LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

感動するしかない。
サルーの哀しげな瞳が印象に残る。
大団円ではない所が実話なんだな…と。
watermelon

watermelonの感想・評価

4.5
とにかく少年時代のインドの子役くん圧巻よ あの目で見つめられたら誰でも手を差し伸べちゃうでしょ
rena

renaの感想・評価

3.2
お兄ちゃんが死んじゃったのが悲しいけど、ハッピーエンドで良かった。オーストラリアのお父さんお母さんが優しすぎる
moonriver

moonriverの感想・評価

4.4
サルーが生母を探すのはママへの裏切りだ。と言った時、ルーシーがすぐに、そう思う方ではないわ。と言うシーン、すごく好き。
なぜ題名がライオンなのか最初から謎だったから分かった時わ〜〜ってなった。
よかったほんまによかった。母ちゃんは偉大や。あったかすぎる。
ま

まの感想・評価

3.7
主人公サルーは、もちろん辛い思いもたくさんしたけどそれでも恵まれた運命だったと思う

家族にも会えず、養子にももらえず、人身売買や強制労働を強いられて孤独に生きる世界の子供たちが、どれだけ苦しい思いをしてるかって考えたらもう


涙でタピオカが作れる
ライオンよかった、タイトルそういうことなのね〜
毎年インドでは8万人の子供が行方不明になってるだとか、、
ノンフィクションゆえ感情移入かなりしました

ニコールキッドマンが良い。
なによりエンドロールの製作陣の思いが良い。
天佑

天佑の感想・評価

4.2
主体的にアダプトする人もいるのかと自分の良識の狭さを感じると同時に素敵過ぎて最後らへん涙腺が崩壊した
何故「ライオン」という題名?と感動の実話にひかれて観賞。題名のこともすっきり解決。子役の演技が光る感動的な作品でした。
記録

記録の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

エンドロール泣かざるをえない



子供の頃慕ってた兄の仕事を手伝いに列車に乗るが、知らない回送列車に乗ってしまい家から1600kmも離れた土地に来て迷子になってしまう。
そのまま色々な状況を掻い潜って施設に入れられるが運良くオーストラリアの夫婦に養子に迎えられる。
オーストラリアで何不自由なく成長し、20年以上経過
サルーは毎日実母と兄を想い悶々と過ごし仕事も辞め恋人ともうまくいかなくなるがついにグーグルアースで済んでた地域を見つける
実家に帰り家族と再会をして終了
慕っていた兄は自分が列車に乗り間違えてすぐに違う列車にはねられ死んでいた
>|