湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

yumicco214

yumicco214の感想・評価

4.5
大絶賛涙腺大崩壊、
おかあちゃんのデカい愛とあたたかさに、最初から最後までさんざか泣いてしまった。

あとオダギリジョー演じる旦那のダメっぷりが素晴らしく好演で、
このテンションとこの温度はオダギリジョーでないと絶対に出来ないナイスバランス、
めちゃくちゃ心配でいてもたってもいれないのに何もできなくて、気の利いた事も言えず、ぞわぞわしながら煙草吸って、でも誰よりも心配してる感じが、表情や声色で伝わってきて切なくて更に泣いた。

賛否両論のラスト、私は嫌いじゃない。
湯を沸かすほどの熱い愛!
病室で台詞を吐きながら声を押し殺すように泣く宮沢りえも、おかあちゃんの前ではって涙をためる杉咲花も
演技派キャストでより深い愛の映画になってた

このレビューはネタバレを含みます

最後の赤い煙ってまさかそこで燃やしたってこと、、、、?なんだか難しかった。いまいち。泣けるって聞いたけど泣くところなかったなぁ
たると

たるとの感想・評価

4.5
鮎子がエグい。

あの食卓のシーンは他名優3人を完全に喰ってた。

しゃぶしゃぶしたい。
りさ

りさの感想・評価

5.0
ずっと泣いてた頭が痛くなるくらい泣いた!
キャストが全員よかった。とくにオダギリジョーがよかった。
母の強さ、母からの無償の愛を感じた。
悲しいけど最後はすごく心が温かくなった。
全人類がみれば世界は平和になる。間違いない!(笑)
みなみ

みなみの感想・評価

5.0
めっちゃ泣いた。
最初から最後まで泣いてました。

母の愛とは、
親の愛とは、、
どこまで出逢う人々にエネルギーを注げるか、、、

ほんっとに色々思う映画でした。
開始五分で涙がボロボロこぼれてきて、映画が終わるまで嗚咽しながら泣いてた。
予告も見ないで本編を見たから最後が衝撃だった。
愛って何だろうっていう疑問も抱きしめてくれるような映画
Soh

Sohの感想・評価

3.8
遺伝子であったり赤色であったり言葉ひとつひとつに意味があり重みがある。オダギリジョーはクズなのだが、血は繋がっていなくても家族の強い愛を感じた。松坂桃李がいい味を出している。そしてそれを出させる宮沢りえの力。
友人がこの映画を見て泣きはらしたせいで次の日フランケンみたいな顔になったと聞いて笑ってたけど、実際見たら本当にフランケンみたいな顔になった。
zombie

zombieの感想・評価

4.5
終盤もう前が見えないくらい。涙で。
最後あたりの内容わかんないよね。見えてないんだから。けど良かった。
>|