アルゴの作品情報・感想・評価

アルゴ2012年製作の映画)

ARGO

上映日:2012年10月26日

製作国:

上映時間:120分

3.8

「アルゴ」に投稿された感想・評価

YokoYamada

YokoYamadaの感想・評価

4.2
鑑賞年月日不明。人質事件はなんとなく知っていたが、救出方法は知らなかった。事実に基づく映画なので結末は薄っすら分かっているのに、最後までハラハラさせてもらった。
はまち

はまちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

確かに、めちゃドキドキした。ちょっと話がややこしいけど、ちゃんと背景とかストーリーを理解しながら見ると、すごいドキドキする。助かるってわかっててもドキドキする。主人公たちを不安にさせる演出が多すぎて。作戦が実行に移されるのは映画が半分以上過ぎたところからで、実質30分ぐらいだったんじゃないかな。それまでの、背景説明や作戦準備などのシーンも面白かった。ひげのおっさんが、民兵を目の前に必死に説得する姿がかっこいい。これが実話だからすごい(けっこう盛ってるらしいけど)。トニーは命を捨てる覚悟で仕事をしてるんだろうなあ。救出作戦が見せ場の映画だし、もちろん素晴らしかったけど、イランの現状(町でクレーンにつられた死体があったり)が起こってしまう現実に驚いてしまった。歴史的背景は、イラン革命について調べよう。
M

Mの感想・評価

4.1
嘘のような本当の話笑
最後まで心臓がドキドキしっぱなしだった
you

youの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

6人の人質を救うため、映画のロケという設定でプロの脱出屋が6人を脱出させるノンフィクション映画。

クーデターが起こり、アメリカ人大勢が人質になる。外交官6人はカナダ大使館に逃げ込むが、6人足りない事に気付かれてしまう。プロの逃し屋が映画のロケ班6名という設定で脱出させる。

無事外交官が脱出でき、残りの人質も解放された。祖国に戻り、再び外交官たちは仕事を続け、秘密だった計画も公になった後、逃し屋は勲章をもらい田舎で家族と暮らした。

脱出できるのはわかっているが、何度も見つかりそうになるドキドキ感が良かった。

実話なので、派手なアクションなどが無い分リアル感が増す。映画みたいな話しってあるんだなぁー。
まい

まいの感想・評価

4.0
2度目の鑑賞。
実話を基にした作品。
ニセの映画をでっち上げての脱出作戦。
結果が分かっていてもハラハラドキドキで楽しめた。
アルゴくそ喰らえ!
決死の脱出作戦は the best bad idea。そこまでやるか、というほどの準備をして、映画界、マスコミすら騙して練り上げた計画は果たして成功するのか?
最後まで目が離せないドキドキ感。やるしかない!覚悟を決めていざ決行!私生活でなにかと問題を起こすベンアフレックですが、この映画ではサイコーです。
sw

swの感想・評価

4.4
ずっと気になってた本作。
やっと観ました。

重厚なドラマでハラハラドキドキしました。
Ricald

Ricaldの感想・評価

4.0
実話を元にした話。
リアルを追求した感じで臨場感すごいし派手なアクションなんてなくても十分ハラハラした。ほんまにあったって考えると改めてすごい
アンビリバボー過ぎる実話。緊張感すごし。本人インタビューも興味深い。おもしろい。
sk

skの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

空港のシーンは緊張感があり引き込まれた。
大使館の6人に助かって欲しいと思える背景がなく、感情移入ができなかった。


アメリカの良いように脚色されており、イランだけでなくカナダ、イギリスからも批判的な意見がある。
>|