シェル・コレクターの作品情報・感想・評価

シェル・コレクター2015年製作の映画)

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:89分

2.9

あらすじ

“貝”の美しさと謎に魅了され、盲目ながら貝類学の世界で名を成し遂げた学者。彼は、妻、息子と離 れ、沖縄の孤島で貝を蒐集しながらひっそりと静かな厭世的生活を送っていた。しかし学者の静謐な日々 は、島に流れ着いた女・いづみが出現し、学者とひとつ屋根の下に暮らし始めることで次第に狂い始め る。そして、ある日いづみの患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治したために、それを知った人々が貝…

“貝”の美しさと謎に魅了され、盲目ながら貝類学の世界で名を成し遂げた学者。彼は、妻、息子と離 れ、沖縄の孤島で貝を蒐集しながらひっそりと静かな厭世的生活を送っていた。しかし学者の静謐な日々 は、島に流れ着いた女・いづみが出現し、学者とひとつ屋根の下に暮らし始めることで次第に狂い始め る。そして、ある日いづみの患っていた奇病を偶然にも貝の毒で治したために、それを知った人々が貝 毒による奇跡的な治療法を求めて次々と島に押し寄せるようになる...。 そのなかには息子・光や、同じく奇病を患う娘・嶌子を助けようとする地元の有力者・弓場の姿もあった。

「シェル・コレクター」に投稿された感想・評価

紗羅

紗羅の感想・評価

2.6
ストーリーはなんだこれ?って感じ。
ただ、映像がひたすら美しい。
これ、映画館でみたらまた感想が違ったかもしれない。
クラゲ

クラゲの感想・評価

2.7
読書ノート[8]

「シェル・コレクター」観た。

不協和音みたいなBGMと余白の多い物語展開で、なんだか古い映画を観てた様な気分。

リリーさんの盲目の演技凄い。

寺島さんはエロい。

海の画がもの凄く綺麗な分、人間全員が狂気みたいな異物感を孕んでた気がする。

もう人間は自然の一部では無くなりつつあるのかなぁ。
とらみ

とらみの感想・評価

2.0
ラストシーンが美しい絵画のようだった
それだけ
みかみ

みかみの感想・評価

2.6
戦争反対、環境破壊反対。
輪廻的思想。

色々と主張の激しい映画だった。
リリー・フランキーの味はやっぱり凄い。
前半30分くらい寺島しのぶとリリー・フランキーと二人のところが一番良かった。
そこから先は急にチープになっていく。

貝のビジュアルとか水中の映像とかは凄い。

音は意外としっかりしていた。
抽象音も環境音も良い感じ。
エンドロールを見るとフォーリーアーティストが付いていた。
水中の貝が引っ込む時の音がなんか分からないけど凄いと思った。
盲目の貝類学者をリリー・フランキーが演じている。

彼は沖縄の離れ小島に住んでいる。一人でいることが生きることなのだ。そんなある日、島に流れ着いた女の奇病を貝の毒によって思いもよらず治してしまう。それからその噂を聞きつけた人々で島は騒々しくなる。島に流れ着いた女性を寺島しのぶ、二番目に奇病を治療した少女を高橋愛、学者の息子ヒカリを池松壮亮が演じている。

全体を通して抽象的で絵画のような表現だった。奇病を治すという奇跡の物語であるはずが、音楽はなんだか不穏な雰囲気を出し、学者は終始悪夢にうなされ浮かない顔だ。一言で言えば不穏&不思議な映画。

寺島しのぶは毎度のことながらすごく体をはるな、と思いながら見ていた。

この話の中で貝の毒があるものには奇跡の薬となり、あるものには劇薬になる。これは地球上のすべてのものに当てはまる法則なのではないだろうか。
reisaito

reisaitoの感想・評価

4.5
リリー・フランキー&池松壮亮熱爆破。寺島しのぶがあそこまでやるとは思わなかったけど、今この幸せを大切にしようと思わせてくれる作品でした。池松くんはそこまで活躍してなかった。
独特な映画
壮大な自然は命を生むしいとも簡単になくす
その命には意志がなく、もう自然に任せるしかないんだと感じた
海底の深々とした青色はとても幻想的
毒による錯覚の描写は凝ってる
貝類学者に名前がないのにはセンスを感じる…
natsu

natsuの感想・評価

3.3
俳優陣がよかっただけにストーリーが勿体無い

全てが中途半端に思えた
えり

えりの感想・評価

-
池松壮亮への偏見が強くて、いつ「実はお金借りてて…」と言い出すかハラハラしてしまった
かなり予告編を”やりすぎ”で作りすぎた感ハンパない。あの予告編の勢いで観るような映画じゃなかった。

宣伝も「リリーフランキー×池松壮亮×橋本愛×寺島しのぶ!!」とうってるけど、嘘はついてないけど、ねぇ?的な。

寺島しのぶさんは、自身が脱ぐことで日本映画界での”裸”というハードルを下げる大きな想いがあるのかな。と最近考えるようになった。

人間は生活で裸になることが必ずあるというのに、そのシーンが使えないことは演出において非常にやっかいなことであると西川美和さんが言っていた。

話はズレすぎたけれど、海や自然のカットに意識を持っていかれすぎないようにして登場人物の人間に注意して観るといいかも。

そうすればラストシーンの演出も納得がいく。
>|