湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

-

めっちゃ良かった。

結局アヤコのおかんは消えたままかいな!
そこをキチッとしてくれたら、尚良し。
Chiro

Chiroの感想・評価

4.0
もっと暗いと思って避けてたけれど、おすすめされて観た映画。

双葉さん、本当に強いなぁ。
対個人で向き合っていく様、かっこよくて。

並大抵なことではないけれど、そうすることで、相手も本気でぶつかってくれる。
本気で支えようとするから、気がつけば支えてもらえている。優しい映画やった。
おかあちゃんが兎に角カッコいい。
娘が制服取り返して帰ってきたシーンは心の中でガッツポーズでました
けど些か波乱万丈過ぎる感ある
観るの楽しみにしてたのになぜか漫画読みながら見てしまったから頭に入ってこなかった、、母と娘が現実にもがきながら向き合ってる姿がかっこよかった
切ないけどいいお話だった。たまにあるオダギリジョーの面白さにホッとできるところがあった。
この映画を見てしまったら、この映画を見る前の私にはもう戻れない。
こんなにも強く、暖かい母親の愛。
こうやって生きて、こうやって死にたいと思った。
陳腐な言葉だけど、母は強し。
きっと、離れて暮らす家族と、大好きな犬との別れがやって来たとき私は離れて暮らしたことを後悔する。だからこそ、数少ない一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思う。
.
杉咲花の圧倒的演技力。夜光観覧車で演技に引き込まれてもう10年ぐらいたったらしい。間の取り方も表情も、声音も、すべてが素晴らしい。

AM4:30
観賞し終わったので倒れこむように眠りにつこうと思う
この映画と出会えてよかった。
素晴らしくいい作品
いろいろな思いが詰まって苦しかった
こんなかっこいい生き方してみたい

荒木田先生!やっと見れましたよ😋
381miyai

381miyaiの感想・評価

5.0
女性がとか、母親がとか、というスクリーンじゃなくて、人間としての正しい物事への向き合い方を描いている映画。

逃げてはいけないから取る行動。
弱さを認める強さ。
死んでもタダじゃ死なない。

なお、
テーブルの上がティッシュだらけ。笑
お母ちゃん最高!
全ての言葉の意味に重みがある…
ただ映画の色合いや音楽などは少しポップに描いてほのぼのとしているのがとても良かった!
宮沢りえがめっちゃ良かった〜
とにかく彼女の言動の節々に感動いたしました!
チェケラー
frOm

frOmの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

友達のおすすめ
宮沢りえの演技だけでなんか泣きそうになる、大きく包み込む母の愛、、大きすぎる寛大すぎる、たまに物投げたりする人でよかった、完璧すぎなくてよい
制服取り返すシーンほんまに泣きそう、杉咲花の泣きそうな声に泣きそう、この子天才やろ、そしてあゆこ演じてる子も天才やろ、なにこの映画全員天才じゃん
え?なんで蟹の店の店員さん叩いたの?え、酒巻さんなの?元嫁から蟹届いてたし杉咲花は酒巻さんの子供で宮沢りえとは血が繋がってなかったのか、、そして母が手話教えといたのほんとにしんどい、、
父が、母がピラミッド見たいと言ってたのを覚えててちっちゃいピラミッド渡してたの夫婦すなあ、その次は人間ピラミッド、ここでようやく涙出た
賞は母子がもらってたけど私の中で1番はオダジョーでした、不器用な父最高
死と生と向き合えたし、家族を大事にしつつ自立しようと思いました、あと死後に人に悔やまれるような生き方をしたいです
>|