恋とオンチの方程式の作品情報・感想・評価

恋とオンチの方程式2014年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

2.2

あらすじ

小さい頃、アイドルになりたかった山吹みどりは、香川県にあるほととぎすバスでバスガイドをしていた。そんなみどりの宝物は、母からもらった3つの願い事がかなうというマイク。ある日、世界の音響機器メーカー“ナマズダイナミクス”の御曹司・栗田拓人が亡き父であり元社長の故郷・香川県でコンサートをするためにやってきた。とたんにザワめきだす独身バスガイドたち。 また、ひょんなことから幼なじみだった小川カズユキ…

小さい頃、アイドルになりたかった山吹みどりは、香川県にあるほととぎすバスでバスガイドをしていた。そんなみどりの宝物は、母からもらった3つの願い事がかなうというマイク。ある日、世界の音響機器メーカー“ナマズダイナミクス”の御曹司・栗田拓人が亡き父であり元社長の故郷・香川県でコンサートをするためにやってきた。とたんにザワめきだす独身バスガイドたち。 また、ひょんなことから幼なじみだった小川カズユキと再会し、忘れていた悪夢を思い出す。みどりは想像を絶するオンチで、幼い頃に東京で受けたオーディションで、みんなに笑われたことがトラウマとなっていた。 数日後、ナマズダイナミクスの現社長で拓人の母である栗田徹子がやってきて、みどりのミスを激しく責め、みんなの前で歌わせようとする。思わずみどりは逃げ出すが、気になって追いかけてきた拓人と恋に落ちる。しかし、日本一の絶対音感を誇る栗田徹子の嫁の条件は、「歌って、踊れて、拍手される」こと。ショックを受けるみどりとバスガイドたちに、謎の怪奇事件、そして、リストラの危機が…!幼なじみで小学校の音楽教師と一緒に、ほととぎすバスのバスガイドたちで「さぬきバスガイドシスターズ」を結成することになる。 みどりは、オンチを克服して、「宇宙一の幸せ」をつかみとることができるのか!?

「恋とオンチの方程式」に投稿された感想・評価

夏菜、戸田恵子、吉田羊と豪華なメンバーなのにかなり酷い仕上がり。
この監督さん、地元香川県の銀行員なんですね…製作は本広克行。

オンチなバスガイドがプロポーズを受けて、義母から認められるために歌を練習するって話。
全くひねりがなく先が読めてしまう。

香川県の琴平電鉄を描いた『猫と電車』もこの監督だったんだ…あれも酷かった。
DDD

DDDの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

以前さぬき映画祭で今作のメイキングである『現役OL銀行員、映画監督をやってみた。』を観ていたので今作がどうだったのか気になっていた。
なかなか大変な現場で今作を完成させていたので期待は高かった。

それでいうと、ちょっと厳しめの評点にはなる。
全体として急展開だし、リアリティ部分でいいたいことがある。
琴平バスのバス会社部分としての部分とか、あれだけ音響にこだわった沙朝がコンサートはなんで屋外で開催やねん、とか、コンサートを私物化した主人公一人でもう一回歌うシーンであれだけ客が味方になることはなかろう、とか。

逆によかったのはそのバスシスターズの曲とパフォーマンス。
振付も含めてキュートで、話題にはなりそう。
また、主人公のオンチがいかに彼女を苦しめてきて、最終的に乗り越えようとさせる展開はよかった。
街の実景も効果的で、最終的にその街に残る選択をする主人公の気持ちはよかったかな、と思わせる。
香西監督の作品は前作『猫と電車』も含め、ファンタジーとリアルのバランス面で気になるところはあるが、あったかい作品を撮る監督だな、と思うのでまた観てみたくなった。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

1.0
香川県のPV映画。内容はなんじゃこりゃです。
mince

minceの感想・評価

3.5
ありえない青を制服に寿退社を下心に日々奮闘するバスガイドみどりはイケメン御曹司に見初められウキウキだったがその母は歌って踊れる嫁を要求する。激烈オンチな彼女に最大のピンチ。そこに彼女の幼なじみが「恋とオンチの方程式」ブルク7。さぬきご当地ムービー。イケイケ夏菜、映画に出まくれ!2016年2月26日 朝ドラ「純と愛」の夏菜と吉田羊のコンビふたたび。お話しはベタだし色々甘いし映画としたらぶつ切りだけどあのラストを誰が想像しただろう。観劇後、高松に行ってみたくなったから目的は十二分に達成している。
kevin

kevinの感想・評価

1.0
あるトラウマから人前で歌を歌えないバスガイドのみどりは、客からの歌のリクエストを流したCDに合わせて口パクで切り抜けるのだが…。




ドタバタラブ?コメディ…だと思う。
こ、これはお金を取ってもいいのかい?(;´д`)
方程式とありますが、方程式という言葉どころか算数すら出ない謎なタイトル。

好みもあると思うが…
まず理不尽なことを押し付けてくるヤツがマジで嫌な感じ。理不尽でムカつくアン○ンマン(笑)とその社員たち。もう少しコミカルなら笑えるのに本当にイライラしてくる。
これだけで物語に入りたくなくなってるのに、登場人物の気持ちを丁寧に画かず超展開とご都合主義で片付ける。


とんでもない茶番・ザ・ムービー。
やりたいことは何となくわかるけど、色んなことが拙すぎる。
終盤の重要な局面をカリスマ(笑)で片付けてるが、まったくカリスマなんて感じない。
誰か止める人いなかったのか…?



唯一、森昌子さんのお母さん役がすごくよかった。明るくていいお母さん。
ほっこりした。
和威

和威の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

地元のソレイユ2で鑑賞。
窓口で友人がバイトしていてびっくり。

上映前にメイキングが少々。
商業映画が初めての監督のその苦労話的な。
夏菜のふてくされた表情が印象的w

「舞台挨拶があるかも」って聞いてたんだけど、上映後に本当に監督が出てきた。
最後の森昌子の歌唱シーン。
製作の本広克行さんから、「最後は森昌子さんの歌で締めてね」とお題をもらってたらしい。
どうりで無理矢理感あったわけだ。

中身のほうは、さぬき市津田町のPRビデオ。
うどんバーガーとかドルフィンセンターとかが出てきた。二時間ドラマじゃないんだから!

予想通りにラストでカズユキと結ばれるわけだけど、絡みが特訓シーンだけだったからものすごい唐突感があった。
お互いを異性として意識するシーンなんかなかったよ。
拓人のもとを去る時も、言いたいことはわかるけど、セリフ回しが何とかならんかったのか。
尺は一時間半だからそのへんをもうちょっと描いても良かったか。
まぁ雰囲気は楽しかったかな。

夏菜、平岡祐太、黄川田将也、吉田羊、戸田恵子、森昌子
香川在住の現役銀行員である女性が、監督脚本を務めた作品。
バスガイドの主人公・夏菜たちが繰りひろげるドタバタコメディ。
分かりやすい御曹司が旅先のバスガイドに一目惚れ。
結婚へのハードルをクリアすべく、特訓特訓、というお話です。
香川でローカルポイントがどんどん出てきて、地元の特産や団体などが総出演。当然うどんも食べますわよ。
母親役の森昌子が結構ハマってた。市毛良枝っぽい「ザ・母親」。最後に全部持ってく。

だ け ど

ワシは映画を観に来たんじゃ~
香川を観に来たわけじゃね~ぞ

自己満足になってない?何を伝えたかったの?さぬき市の紹介?そんなものにお金払わないよ。

ご当地映画でも、「ペコロスの母に逢いにいく」なんか良くできてたし、お金掛けなくても「スイートプールサイド」みたいな作品が作れる。

香川に縁のない方が観た感想をお聞きしたいです。

おい!イオンシネマ高松東!!
まだエンドロールも始まってないのに非常口付け、音落とし、照明付けかけた!森昌子の歌が途切れた!!あり得ない!恥を知れ!!
>|