シェル・コレクターの作品情報・感想・評価

シェル・コレクター2015年製作の映画)

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:89分

2.9

あらすじ

“貝”の美しさと謎に魅了され、盲目ながら貝類学の世界で名を成し遂げた学者。彼は、妻、息子と離 れ、沖縄の孤島で貝を蒐集しながらひっそりと静かな厭世的生活を送っていた。しかし学者の静謐な日々 は、島に流れ着いた女・いづみが出現し、学者とひとつ屋根の下に暮らし始めることで次第に狂い始め る。そして、ある日いづみの患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治したために、それを知った人々が貝…

“貝”の美しさと謎に魅了され、盲目ながら貝類学の世界で名を成し遂げた学者。彼は、妻、息子と離 れ、沖縄の孤島で貝を蒐集しながらひっそりと静かな厭世的生活を送っていた。しかし学者の静謐な日々 は、島に流れ着いた女・いづみが出現し、学者とひとつ屋根の下に暮らし始めることで次第に狂い始め る。そして、ある日いづみの患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治したために、それを知った人々が貝 毒による奇跡的な治療法を求めて次々と島に押し寄せるようになる...。 そのなかには息子・光や、同じく奇病を患う娘・嶌子を助けようとする地元の有力者・弓場の姿もあった。

「シェル・コレクター」に投稿された感想・評価

2018 7.15 鑑賞
2度目
イモガイ!
ヒカリ!
いなげなファンタジー、
リリーはこういう役は
似合わない!
水

水の感想・評価

1.1
アンソニー・ドーアの小説読んでみてみようと思ったのに全然良くない 何にもよくない
あけび

あけびの感想・評価

2.0
わからない…
こういう不思議で曖昧なまま終わらせる話、小説で読むのは好きだけど映画だとそんなに好みではなかった
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.0
リリー・フランキー主演の映画。なんだか不思議な話だったな。フランキーは目不自由で沖縄の小さな島で一人暮らしをしてる。突然海辺で原因不明の病気にかかってる人を助けてあげた。ある貝類の猛毒でなぜかその病気が奇跡的に治った。噂が広めたら、何人がその島に訪れ、先生に病人を助けてと頼むものですが、彼は医者ではなく、学者です。映画の不明点が結構あって、結末もイマイチだった感じがする。それでも楽しめた作品です。
潮のにおい。
やや誇張された現実世界の描写が、盲目という設定のおかげで、変なファンタジー風を帯びなかったのがすごいと思う。絶妙。
りく

りくの感想・評価

3.3
物凄い警鐘映画な気がするのに、それをカルチャーとして受け入れさせようとするのが、この映画の賛否を産んでる気がする。
物凄いパワーを潜めてる映画なのに、許容させる力がないのは、ある種の傲慢さがこの映画には必要だからだったりと、本当に映画は分からない。
でも、こういう映画に、ネームバリューのある俳優が出て、誰かに見させる導線を作るのには強く共感するし、こうあるべきだと思う。己の身を案じず、ただ強く映画をお客さんに届けようとしてるんだ。その心意気だけで、この映画には相当な価値がある。

巻き込まれ型の主人公には、様々な災難が降りかかる。貝にしか心を開かない、そんな人生は、閉じ籠ったような歪な屋敷に身を潜めている主人公にピッタリだった。
でもそれは人生と同じで、「ただ静かに暮らしたい」だけなのに、色んなことが起きる世の中だからそうも行かないって、喚起させるこの映画に胸がザワザワした。
自然の中に心を澄ませる余裕がない僕らに、それを与えてくれつつも、「そうはいかない」と言いたげな監督の訴えは、本当にその強い信念によるものだと思う。

音楽がとても良かった。
mo

moの感想・評価

4.3
貝類学者の生活はロマンがあってわくわくした。
アンソニー・ドーアの短編小説は読んだことないけど、星新一の短編小説を読んだ後の高揚感に似ていた。
これはすごい映画。リリーフランキーがいてこそではあるけど海の演出も綺麗で毒々しい貝殻もふと手を伸ばしたくなってしまう見せ方。寺島しのぶじゃなくても良くね。
yuuki

yuukiの感想・評価

3.0
情報量と問題提起が多すぎる。
且つそれを秩序なく並べてくるので理解に時間がかかる。
中盤までは観るのを止めるか迷い続けた。

ただ、ストーリーにもあるように自然をとても大切にしていて、自然を映し出す画はとても綺麗。
さすがのリリーフランキーと、珍しく少し爽やかな池松壮亮。
Netflixで。

橋本愛ちゃん目当てで観た。

作風が自分に全く合わなかった。
退屈。

寺島しのぶの暴走と池松くんが池松くんっぽい役柄は作品のアクセントになってて良かったが・・・。
>|