiの感想・レビュー
    10時間
    3.0
    予想以上にシュールやったな…(´・_・`)
    廃墟好きなんやけどなぁ〜
    好きな画が少なかった。。
    しろっち
    しろっちの感想・レビュー
    13時間
    4.5
    定点カメラの映像には動きがあり、雨の音、風の音、鳥や虫の羽音もやけに大きく響く。予想以上に作り込まれた映像だった。つい先程まで人が歩いていたかのような風景、巨大構造物の無機質な美しさ、そして対比される自然の厳しさ。人の手が入らない建物はみなゆっくりと朽ちていき、そこに再び人が入ることは並大抵のことではない。早くあの家々に人々が戻ることができますよう。
    roland
    rolandの感想・レビュー
    23時間
    -
    これまでの生の痕跡と、これからの生の予感が共存する。これだけカットを割られると逆にベニングの映画のほうが正直なのかもと思ったり...

    人間がいないだけなんだけどなあ
    myusha
    myushaの感想・レビュー
    3日
    3.0
    人類遺産
    何とも不思議な映画。人の生活音って実は凄く耳障りなのかも。人っ子一人無いそこには自然の発する音だけで心地よすぎて気持ちをしっかり持っていないと魂飛んでしまいそうだった。
    様々な廃墟が引きで撮られ、水や風鳥や虫草や砂波の美しい音だけがする。皮肉の込められた作品なのかも。
    カク
    カクの感想・レビュー
    3日
    3.8
    シンメトリーに切り取られた廃墟群の映像と、水の音が美しい。雨が降る福島は、まるでどこか知らない外国の町のように見えました。
    Genya
    Genyaの感想・レビュー
    4日
    3.7
    静止画のような動画
    ユーリ
    ユーリの感想・レビュー
    4日
    1.5
    読書中に流していたい穏やかさ
    lisa
    lisaの感想・レビュー
    5日
    3.6
    廃墟好きには堪らない。廃墟(静)X一定の視点(静)だから、背後で揺れ動く雲の流れとか鳩の動きとか風の抜け方(動)に集中できる。音もすごく良くて写真では味わえない臨場感がある。廃墟好きだけど実際にその場に行くのって難しいからこういうの待ってた。

    ただ、これって映画なの?と問われたらちょっと分かんない笑。同じことをやり続けるにしても、ちょっと工夫すれば94分で観客の感情をもう少し動かせたんじゃないかなあと思う。ほんとにただの映像集って感じ。でも途中から気持ち良さそうな寝息が聞こえてきてなんかどうでも良くなった。
    紫色部
    紫色部の感想・レビュー
    6日
    3.0
    2017.4.20 イメージフォーラム

    人間を描かずして人間を描くある種極北のような映画で、ワンカットにして経年変化を思わせる断片的なショットにおける奥行きのある構図や、無機質ながら運動感の伴うリズミカルな各シーンごとの連なりは素晴らしいし、後半部においてルーティーンのように画面のちょうど中央を通る地平線や水平線により分断された構図をベースとしながら自然のダイナミックで流動的な動きを捉えたショットも凄まじいが、90分強でもかなり長く感じられてしまう程にコンセプチュアルさが先行した演出スタイルには鑑賞中どうしても退屈してしまうものがあったし、特に中盤はミンリャンの「郊遊」ぶりに意識が朦朧としかけてしまった。
    エイ
    エイの感想・レビュー
    2017/04/17
    -
    何回か寝ないわけにはいかないんだけど、それでもかなり考えさせられるもの

    つまらないとか写真でいいとかを語る前に製作者がなんでこんなことをしたのか探る方が
    >|