はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 171ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

ありさ

ありさの感想・評価

4.3
森の中で育つ子供たちをみてなんかのびのびしてて羨ましかったりしてた。

初めの方は主人公の教育の仕方にすごいいいなーって思うんだけど、後半親戚の暮らしから影響をうけて、ナイキとかアディダスとか知らないなど常識がないとみなされる。でも結局は常識常識いってる人の教育は、子供の機嫌をとるためにゲーム買って、深刻な場面になるとウソをついて正しい情報を教えない。

要するにこの映画からわかることは
常識なんて人それぞれ
家族愛がなんだかんだ重要
ってことっ!
型破りな家族の物語。何が普通か考えさせられる。そもそも普通ってなんなんだ。結構重めなストーリーだけど、子供たちの可愛さに救われる。
型にとらわれない生き方も時には必要なのかも。
れおち

れおちの感想・評価

3.8
映画館で見ようと思ってたのにいつの間にか終わっててやっと見れた!
そして思った以上によかった!

普通や常識って生き方によって変わって来るよね。
ちゃんと学校行ってても勉強してなかったら意味ないし、でもこの家族みたいに勉強はちゃんとしてても社会に出ないと身につかないものもあるし…人生って難しい…

どうでもいいけど葬式に派手な服装で出席するとこがなんかカッコよかった笑
syzygyny

syzygynyの感想・評価

4.8
みんなと同じが全てじゃない。
でもひとつの生き方に偏りすぎるのもあまり良くない。
でもでも、世界には色んな生き方・考え方があって。
それを全否定することなんてできないし。
異なる世界をどれだけ許容できるか。許容。許容…。
すごくすごーーーく難しいけど本当に素敵な作品だった。
FAVORITE.
森の中で自給自足の生活をしながら、高度に文化的な生活を送る一家。ボディペイントを施し、青年に成長した長男に鹿を狩らせて、成人の儀式を行うなど、原始的な生活をしているかと思えば、政治、経済、法律、言語、物理など広範な知識を身につけ、そこに自らの考察を加えることもできる。さらに、体を鍛え上げ、サバイバル術についても身を挺して習得していく。
資本主義、キリスト教社会を嫌う父の下で生活する子どもたちは森の外に出たことがない。しかし、自殺した母が親戚に土葬されるのを阻止するため、一家はバスのスティーヴに乗って街へ出る。
ジャケットのコメディチックな写真と文句とは裏腹にとても哲学的な作品だった。序盤の狩りのシーンでは戸惑うが、基本的には両親の考えに共感できる。そして、その理想を体現し、自然の中で厳しい生活を送るのは尊敬できる。
しかし、やり方が極端で、長男が言ったように彼らは本の中のことしか知らない。現代社会は欠点ばかりで、その中で生活をする我々も妥協して生きているのは事実。しかし、それでも社会には良いところもあって、最後に彼らが折衷案を見つけて、新しい生活へと向かうのは最良の選択だったのだと思える。その後、彼らが社会でどんなSTOPをしていくのかも気になる。
眩しい家族!
価値観の違い、生まれ育った環境、それぞれの幸せ。
あったかくなる。また観たい。
時々観たくなる映画になると思う。
kiwinese

kiwineseの感想・評価

4.0
普通、常識ってあるようでない。
人それぞれバラバラな常識だから、良くも悪くも驚きがある。

主人公のお父さんは厳しいけれど愛情深く子供達の信頼も厚い。
そして子供達に、何事もびっくりするくらい包み隠さず伝え話す。できるようでできない素晴らしい事だと感じました。
なんといっても、子供達がみんなヤバくかわいい!
ぽむ

ぽむの感想・評価

-
何のための思想なのか。
何のための哲学なのか。

この家族、個性豊か
でも守りたいものは同じ。
Sakura

Sakuraの感想・評価

4.2
とっても面白かった!!色々考えちゃう。色んな生き方があること。

1番グッときたのは、子供にウソをつくのか?って所。確かに子供には嘘をつかざるを得ないし、言えないことが普通だと思ってたけど、嘘をつかないヴィゴの家族の方が素敵だと思えた🤔普通ってなんなんだろう?

そしてヴィゴの全裸シーン。(もちろんモザイク付き)笑。あれ、どこかで見たことある気がするなあ。笑 「イースタン・プロミス」でも拝むことができます☝️笑

そしてレリアン役のニコラスハミルトン君が、リバーフェニックス激似です😆💗
Ryo

Ryoの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

人民に力を。
権力にノーを。


資本主義と戦う父とそれを信じる子供達の物語。

妻を想い真っ直ぐに行動し、子供には一切の嘘をつかず正面から向き合う父の姿は社会から罵倒され変人扱いされ、それに影響され離れようとする子供達。

それでも愛ゆえに取った行動だと子供たちは理解し父と共に生きる。

とても素敵な作品だと思う。

いつか自分もこうした愛に満ちた父になりたいと想う。
愛する人を想うがあまり苦しみ、時には自己満足に思われる時もあるかも知れないけれど反省し常に行動する姿は何よりも美しく人間らしい生き方だと思う。