はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 171ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

coco

cocoの感想・評価

-
全然カンヌある視点ぽくない。音楽かかりすぎ。シガーロスとか。。
Miho

Mihoの感想・評価

4.5
ワタシの大好きなやーつ。
もっとコメディタッチかと思ってたけど、
嬉しい裏切り。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.9
「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」を思い出させるようなカラフルな家族のポスタービジュアルだけど、奇天烈一家のコミカル映画でもなく、あらすじにあるような単なるロードムービーでもなく、ある一つの家族の葛藤と遷移を描いた愛ある作品でした。

歌声が綺麗。あそこは画みたいなシーンだった。
そしてヴィゴ・モーテンセンの顔から髭がつるりとなくなった瞬間もまた美しいことで…✧

確かに「はじまりへの旅」だけど、でもやっぱり「Captain Fantastic」だなぁ。
ファンタスティックなあなたで、一家の力強いキャプテンでした☻*
MINA

MINAの感想・評価

3.3
社会的に人間として正しい生き方のルールみたいなものを突き詰めるとキリがないし、それに沿わずに生きようとすると劇中で言うfreakとして扱われるわけで。それに反抗する親心と、そんな本当の社会に触れたことがない純粋な子供心が上手く調和されてた。

ある意味ですっごくピュアな作品。でも、自分はまだ親でもないし田舎に住みたいと思ったことのないバリバリの都会っ子なので共感は出来ず残念。私はこの家族を変人だって冷めた目で見るようなタイプなんだろうな。
でもファミリー系ロードムービーとして良かった!
すごーい!結局のところ人は助け合って生きていくフレンズで、勝手に決められた社会の「普通」とは必ず付き合っていかないといけないんだね!
愛の為にどこまで戦えるか。

死んだ妻の遺言を果たす為に、

戦う事を選んだ家族の話。

家族が居ない自分でも感動できた。

家族が欲しくなった。

ほっこりする映画
すごく好き!
最初から、あの家族の世界に引き込まれた。
あっという間にあの家族、生活の虜になった。
それぞれがみんな真っ直ぐで、強くて、愛のある個性豊かな家族。

それに、キャスト全員がいい。もっと他の作品もみたい!と思わせる素晴らしいキャストたち。
特にヴィゴ。彼のあらゆる才能がすべていかされているのではないかとおもう、素晴らしい作品だと思う。

もう1回みたい!
DVDになったら買わなきゃ!

201704
ynym

ynymの感想・評価

4.5
最後の家族の曲が良すぎて涙。
子育てって難しいですね。
自分が親になる時のことをとても考えた。

子供たちがみんないいキャラしてる。
やまと

やまとの感想・評価

3.7
自分も社会が勝手に作り出したルールに従って生きることに対し、疑問に思う立場なので、意外に主人公と共感できる部分が多々あった。冒頭の主人公の生活には憧れる部分もある。

しかし、現代社会のレールから外れてしまうと生きていくことはなかなか難しくなる。行なわれていることは動物学的に言えば、正しいことなのかもしれないが、人間は結局のところ、他人の助けを借りずに生きてはいけない。多くの人間達は社会のルールに従って生きているのが現状だ。

主人公の下した最後の決断は本人の意思とは裏腹かもしれないが、大事な人を守るためには正しい決断だったのだろう。自分もこれかれどのような意思を持って生きるかどうか、深く考えさせられた。
Jónsi
Guns N' Rosesや
エンドロールのBob Dylanのカヴァー
最高に心地いい楽曲ばかりで久々サントラ買ってふわふわと余韻に浸りながら帰宅

普通とはなんだろう。
なんにしても、この家族は最高だ。
最後の奥さんに贈る言葉にグッときた。