グランド・セントラルの作品情報・感想・評価

「グランド・セントラル」に投稿された感想・評価

レアセドゥ目的で見たので他はどうでもいいです、すみません(笑)
犬

犬の感想・評価

3.2
シャワー

これまで職を転々としてきた青年ゲイリーは、原子力発電所の作業員として働きはじめる
主任のギレスやベテランのトニに教えてもらいながら仕事を覚えていくゲイリーだったが、トニの婚約者カロルと恋に落ちてしまう
カロルとの密会を繰り返す一方で、ゲイリーの身体は少しずつ放射能に汚染されていき……

レア・セドゥとタハール・ラヒムが共演し、原発作業員として働く男の恋と過酷な運命を描いた人間ドラマ

重たい

密会
ロマンスがなんとも

検査
いろいろ知れる

結局何が言いたいのか

レア・セドゥの短髪も良いですね
anguish

anguishの感想・評価

1.9
劇場未公開

★職を転々としているギャリーは致し方なく原発で働く事になる、そこで先輩トニの恋人キャロルにお互いが魅かれていく…

原発で働く人々の葛藤を描いていて、目に見えない「線量」との戦い、明日はどうなるのかと不安に駆られつつも日々仲間と共にその日を楽しいでいたが次第に精神的にも肉体的にも病んでく。サイレンが怖い。

20181201
mata

mataの感想・評価

3.8
評価が低いのが納得できないな。
台詞じゃない演出がていねい。
刹那的に落ちていって、、
秀逸なラスト。。7回鳴ったよね??
レア・セドゥが大胆だったけど良さが生かせてなくて退屈に感じた、ぼんやり。
Tinscow

Tinscowの感想・評価

2.7
原発作業員たちの人間模様ドラマ。
レアセドゥは「なんつー女だ」具合が上手い。
フルヌードのファックシーンがあるけど、そんなに美人じゃないのでグッとこない。ハッとはしたけど。

放射能に蝕まれていく主人公との刹那的な恋を描いてるけど、感情移入できるほどの表現がなく淡々と90分で終わるので、ふーんという感じ。

このレビューはネタバレを含みます

あー、想像してたよりすごい良かった。どんどんのめり込んだ。
ラストのサイレンに鳥肌たった。
レア・セドゥの「怖いの」っていうセリフで終わるのもめちゃ良かったなあ。
仕事終わりに被爆チェックをする、体を洗うっていう反復がだんだん色濃くなっていく。これでもかっていうくらい完全防備のスーツを着て、無機質な建物の中で作業をしたのちにススキの中で(あと風)二人の肌が無防備になる瞬間に画面自体が大きく呼吸してるような感じさえした。
原発で被爆数値を超えたら他では働けなくなるからここにいるしかなくなっちゃう。二人には最初から逃げるなんて出来なかったんだな。でもここで二人で生きることも出来ない。多分監督は、その八方塞がりの中でもそれでも互いにのめり込んでしまう人間を描きたかったんではないかと思う。
はっとしたのはレアが被爆して坊主になった女の人に、泣きながら震える手でマニキュア塗るとこ。あれはちょっと、ほんとすごかった。あの芝居見れただけでこれ見て良かったなって思った。
Adele

Adeleの感想・評価

1.0
レア・セドゥってよくヌードになるし
惜しみなくバンバン脱ぐけど
なんとなくエロさやセクシーさ感じないんだよな、わたしだけ?
胸大きいし 顔の表情とかはアンニュイでセクシーなのになんでかな?
今回はヘアヌードまで見せてます…

作品もラストつらい
hydrangea

hydrangeaの感想・評価

2.5
原発作業員の人間模様。心身を脅かすブラックな職場は数あれど、原発ほど非人間的な仕事ってちょっとないんじゃないかと思う。線量という数値でどれだけ体が蝕まれているのかわかってしまうのだから。
レアはどっちつかずのダメな女なんだけど、この環境下だと刹那的になってしまうのも仕方がないかなと思ってしまう。
akrutm

akrutmの感想・評価

3.0
原発作業員の男性が、同僚の婚約者と道ならぬ恋に落ちるというストーリー。人気のタハール・ラヒムとレア・セドゥが主演ということで見たのだけれど、内容的にはどっちつかずで、かなりビミョーな感じ。

原発での作業の様子やそこに働く人々の思いや恐怖が結構しっかりと描かれているので、恋愛ものというよりはドラマなのかなと思ったが、二人の恋愛の話がどうも原発や放射能の話とうまく融合しなくて、分離したまま映画が進んでいくので、どっちに集中していいかわからないうちに終わってしまった。許されぬ恋で放射能の恐怖から逃避しているというたぐいの解釈もできなくはないが、個人的には見ていてそんな感じはしなかった。当時はタイムリーな話題だったのだろうが、もう少し描きようがあるような気がするのだが。

大好きなレア・セドゥが見れたのは嬉しいけれど、こういう色気を全面に出す役はあんまり似合わないんだよなあ。そういえば、レベッカ・ズロトヴスキ監督の『プラネタリウム』もイマイチだったのだっけ。この監督とは相性が悪いのかもしれない。
>|