はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 628ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Saeko

Saekoの感想・評価

4.2
社会との関わり方、教育、家族
設定は奇抜だけど色々考えされられる
邦題が謎
m2dor23

m2dor23の感想・評価

4.5
リトルミスサンシャイン系ロードムービー。

教育って何だろう。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.0
想像と違った、もっとコメディかと思ってたらドラマだった。
親の行きすぎた教育方針がテーマ?
うーん。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
型にはまった教育法がいつもいいというわけではないのかもしれない。
子供にはちゃんと考えさせないと世間を知ってても意味がない
Cocoa

Cocoaの感想・評価

4.0
パパ(ヴィゴモーテンセン)と6人の子供達は森の中でワイルドな生活を送っていた。
子供達はパパの教育で、森の中でもナイフひとつでサバイブできるぐらい強靭。そしてパパの教育で超頭良い。
あれ?ママは?ってなとこから始まるプチトラベル。それはいかに子供達やパパが"普通"でないかを浮き彫りにしていく...。あれ、それはちょっと...というキテレツ行動、言動が痛快。
パパと子供達の会話がどストレートすぎ。そして子供達キャストの顔セレクトがツボ。あーこの子はパパ似でこの子はママ似で選んだのかな〜と始終思って観てた。
FU◯K 常識!
ゆゆこ

ゆゆこの感想・評価

3.7
留学先でちょうど社会学を勉強している近頃の日曜日、たまたまこの作品を友達と観た。

人が属するコミュニティとか、それに付随してつきまとう"私たち"と"他者"の境界と優劣的な関係性。
"私たち"と違う"他者"に出会った時、そこに生まれるのは排除なのか理解なのか…調和なのか適合なのか…

母親の死をキッカケに、完全なアウトサイダー(マイノリティ)として"世の中"に足を踏み入れることとなったある一家の物語。

彼らの 彼らとしての揺れるアイデンティティが、この"グローバル社会"でユーモラスに描かれながらも、じわじわと私たちにその思慮深い現実を突きつけてくるような

それにしても、アウトサイダー(マイノリティ)として異色な空気を放つ(もしくは放つことを強要*されている)彼らの衣装や外見、ポリシーなどが独特だったり、観る者の目を楽しませてくれたりして面白い。

難しい展開や感情描写はこれといってそんなにないので、
家族の絆映画として観ても充分にサクッと楽しめる作品だと思います。
rumi

rumiの感想・評価

4.5
"家族全員"そろう最後のシーンがとにかく美しいです。
邦題はちょっと残念。
Vlad

Vladの感想・評価

4.0
Now, this is a different movie, quite thought-provoking. From the first time writer director Matt Ross, this movie raised more questions than it gave answers to...but that was okay.

It touched on a lot of existential themes like:
- life and death
- parents and children and parenting in general
- husband and wife
- homeschooling vs public schooling

It's not a perfect movie, but it's different ... and different is good. For the serious movie goer
TTSZ

TTSZの感想・評価

4.2
人の価値観、考え方は様々。
現代社会の中では守らなければいけないルールがあるけれど、人の生き方を縛り付けるものはない。
自分に家族に正直に、力強く楽しく生きる子供たちが輝いていた。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.0
すごく面白かった!子供たちが最高にクールです。

山の中で、狩り、サバイバルを学びホームスクーリングする子供たちとその父親の物語。

ところどころなんだか感情移入して胸がきゅっとなりました。

間違っているわけではない、はずなのに、交わらなければお互いに成立するかもしれないのに、俗世の常識と出会うことで体験される苦しみ。

でも、そうやって育てられた子供たちは実はその苦しみも自分たちで乗り切れる強さを持っていた…

そんな感じでしょうか。

そしてあたし的にジョージマッケイがとても好きになりました。