蜃気楼の舟の作品情報・感想・評価

蜃気楼の舟2015年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:99分

3.4

あらすじ

主人公の男は、母親を亡くし、父親に捨てられた過去を持つ。 友人に誘われたことがきっかけで囲い屋で働き始め、能面のように無感情になった男は、ただ毎日を浪費していた。ある日、ホームレスのひとりに、自らの父を発見する。それまでホームレスたちをモノのように扱ってきたが、父との再会により、初めて揺れ始める男。男の揺れは、彼の日常ともう一つの別の世界とが交わるきっかけとなる。導かれるように父…

主人公の男は、母親を亡くし、父親に捨てられた過去を持つ。 友人に誘われたことがきっかけで囲い屋で働き始め、能面のように無感情になった男は、ただ毎日を浪費していた。ある日、ホームレスのひとりに、自らの父を発見する。それまでホームレスたちをモノのように扱ってきたが、父との再会により、初めて揺れ始める男。男の揺れは、彼の日常ともう一つの別の世界とが交わるきっかけとなる。導かれるように父を連れて囲い屋を出た男は、自身の欠落を問うために車を走らせる。現実ともう一つの世界の間を揺れ動くドライブの中で父と訪れた廃墟に は、母親の幻影がさまよっていた。そして、並行して描かれる、現実と幻想の狭間を航海する一艘の舟の意味するものとは..

「蜃気楼の舟」に投稿された感想・評価

監督が舞台挨拶で『できる限り共感という部分を減らし、抽象的にしたかった』とおっしゃっていましたが、あまりにも優しくないし、抽象的にするにしても画の強さがなさすぎると思います。開始10分で目を瞑ってしまい、起きたらエンドロールでした
tuji

tujiの感想・評価

2.5
勝手だが、
思っていたのと、
だいぶ違って、
かなり抽象的な映画。

見るタイミングによっては
嫌いじゃないかもだが、
見たときは、
結構辛かった。

田中泯は好き。
大越

大越の感想・評価

3.5
最後まで全くわからないが、よい。
じいさまがたの演技すごい。
ホームレスを軟禁し生活保護をピンハネする「囲い屋」の話。というプロットを聞いて社会派映画かと思ってたら、ゴリゴリのアート映画だった。タルコフスキーかよってくらいの。

囲い屋の一人がホームレスの中に自分の父親を見つけたことから、欠落した記憶を取り戻す旅がはじまるというお話。アブストラクトな心象風景が延々と続くので、ぶっちゃけ面白くはないですね。
映像の美しさと田中泯の身体性が救い。小水たいがの長身と雄弁な無表情も良かった。

しかし、クラウドファンディング支援者へのリターンを怠ったうえに問合せもガン無視、そんなあり得ない仕打ちをされたせいで印象は最悪。映画に罪はないと分かってるけど、残念ながらフラットな気持ちで鑑賞するのは難しかった。
(追記:その後、返金していただきました。)
途中から幻想のような白日夢のような展開に

予備知識が、ホームレスを囲い込んで生活保護をピンはねするという貧困ビジネスを扱った作品ということだけだったので、社会派ドラマかと思って観てみたら違ったw
初めこそ囲い屋の現場での話で進んでいくのですが、主人公が知っている人らしい記憶を無くした爺さんが入所してきてから、話の展開が変わっていく。過去の記憶なのか幻想なのか白日夢なのか、いろんな映像が切り替わりながら主人公の心に宿る問題が明らかになっていく。予備知識が乏しい状態で観たのでこの展開は意外でしたw
登場人物がみんな無機質というか、感情が無いような抑揚のない人ばかりなんですよね。みんな心に問題を抱えているんだろうけど、その中でも主人公の深層意識に焦点を当てたということなんだろうね。
途中の展開も終わり方も抽象的な感じで、好みが分かれる映画でしょうねえ。

2016/04/21 シネマ ジャック&ベティで鑑賞。
あーち

あーちの感想・評価

3.5
竹馬靖具監督、小水たいがさん 舞台挨拶、座談会に参加。
<JAPAN NEW WAVE> 座談会参加
jackpov

jackpovの感想・評価

4.5
何より、竹間サンが田中泯にオファーを出せたのはすごいと思う。音の編集が甘く、惜しい映画だなという感じ。
金縛りの前の、意識が遠のくような感覚になった。深い呼吸がやめられなくなるような
meg

megの感想・評価

3.6
アップリンクに行くたびにこの映画の予告編を見ていたものだから、期待値がすごく上がっていた。だって、この予告の静と動の織り交ぜ方は上手すぎる。嫉妬した。

期待が少し過ぎたか。
心を大きくは揺さぶられぬまま進んでいく。ただ、やはり、田中泯の存在感は物凄い。語らないことで語っていた。
日本であのような絵が撮れると分かっただけでも、観てよかったと思う。