魂のゆくえの作品情報・感想・評価

「魂のゆくえ」に投稿された感想・評価

クリスチャンであっても難解。何故この映画を作った?どんな思いで作った?
初めの方はまあまあ良かったが、途中早い段階で牧師が聖書や信仰から外れてたよね?
これは牧師でなくてもいいんじゃないかと思えたほどに。
登場人物一人一人についても、教会や環境やもろもろの問題についても中途半端過ぎる。
ん?は?え?でエンディング。
期待していただけにがっかり度も大きかった。
俳優の演技は良かった。
ソニー

ソニーの感想・評価

3.0
もっと、マイケルとの話し合いがあっても良かったのではないか。
一度話しただけなのに、なぜマイケルに引きずられるようになったのか。よくわからない。
途中、意味があるのかないのかわからない映像もあるから、少しだるい。
その妻との関係が発展するのはなんだかよめた。
僕は元妻のがタイプだなあ。
最後は呆気なく。肩透かし的に終わります。
2019172
kiko

kikoの感想・評価

2.0
過去を背負いながらも田舎の牧師として慎ましく日々を過ごしていたトラー。ある日近隣に住むメアリーに旦那のことで相談を持ちかけられるのだが‥。な話。期待してた作品なんですが、‥結果、ガッカリで賞。前半までは、いいんですよ。が、中盤以降がいただけない。なんだか、あれこれと中途半端。ラストも、あ、そうですか。凡庸にまとめちゃいましたね。でした。とりあえず、イーサンはいい感じに歳を重ねているなと。それだけ。
しも

しもの感想・評価

2.1
「聖職者は、神の近くにいる代償なのか闇に魅入られると一気に闇の世界に持って行かれる」そう言うストーリーの映画は多いから実際にもそうなんだろうな…と思って見ました。個人的には強い聖職者に憧れるので、残念な映画でした。
墓標

墓標の感想・評価

3.3
魂のゆくえ、一言で表すならば、前半が「祈りと贖罪」ならば後半が「狂気と同化」でした。温度差のバッドトリップがまさにストロングゼロに酩酊状態になったときと同じ感覚。
ゾロ

ゾロの感想・評価

2.5
難解で理解できず

宗教的な背景に
スピリチュアル的な要素も
加味されて、理解し難い

不穏な空気感とBGMの中
淡々と物語は進む

主人公の牧師の心情を
読み取ろうとするが
物語が進めば進むほど
心情が解らなくなっていく

えっ?
あれっ?
終わり?

って感じで唐突に終わった
silencio

silencioの感想・評価

3.2
終始固定カメラと4:3サイズの画角。それによって登場人物に感情移入するというよりは、問題提起に対して客観的に観察する映画になってるような気がする。
マクロな問題はいろいろあれど、ミクロな愛で人は救済されるのかもしれない。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.9
トラー牧師には最後まで共感できずに終わった。
結局、殻を破れずに悶々としていたってことなの?
ラストは意味わかんない状況でした。
joy

joyの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなかの曲者。

是非は別として、ものすごく強烈なメッセージ性を含んでいる。

映画自体は静かに淡々と、しかし確実にじわじわと不穏さを増してゆく。

作り手としてはおそらく、これ以外ないという理由で、こういった終わり方になったのだろうが、かなり唐突である。

ここにすべてが込められており、この先には物語は無いと考えていいのではないか。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.8
『魂のゆくえ』  2017年制作
監督、ポール・シュレイダー。

ニューヨークの小さな教会、ファースト・
リフォームド教会。
その教会に勤めるトラー牧師(イーサン・ホーク)。
実の息子を戦死させた自責の念で思い悩む。
ある日、メアリー(アマンダ・サイフリッド)が
教会に来て、夫のマイケルの話を聞いて欲しいと
頼まれる。
マイケルは環境保護を訴え、先行きの未来に絶望し、
メアリーに中絶を勧めているのだと。
トラー牧師はマイケルと話すが、マイケルは更に
強硬手段に訴えてきた。
教会設立250周年の記念式典を間近に控え、トラー
牧師は健康問題、マイケルのことと忙しい思いをする。


えッ終わり!?
あら、テレビだけ停電になったかと思った。

不意に終わった感じです。
真っ暗な画面、音もなく、数秒続いたので停電かと
思った。今日快晴、風弱い、停電するわけがない。
そして、エンドロール…

なんだか…訳分かんない。
ずぅ~~~~っと信じて真面目に観ていて、そして
最後にいきなり終わって置いてけぼりになった気分。

イーサン・ホークさんがとてもいい。
成りきっていて、なかなか演技達者!

ジェファーズ牧師の記念式典を無事に終わらせて、
その後療養しては…という提案に従った方が良さそう。

どうして、爆弾を装着するのか?訳ワカンナイ。
命短いと思って、マイケルがやらなかったことを
トラー牧師がやろうと!?

でも、お客さんが来ている記念式典を放ってしまう
のは、自分の行うべき責任を果たしていない、
イカンゼよ!!

ストーリー展開が、どうしてそうなるの!?
と思う事、この映画も多々あった。

でもまぁ~、普通じゃないストーリー展開で
波乱万丈だからこそ、映画にもなるんだしねぇ~。
>|