湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

偉大なる母。ダメ男だけど憎めない夫。みんなたくましかった。雲の描写が効果的に使われていて、いわし雲も入道雲もよかったなあ。それと同時に良質でありながら視聴者を置いてけぼりにしないとても親切な作品。
いなば

いなばの感想・評価

3.8
いい映画っぽいな〜って感じで見てたけど最後でえ???ってなった
オダジョーかっこよすぎておしゃれすぎて銭湯のひとに見えない
hamadon

hamadonの感想・評価

4.2
宮沢りえ演じるお母ちゃんの決断が圧巻。
強いお母ちゃんに周りの家族やヒッチハイカー達も影響を受けて少しずつ強くなる。
末期癌の描写が結構リアルで普通に怖くなってしまった。ラストシーンでタイトル通りの『湯を沸かすほどの熱い愛』の今がわかるのだけど、これは若干やりすぎのような。でも、家族限定のこんな銭湯お母ちゃんも望んでいたのかもね。
何度も泣いてしまうシーンがあって感動できる作品でした。
キャスティング全員芝居上手なのだが、杉咲花がとにかく良かった!強くなろう!
めっちゃ泣いた…
自分がお母ちゃんの立場だったら、死の間際でこんなに強くいられるだろうか。全部投げ出しても仕方ないくらいなのに、そうしなかったのはこのお母ちゃんの愛が強かったからなんだろう。
そして母ちゃんの強さに、周りのみんなが答えようと頑張る姿もめちゃくちゃ感動ポイント。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

話題なったことも賞を獲ったことも知っているし、周りの評判もとても良かったけど、何となく観ないでいたのをついに鑑賞。

いきなりいじめのシーンでしんどいものの、中盤くらいまでは"そんなに感動するほどかなぁ?"と構えていたのに、安澄に手話を学ばせてたいた理由がわかるシーンで涙腺決壊。
なんてこと。母の愛の深さと強さが計り知れない。
そして、娘を置いて去っていくシーンを鮎子だと思わせていて、実は自身の事だったという展開にも驚愕。

私にはこの辺りがピークだったので、終盤の方は少し馴染めない部分もあったけれど、周りをも動かすほどの双葉の愛の大きさと熱さはとてもよく伝わった。
死にたくない、生きたいよ、と絞り出す声で嗚咽するシーンが辛かった…。

拓海の親がまさかの双葉の母親…という展開になったらやりすぎで嫌だなぁという懸念はあったけど、それはなくてホッとした(笑)。
ただでさえガリガリなのに、病床の宮沢りえは鬼気迫るものがあって凄かった。
そして何よりも、杉咲花が素晴らしい。昔から演技力に長けていると思ってはいたけど、今作はずば抜けていた。もう感嘆しかない。

年頃の女の子が逃げずに立ち向かう手段で下着姿になることや、双葉の弔い方はないでしょう~有り得ないでしょう~
・・・とちょっと思ってしまった。
(だって、臭いとかきっとかなりキツいと思うし…)
小鳥遊

小鳥遊の感想・評価

5.0
誰だ、こんな映画を作ったのは
感動に感動を重ねた最高の映画

いじめられっ子の姉と
どうしようもない父親と
母親がいなくなった妹と
それから
突然ガンが見つかって
余命2ヶ月の母親と。

死にゆく母親がしたことは
諦めでも絶望でもなく、
父親を連れ戻して
弱い娘を独り立ちさせるために向き合い
潰れかけの銭湯を再開し
家族を繋げて、人を繋げて。

お母さんが隠してきた秘密
弱かった娘に、
逃げずにきちんと向き合わせ
そしてまた、
母親自身も自分の過去と向き合い
血の繋がりのない家族を、
血の繋がりなんてなくても、
家族以上に強く愛し真剣に向き合い

最初から最後まで涙が止まらない
優しくて強い愛に溢れた映画
Y

Yの感想・評価

5.0
キャストみんな役にハマりすぎてさすがだった…………
想像してたストーリーとちょっと違ったけどサイコーにあったかい素晴らしい映画
定期的に見たくなるんだろうな
ふみか

ふみかの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

これ酷い。。

まずセリフがダメ。全っ然ダメ!
虐められたあずみに好きな色を聞くシーン、鮎子がこの家に居たいと泣くシーン…全く響かない。妙なリアリティの中にある現実離れしたセリフが感情移入を阻んでる。
奇をてらっただけの意味のない演出も多々。
お父さんは所謂「そういうキャラ」を狙ったのだろうけどあまりに幼稚すぎるし「そういうキャラ」としての魅力がゼロ。お母ちゃんも出会って数時間の素性が分からない青年を抱きしめたり、探偵のネクタイ意味ありげに直したり、あれがお母ちゃんの熱さなの?松坂桃李は何…。
ラストシーンはもう本当に意味が分からない。良い映画といわれたい下心が丸見え。センスが無い。

B級映画ならそれとして楽しいんだけどこれは、、観客舐めているのですか、、

期待して観たから驚いた。やばい。ちょっと怒ってる!
ユchan

ユchanの感想・評価

3.9
宮沢りえさんと杉咲花さんの圧巻の演技。松坂桃李さんの演技の振り幅もすごい

ラストはそういうことかとびっくりしました...
やっとプライムにあがってくれた!
念願の湯を沸かすほどの熱い愛。
お母ちゃん、すごい。
とても辛い状況なのに家族のことを心配したり、思いやったり、絆をつくったり。
本当に心に響く映画って何年経っても内容を忘れないしまた観たくなる。
これはそんな映画です
>|