ピッチ・パーフェクト ラストステージの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ピッチ・パーフェクト ラストステージ2017年製作の映画)

Pitch Perfect 3

上映日:2018年10月19日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

あらすじ

「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」に投稿された感想・評価

hiro

hiroの感想・評価

3.5
どんな映画か分からず鑑賞🎬
ラスト、もっと女子特有のドロドロあると思いきや、爽やかでひと安心です✨
記録
もう無茶苦茶 けどそれでいいんです。
やり過ぎ感いっぱいですが、ステージは見せてくれました。欲をいえば他のバンドの演奏をもっと見せてほしかったかな。
エイミーの大魔神のように顔が変わるのは笑えました。
ラストステージはああなりますよね。いい終わりでした。
Uji

Ujiの感想・評価

3.7
2018年、劇場鑑賞100本目!

シリーズ最終章。
愛しいベラーズもこれで最後か。

前作よりもパワーアップ!というワケにはいきませんでしたが、やっぱり楽しかった。アカペラシーンはやっぱり興奮する!
ストーリーは相変わらず破茶滅茶だけど、今回はベラーズとしての友情が本当に熱いもので感動しました。

アナケンが悪いのか、口パクをもっと上手く誤魔化して欲しかったです。
前作よりも、かなりヘイリー・スタインフェルドが売れてる感出てましたね。
シリーズ第3弾
優勝したものの、大学を卒業したメンバーはそれぞれ不満を抱えていた。
そんな時、同窓会と称してメンバーが再開し、また、みんなで歌おうという話に…

過去2作に比べると舞台が大きくなりすぎて説得力に欠けるシーンがあったが、大筋は面白かった。

でも、アカペラの迫力は凄い。
misa

misaの感想・評価

4.5
3にして初めて映画館で観れた!
安定のおふざけ感もありつつ感動要素あって最後なんだと思うと悲しくなった🥺🥺
エンディングがとっても良き!
はる

はるの感想・評価

3.5
ストーリーはともかく、キャラクター達と歌が大好きなので最後まで楽しめた❣️

期待してたリフ・オフもあったし、これからサントラを聴きこむ!

ただやっぱりアカペラ対決が観たかったな...エイミーの格闘シーンも笑えるけど、これじゃない感。
あと、ラストなのにジェシーやバンパーが全く出演しなかったのも寂しかった...
テンポが良く最後まで飽きずに観れたのは、明るさ抜群の登場人物のおかげ??
映画館で観たので音響にも助けられ、アトラクションのように楽しかった。
深いドラマのような映画が好きなので、この映画のスコアは、これでご勘弁を。
Yukinari

Yukinariの感想・評価

2.0
1.2がすごく好きだっただけに残念!
最早あまりアカペラ関係なく、ライバルグループの魅力も1.2と比較すると全然ない...
もっとベラーズの友情にフォーカスして最期を迎えて欲しかった
みどり

みどりの感想・評価

4.8
もう、最高でした!

1、2とDVDでしか観たことなくてやっとスクリーンで観れたことがまず感激😭

ラストステージってこともあって今回も楽曲は最高に良かった!!😆🎵
今回楽器が使われてバンドとか出てきてやっぱりアカペラとは違って盛り上がったんだけど、アカペラもやっぱりバンド演奏とは違う魅力があって盛り上がって楽器なんかに全然負けてなくて良かった!!

ベラーズの相変わらずのハチャメチャっぷりや仲の良さとか観れて安定の面白さで笑えてよかったし、アクションもあってビックリした笑
最後のシーンはウルってきて泣きそうになった…これで最後は本当残念、またベラーズのハーモニーをどこかで聴きたい!!
圧巻のパフォーマンスとコミカルなストーリー。まさに痛快な最終章。

【賛否両論チェック】
賛:登場人物達の変わらない歌声の数々に、聴いていて心底魅了される。シリーズ最高(?)のスリリングな事件も起こり、ヒロイン達の活躍にハラハラさせられるのも、観ていて非常に痛快。
否:前作までの説明は全くないので、予備知識は必須。展開もかなりハチャメチャで、強引な感がある。

 特に前作までの説明は全くしてくれないので、予備知識は絶対必要です。
 本作では、今までの舞台だった大学を卒業したものの、思い通りに行かない人生を送っていた主人公達が再び出逢い、往年の美しくて迫力ある歌声を奏でていく姿が、観ていてまさに痛快です。アナ・ケンドリックを始めとする出演者の方々の多彩な歌声には、思わず圧倒されて何度も聴き入ってしまいます。
 そして今回は、前2作以上にスリリングな事件も発生。詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、大富豪でもあるエイミーの父が、ベラーズの活躍にどう絡んでいくのか。そしてそこで巻き起こる大事件を、ベッカ達がどう切り抜けていくのか、その辺りにも注目です。
 ラストはやや拍子抜けな感もありますが、最後のエンディングまで楽しめる、そんなステキな作品に仕上がっています。