湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

nobi

nobiの感想・評価

3.3
オデッセイ並みの人生ハードモード映画。今 いる場所で地に足を付けて生きたいよね。もっと弱くってもいいよね。
一時は最高点までつけたくなったほどの素晴らしい作品‼️ もはや何を語ろうにもどこか理屈っぽく、言葉で説明すれば作品を汚すような気がして、うまくできない。

この作品を際立たせるのは、宮沢りえ始め、役者さんたちの好演だが、とりわけ 素晴らしいのは、杉咲花。枯れ枝のようになった母を、精一杯の笑顔で見つめ返すその演技は、いまこうレビューを書きながらも涙が溢れてくる始末・・・

杉咲花にはこれからも、こういう地味で心をうつ作品にいっぱい出演してもらいたい。

最後に、最高点をつけられなかったわけを。それは、映画の最後の最後にある。むかし、歴史小説家の司馬遼太郎が、「小説を書くとは、一方の割符を読者に預けるようなものである」と言ったが、何故最後にあんな説明がましい演出をする必要があったのか。最後は、観る人を信じてしまえばよかったと思う。
おさ

おさの感想・評価

4.5
開始7分で泣いた、
お母ちゃんの娘に対する言動には全て意味があって、偉大って言葉が本当に似合う母ちゃんだった
わたしもあんな母ちゃんになりたい
久々号泣。
愛って素晴らしいな。
最後ちょいホラーだった。

見てる時地震きた。
AyaKanno

AyaKannoの感想・評価

4.0
宮沢りえの演技力に魅せられた。
終始号泣。
血縁とか関係なく、深い愛を与えられてることは幸せなんだなと思えた作品。
凛として強く、素敵な映画でした。

私的には、オダギリジョーはチャランポランな役が最高!

このレビューはネタバレを含みます

これからみんなの誕生日は、うちでしゃぶしゃぶなのでよろしくお願いします!
kaori

kaoriの感想・評価

4.0
親に無償の愛を受けてることに感謝したし、うちのママに似てるとこが多くてまあ、泣いたよね
見てる人を信頼してなさすぎる、手話のシーンで字幕が出てきたのでめっちゃ笑ってしまった。
taka

takaの感想・評価

3.8
いろんな人がいる。
いろんな人生がある。

愛が人を幸せにする。
愛ってすごいな。
akane

akaneの感想・評価

-
泣かせにきてんのわかってたけど、チョー泣いた

湯を沸かすほどの熱い愛
タイトルが全てを物語っている
>|