人類遺産(2016年製作の映画)

Homo sapiens

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • オーストリア
  • スイス
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    ニコラウス・ゲイハルター
    脚本
    ニコラウス・ゲイハルター
    あらすじ
    日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

    「人類遺産」に投稿された感想・評価

    途中睡魔に襲われ。
    とにかく解説のかけらもなく、日本の映像以外はやはり前知識がないと辛い。
    あとでネットで調べました。やっぱり背景を知っているのと知らないのとでは映像の重みが違う。
    復習後の再鑑賞は可能かも。
    廃墟はもともと好き。音楽も廃墟の説明も何もない。その場の音だけ。
    ずっとみてると、廃墟と自然の戦いのように思えて来る。真っ白な雪に飲まれて行くのが印象的だった。
    全ての場所の詳細がとても知りたくなった。
    もはや美しさする感じる
    ホモ・サピエンスが去った街、建物は自然に還ってゆく…

    このレビューはネタバレを含みます

    作家性丸出の圧倒的映像美堪能映画



    計算された構図美

    冒頭の福島。
    廃墟と人類についての考察伝わるスタート

    独特の編集テンポ。
    一切の説明のない崇高さ。

    風の音、雨の音。
    動かない画との対比。

    シンメトリの雨の駐輪場。
    砂浜の遊園地。
    塩に侵された街。
    映像美とインパクト強。


    さすがに眠くなる。

    狭い空間が退屈

    知らない場所多数それなりの知識が必要
    人類絶滅直前レポート感ある廃墟映画。考えながら体験するもよし、眠ってしまっても気持ち良し。
    ナレーションも音楽もなく、定点撮影された廃墟が淡々と映し出されていく。聴こえてくるのは風の音と虫の音や鳥の声のみ。廃墟が好きな人には是非観て欲しい作品。
    音楽もなく、登場人物もいない。固定アングルの風景が切り替わっていくだけという94分間。
    ナレーションすらなく、そこが何処で、なぜ廃墟になったかなどの説明もない。ただひたすらに想像力が刺激される映画。
    感動した
    廃墟には歴史が伴っていてその上に芸術的美しさがあるからこそ惹き付けられるんだと思った
    いつまでも観ていられる映像でした
    BGMもナレーションもなく、ただひたすら廃墟、人工物を定点カメラで観測していく。これは映画というよりも記録、なので採点不能。私達は観測者となって、今は亡き人類に思いを馳せる、ある意味SF体験なのかも。
    建物大好きなので観に行った。
    雨、風、光、雪と廃墟の静謐なハーモニーに癒された。
    とくに曇天+雨だれの音+廃墟の組合わせがいい。

    いっさいの登場人物不在、台詞なし、音楽なし、字幕も説明もなし。
    こんなに無い無い尽くしの映画、初めてだ。
    映像というか、写真を次々と眺める感じ。

    これで一本の映画を撮ってしまう監督の力量を感じた。
    やろうと思っても、実際は誰もやらない作品って感じ。

    上記の通り、説明が一切ないので、
    私の頭の中は最初から最後まで、
    「一体何なの??」
    「一体何なの、これは?」
    「一体何に使ってた建物なの?」
    「一体なぜ廃墟になったの?」
    「一体ここはどこなの?」
    「一体ここの住人はどこへ行ったの?」
    という風に、ずーーーーっと途切れることなくクエスチョンの応酬だった。
    こんなに連続した時間、想像力を掻き立てられた映画も初めてかもしれない。
    おかげでものすごく集中して、前のめりで食い入るように見た。

    往時は人が賑わっていたであろう建物ほど、廃墟になると寂寞とした気分にさせられる。
    遊園地、ボーリング場、映画館、そしてくたびれた着ぐるみも…。

    初めから緑の中に作られたかのような、円弧を描くカウンターのバー、廊下にぎっしり書類・書籍で敷き詰められた大学のような建物など、いくつもお気に入りの廃屋が出てきた。
    それにしても、建物って人が住まないと、こんなにも荒廃してしまう不思議。

    長崎の軍艦島は圧巻で、巨大な空洞と化した団地が壮大だった。生きている間に絶対この地に行ってみようと思った。
    おそらく高度経済成長期に人の住んでいた気配があり、赤ん坊用の人形が風塵にさらされた部屋など見ると、そら寒い気持ちになる。ここに住んでいた人は、今は生きているのだろうか…?と。

    そう考えると、今いる自分の家や、関わりのある建物たちも、いずれは苔むした廃墟になるのだろうか…?と思うと、
    いったい人間って何なんだろう?
    私の存在ってこんなにも不確かなものなのか。
    100年後、私や私に関するものを知るものはいないのか…などと、
    またしてもうすら寒い気持ちになってしまった。

    建物の内装より外観が好きなので、そちらが多めだとなお良かった。
    あと自分は廃墟も好きではあるが、「生きている」建物、「活気ある」建物の方がより好みなんだな、と自分の趣向が確認できて良かった。
    >|