アルゴの作品情報・感想・評価・動画配信

アルゴ2012年製作の映画)

Argo

上映日:2012年10月26日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

「アルゴ」に投稿された感想・評価

実話なのがすごい🎬それにつきる映画😄こんなの本当に成功するのかよという展開から見たいところを全て見せてくれたそんな映画😀
こな

こなの感想・評価

3.8
歴史が苦手だから難しいところもあったけど、何よりハラハラドキドキが止まらなかった。最後の畳み掛けがえぐい。
no

noの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

怖すぎる
アメリカ大使館にいたアメリカ人の職員も最終的には解放されて本当によかった
大胆な作戦すぎて逆にカモフラージュできているというのが面白いし、実験的だった
ラストの検問のハラハラたるや
途中一人が完全に特定されてその一人だけ捕まってしまうんじゃないかとヒヤヒヤしたが、全員脱出できてよかった
spiritek

spiritekの感想・評価

3.0
イラン革命中にカナダ領事館に避難した6名の救出劇。
ずっと手に汗握ります。
イランの暴動シーン、まるでドキュメンタリーのようでした。
まい

まいの感想・評価

3.3
見る環境もっと整えればよかった…
世界に入りきれたら多分もっと面白い
tkzl

tkzlの感想・評価

-
どれだけ史実に基づいているかは当事者のみ知ることとして、映画らしい映画でとても面白かった!

協力者が増えていく感じとかがシンプルに好きです。単純だけど、CIAものにハマりそう。
ベン・アフレックのダメな感じが好きだけどこの映画ではダメじゃないし、映画観る人ならみんな観ればいいとおすすめしたくなる
やかえ

やかえの感想・評価

4.2
本当に他に案はなかったの?って鑑賞中に何回も考えちゃったわ。
終盤の緊張感はMAX。
kojikoji

kojikojiの感想・評価

3.6
2012年 アメリカ 監督:ペン・アフレック
●ベン・アフレック(メンデス)
●ブライアン・クランストン(オドネル)
#2022-346
 逃亡劇、救出劇。年寄りにはきつい。しかもイランとなれば、最初ってから最後まで緊張感が半端ではない。観終わったら、良かったと言うよりヘトヘトになった。
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 実話。
 1979年11月。革命で荒れるイランの民衆がアメリカ大使館を占拠し、職員を人質に取る事件が発生。そのうち6人の職員はカナダ大使の私邸に逃げ込む。
そこでCIAのメンデスは、6人を救出するため突飛な計画を立てる。

 突拍子もないだけにイランも不意をつかれたのか。現地で映画「アルゴ」を取ることを理由にメンデスは入国し、スタッフとして6人を救い出すと言うのだ。もちろん報道も大々的にやり、それなりのスタッフも準備して、万全の形を作り上げてはいる。しかしそれでも普通は無理と思うだろう。
 当然6人もそう思ったに違いない。しかしほかに方法はないとなれば藁をもつかむ思いだったのだろう。6人はメンデスにかける。

 ベン・アフレックが監督して、自分が主役だから、一番かっこいいところを知ってる。
落ち着いた演技は、これまで観た彼の映画の中で最高にカッコ良かった。
 監督としても才能ある。と思う。
chocolate

chocolateの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

誰も殺したり殺されたりしないのが良かった。実話なのもまた感慨深い。
>|

あなたにおすすめの記事