エベレスト3Dのネタバレレビュー・内容・結末

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿されたネタバレ・内容・結末

まだまだエベレストを登る上でのルールがない時に挑んだ登山家たちの物語。
とてもリアルな描かれ方。大きな事件になったから主人公たちがどうなるか結末がわかっていても、どうか下山できればいいのにと願わずにはいられない。
山々の美しさ、雄大さに目を奪われ、かつ自然の過酷さに心を打たれる。最後に倒れていく登山者と、雪山に残るその姿が印象的。
登山のことはなにもわからず鑑賞しました

自然の恐ろしさを目の当たりにし ただただ恐ろしい
そのぶん登頂した感動は素晴らしいものなのでしょう

ヤスコさんが登頂して日本の旗を立ててくださったシーンは思わず拍手 その後は涙

まずは人命優先 被害を最小限に抑えることが第一
そのための犠牲はやむを得ない
ロブ かっこよかったです

なのに
脅してヘリコプターでダンナを迎えに行かせる奥さんはアメリカ人らしいなと

あのスタイルバツグンのロビン ライトさんが中年太りのおばさん化しており ちょっぴり親近感でした
自然は怖い。
何人がエベレストでそのまま眠ってるんだろう。
やっぱり無茶とかできねーわぁ。
吹き替えで観賞。
エベレスト3D。事実に基づいてるということで割と淡々と無慈悲にコロコロ死ぬ、救いがない、そしてあとはこっちに委ねてくる感じ。アメリカンスナイパーを観終わった時と似た疲れがドッと押し寄せた。この臨場感はIMAX3Dで観たかった!
アクシデントが起き始めてから一気に惹き込まれた

ジャンが娘の名前をサラと受け入れてロブと会話したとこ涙の雪崩だった

人間の生命力すげえな
BECK最強すぎw

実話だけあってハッピーエンドとはいかないけど、映画自体よかった

名前わからないけど、知ってる俳優何人か出てた

エベレスト、綺麗で美しいけど魔物すぎる
映画館で観たかったなぁ…。。
ブルーレイでも凄かったけど、エベレストの自然の美しさと脅威は、大きなスクリーンで観てなんぼだな。

とにかくずーっとハラハラしてた。
自然のなんと恐ろしいこと。
撮影自体もどうやってやってるのか心配になるほどにギリギリの映像だった。

これが実話なんて。。
エベレストに今もずっと残ってるなんて、行ける場所なのにまるで宇宙みたいだなと思った。
とにかく怖い。
残された奥さんとの最後の電話、最後に『おやすみ』という言葉を選んだのに深いため息が出た。

昔富士山に登った時(エベレストとは比べものにならないけど)、最後頂上付近で身体が辛すぎて、一歩を出すことがどれだけ辛いか味わっているから、あの極限状態で手も足も凍って感覚なくなっている中でも動いたことが信じられないし、奇跡だったんじゃないかと思う。
その奇跡が続いてほしかった。
山は下山してやっと成功なんだと思う。
はぁー、辛い。
誰が誰だかわからないので誰が死んだかもわかりづらい。
主人公らしき人も死ぬので結局みんな死ぬジャーンってなる
久しぶりに見たあとに尾を引く映画。リアル。本当にリアル。怖い。
人が崖から落ちるとか、映画なら見せ場なハズで、もっとアップにするとかさー、なんか効果つけるはずなのに、サラッと落ちるし。余計にショッキングに感じた。自然の中では人なんて本当に小さな存在なんだな。
でも、見たあとこの映画について、実話の部分とか撮影方法とかエベレスト自体にも気になって調べちゃう自分がいた。次の日になってもドキドキして思い出す。エベレスト、絶対に行きたくないけど、行ってみたいと一瞬思ったり。いや、絶対行きたくないけど。
とりあえず余韻がまだ残ってて、はじめてレビュー書いた(>_<)
ダグの死が悲しくて悲しくて号泣しました。
自然の脅威と、自分も登山した気になるほどの壮大さと…息をのむ映画でした。
>|